カビは赤ちゃんには悪影響!結露がカビにならないための注意点!

スポンサーリンク

清潔な赤ちゃん

カビは、赤ちゃんにとって大敵です。カビによって、もたらされる病気は多くあります。冬場の結露で、部屋にカビが大量発生してしまうことはよく起こりえることですよね。では、結露がカビにならないためには、どうしたらよいのでしょうか。赤ちゃんに害が及ばないために、カビにはどう対応するべきか。今回は結露がカビにならないための注意点について説明します。

人間は、カビと切り離せない生活をしている

生活していく上で、カビは切っても切り離せない菌といえるでしょう。カビには、人体に影響するものと影響がないものとがあります。そんなカビと上手に付き合っていく方法はあるのでしょうか。また、どんな病気を引き起こしてしまうのでしょうか。

人体に影響のない常在菌ってなに?

人間の体の中には、常在菌があります。常在菌の中には、カビの一種である真菌というものもあります。真菌が引き起こす病気は、特に皮膚に関する病気が多くみられます。脂漏性皮膚炎やカンジタ症をはじめ、水虫やたむしといった病気です。これらの病気は、常在菌のカビによって起こります。赤みや痒み、湿疹などの症状が出ます。

カビを吸い込むことによって起きる病気

空気中に舞っているカビを吸い込むことで、起こる病気にはどんなものがあるのでしょう。アレルギー気管支炎や気管支喘息をはじめ、アレルギー鼻炎やクリプトコッカス症といったものがあります。カビを吸い込むことによって起こる病気は、主としてひどい咳が症状として出るものが多くみられます。赤ちゃんがかかる代表的なものには、アトピー性皮膚炎や喘息が挙げられます。

カビが引き起こす赤ちゃんの病気には

先述した通り、代表的なものにはアトピー性皮膚炎や喘息がありますが、カビ肺炎や鵞口瘡なども気をつけなくてはいけない病気です。カビ肺炎とは、カビの胞子を吸い込むことが原因で、カビの増殖に伴ってかかる赤ちゃんが急増します。症状は、咳や発熱、頭痛といった風邪に似た症状なので、甘くみていると死に至るケースも。鵞口瘡とは、元々常在菌であるカンジダが口中に入ることで感染します。新生児は、産道を通ってくるときにかかることが多いので、妊娠後期のママは気をつけてあげてください。

合わせて読みたい

赤ちゃん要注意!アレルギー性の肺の病気「加湿器病」知ってますか?
肌や体内を乾燥から守る加湿器は、赤ちゃんの風邪予防のためにも必要不可欠なアイテムですよね。特に冬場はインフルエンザも流行するので、予...

結露カビを防ぐめにするべきこと

冬場の結露に限らず、梅雨の時期のカビなど、今や年中カビが発生しているといっても大袈裟ではありません。赤ちゃんがいる家庭は、どうしてもカビを発生しがちという声もあります。赤ちゃんがカビを発生させているわけではなく、赤ちゃんを取り巻く環境がカビの発生に繋がっているということです。

赤ちゃんのためのはずが仇に。まずは換気!

例えば、冬場に赤ちゃんを乾燥から守るために加湿器を使ってはいませんか?乾燥やインフルエンザの予防で、加湿器を使われている家庭は多くあると思います。加湿器をつけっぱなししている状態では、窓に結露が溜まりやすくなってしまうので、カビが大量発生しやすい状態を作ってしまいます。適度に換気をすることが需要です。

食器用洗剤を使って水気を寄せ付けない!

あまり長期間持続するわけではありませんが、極めて効果的な方法として食器用洗剤を使った方法があります。水1ℓに対して食器用洗剤50~100mlをしっかりと泡立てるように溶き、タオルを漬けて、絞ります。あらかじめ窓の水気を拭きとっておいて、あとは洗剤をしみこませた先ほどのタオルで窓を拭いていくだけです。結露は外気温と室温の差によって水蒸気が凝固して発生しますが、洗剤がその水をはじく性質をもっているため、窓に結露がつくことを防ぐことができるのです。

専用の防止シートを使って結露を防ぐ!

気温差をなくすために、窓の温度を下げさせない方法として、100均などで売っている結露防止シートを使うことも効果的です。窓枠用のものもありますが、とにかく熱を通しやすい部分を保護して温度の低下を防ぐ効果があります。そのほかにもエアーキャップや発泡スチロール板を窓に貼り付ける方法もありますが、開閉の邪魔になったり、光を通さなかったりする欠点もあります。

合わせて読みたい

ママ必見!加湿器を使わない加湿の方法8つ
冬は乾燥の季節。乾燥は様々な弊害をもたらします。例えば、インフルエンザウイルスは乾燥した空気が大好きですし、肌はカサカサかゆかゆに。...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
カビは赤ちゃんには悪影響!結露がカビにならないための注意点!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る