お風呂や加湿器の「ピンク汚れ」はどうしてつくの?落とし方は?

ピンクの水汚れ
お風呂のシャンプー容器の底や加湿器にピンク色のヌルヌルとしたピンク汚れが出てくることがあります。こまめにお風呂掃除をしているはずなのに、どうしてピンク色の毒々しい汚れがついてしまうのでしょうか。
今回は、お風呂や加湿器などの湿った場所に出てくるピンク汚れについて徹底解説します。ピンク汚れの簡単な落とし方から予防策まで、ピンク汚れの悩みをスッキリ解決しましょう。

お風呂や加湿器の「ピンク汚れ」の正体

浴室の乾燥
お風呂や加湿器に出てくる「ピンク汚れ」は、その他のカビや汚れとは一味違った不気味さがありますね。汚れとは正反対のイメージである「ピンク色」が、毒々しさをかもしだしています。まずは、ピンク汚れの正体を突き止めてみましょう。

「ピンク汚れ」の正体はカビではなく菌

お風呂や加湿器の汚れといえば、灰色や黒色のカビではないでしょうか。カビに気がついたときには、すでに目地の奥まで根を伸ばし、ちょっとこすったくらいでは落ちません。しかし「ピンク汚れ」は、スポンジでこするとヌルッと簡単に落とすことができます。実は「ピンク汚れ」の正体は、カビではなく菌なのです。ロドトルラという酵母菌の一種のため、カビのように根を伸ばさず、ヌルッと落とすことができます。

「ピンク汚れ」は水さえあれば増える

「ピンク汚れ」は、水さえあれば増えることができるのです。しかも「ピンク汚れ」の正体であるロドトルラは、いつでも空気中に漂っているため、完全に除去することは難しいのです。
カビ汚れは、目に見えるようになるまで一週間程度かかります。一方、「ピンク汚れ」の増殖力はすさまじく、わずか3日程度でピンク色が目に見えるようになります。

「ピンク汚れ」はカビを発生させる

「ピンク汚れ」は見た目が毒々しいのですが、毒性はありません。しかし、免疫力が落ちている高齢者が感染症を引きおこした例はあります。それ自体に毒がないならば、急いで掃除をする必要はないと思う人もいるかもしれません。しかし、「ピンク汚れ」は黒カビの餌になるのです。黒カビは「ピンク汚れ」がある場所を好んで発生します。「ピンク汚れ」をみつけたときには、黒カビが発生するサインと思って、早めに掃除をした方がいいでしょう。

合わせて読みたい

ダニから赤ちゃんを守れ!布団掃除機の効果と選び方
ダニから赤ちゃんを守れ!布団掃除機の効果と選び方
赤ちゃんが生まれて、忙しいけれど楽しい毎日。さて赤ちゃんはいつもどこにいますか?基本的には、赤ちゃんのために用意された、小さな専用のお布...

「ピンク汚れ」の落とし方3ステップ

汚れを落とす
「ピンク汚れ」は、カビのように根をはっていないため、スポンジでこするだけで簡単に落とすことができます。しかし、汚れを落としただけでは小さな菌が残っているため、数日後には再び発生するでしょう。「ピンク汚れ」をしっかりと落とすためには、除菌・洗う・乾燥の3ステップが大切です。ここからは「ピンク汚れ」の残り菌もしっかりと除菌する落とし方を解説します。

消毒用エタノールを使って消毒する

「ピンク汚れ」は、消毒が大切です。消毒は、消毒用エタノールを使います。プラスチックの一部は、消毒用エタノールで変色することがあるため、事前に、目立たないところで変色テストをしましょう。特に加湿器の小さな部品は、変形してしまうと使えなくなってしまうため要注意です。
消毒方法は、キッチンペーパーに消毒用エタノールを含ませ、「ピンク汚れ」がある箇所に貼りつけます。10分程度放置したら、キッチンペーパーをはがします。お風呂で消毒をするときには、十分に換気してください。

「ピンク汚れ」をこすり落として洗い流す

ピンク汚れは、消毒しただけでは落ちません。ヌルッとした粘度があるため、スポンジや歯ブラシを使ってこすり洗いをします。消毒する前にこすり洗いをしてしまうと、生きた状態で広範囲に散ってしまい、数日後には「ピンク汚れ」があちこちで発生するかもしれません。順番は間違えないようにしてください。最後に水でしっかりと洗い流します。

水分をしっかりふき取って乾かす

「ピンク汚れ」は水だけで増えていきます。消毒をしたとしても、空気中に漂っている菌もあるため、掃除が終わったら水分は残さずふき取りましょう。特にお風呂は、水分をふき取っても表面に湿り気が残りやすいものです。ふき取ったら、できるだけ風通しをよくしてお風呂全体を乾燥させます。加湿器は、分解して洗った後、すぐに組み立てず、部品のまま乾燥させた方がいいでしょう。

合わせて読みたい

カビは赤ちゃんには悪影響!結露がカビにならないための注意点!
カビは赤ちゃんには悪影響!結露がカビにならないための注意点!
カビは、赤ちゃんにとって大敵です。カビによって、もたらされる病気は多くあります。冬場の結露で、部屋にカビが大量発生してしまうことはよ...
「子どもの生きる力を引き出す!」をモットーにして、小学生二人の子育てをしています。現在は、30代後半になりましたが、武蔵野美術大学在学中から物書きを開始しました。職歴は、大学卒業後に会社員として働き、結婚を機に退職しました。現在はフリーランスのライターをしています。保持資格は、簿記3級と秘書検定2級と英検2級です。趣味は「資格の勉強」で、現在は保育士資格取得を目指して勉強をしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
お風呂や加湿器の「ピンク汚れ」はどうしてつくの?落とし方は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る