人口世界一! 中国の女性の出生率、少子化問題はどうなっているのか?

小さな赤い少女

人口世界一の中国が今、少子化問題にさらされていることをご存知ですか?1人っ子政策が施行されていたこともあり、少子化とは無縁のようなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。今回は、少子化問題に直面している中国の実態と影響、対策についても併せてご紹介します!興味のある方は参考にしてみてくださいね。

中国の現状と今後の人口比率推定

人口世界一を誇る中国も、現在は少子化の時代に差し掛かりました。人口が増え続けていくイメージもある中、人口比率推定をみると人口の減少と併行して若年層もより一層減少する見通しです。それに対し高齢者はほぼ横ばいと「少子高齢化」が進行する予測がされています。

2015年の出生率は世界最低だった

中国で実施された”小普査”によると、2015年の中国の合計特殊出生率は僅か1.05%であることが判明しました。これは日本の出生率を遥かに下回る結果となり、中国の人口置換水準である”2.1″という数字の約半分であったということを意味します。さらに、出生率が低いということは、人口が大幅に減少する傾向であるということを示しているのです。

中国の合計特殊出産率には謎がある

中国では計画生育政策に反して生まれた子どもには戸籍の登記が認められていないため、農村部などを中心に戸籍のないいわゆる「闇子」が大量に存在します。人口センサスにおいてデータ収集や分析を行っているにもかかわらず、こうした闇子隠しによって申告漏れが生じているのです。闇子と呼ばれる子どもは、学校教育を受けることのできる年齢になると戸籍登録をしなければならず、その機会に浮上するため、出産率と人口統計の動きが比例しないことがあるのです。

合計特殊出生率と各要素の関係性

中国では、生産年齢人口(15歳〜49歳)の比率が高くなるほど出生率は低下しています。また、所得水準が高い地域や高学歴を持つ人口比率が高い地域ほど出生率は下がる傾向にあります。一方で、農村部では計画生育政策である「1.5人政策」が実施されていることもあり、農村人口比率が高い地域であればあるほど、出生率は高くなるのです。

合わせて読みたい

日本とは大違い?世界の不妊治療と出産事情 【中国編】
日本とは大違い?世界の不妊治療と出産事情 【中国編】
中国では、人口抑制のため長年にわたって「一人っ子政策」が行われていました。しかし少子高齢化、労働力低下など深刻な問題が現れ、2015...

少子化によるメリット・デメリット

少子化と聞くとデメリットばかり考えてしまいがちですが、これまでに人口が増加し続けていた中国には様々なメリットもあったのです。ここでは、中国の少子化が国内にもたらしたメリットとデメリットについてご紹介します。

1人っ子政策による人的資本の蓄積

1人っ子政策が施行されるまでの中国は、人口の増加率も比較的高い状態でした。その間に生まれた人たちは1980年代に入り成人し家庭を持った際に、子どもの数を制限されることにより子どもにかかる養育費・教育費が減少し、家計には余裕ができ始め、貯蓄率も上昇したのです。これにより豊かになった家計は子どもへの教育投資を増加させ、人的資本が蓄積されたことにより高度成長に貢献したと考えられています。

労働市場における需要と供給・賃金の上昇

1人っ子政策によって人口が減少しつつある中国では、人手不足の進行が見られていました。これにより、1人あたりの賃金も急上昇を遂げていたのです。そのため、中国の経済において労働の絶対的な過剰人口から相対的な人口不足へと転換したことによって、高度成長が終焉し、安定した経済時代が到来する見通しがされています。

少子化と併行して高齢化が急増!

近年における中国では合計特殊出生率は下がったのに対し、平均余命においては伸び続けています。これに伴って高齢人口の急増を推定すると、高齢者1人を支える生産年齢世代は2020年には5.9人、2030年には4.2人へと減少する可能性があるのです。長きにわたり計画生育政策が施行されている中で、社会保障サービスが不十分であることを考えると、非常に重い社会問題といえるでしょう。

合わせて読みたい

世界の高齢出産事情はどう?日本とはどう違う?
世界の高齢出産事情はどう?日本とはどう違う?
近年、日本でも耳にすることの多くなった「高齢出産」というワード。日本ではまだまだ敬遠されがちなイメージの高齢出産ですが、世界の国々で...

少子化を進行させないための対策とは

中国の少子化にはメリットもありましたが、このまま進行してしまうと将来的にデメリットしか残らないことになります。そこで、少子化の進行を止める対策について考えていきましょう。主な問題や見直さなければならない点を以下にまとめました。

計画生育政策「1人っ子政策」の見直し

1970年代の末に、資源や食料などの不足の解消を行い経済を発展させたいという考えから1人っ子政策が始まりました。しかし、現在ではほとんどの問題を克服できていることから、1人っ子の生育申請の許可制を廃止し、1人っ子同士の夫婦であれば2人まで子どもを授かることができるなど計画生育政策の見直しを図っています。

戸籍についての問題点の見直しを考える

新中国が成立されて以来、「農業戸籍者」と「都市戸籍者」とで教育や就職、賃金や社会保障などのあらゆる分野で差別が行われ、不公平な分配制度が継続されてきました。しかし、改革開放が開始されると、農民は村を離れて都市に出稼ぎをするようになったのです。こうして農民工の子どもは都市において農業と無縁で育ち、農村部は少子化が進行してしまったため、戸籍制度や農民への不公平な制度を改革し直すことが少子化対策につながると考えられています。

法定における退職年齢の引き上げを考える

現在行われている中国の退職制度では、退職年齢は男性60歳、女性50歳、幹部クラスの女性は55歳と若い設定です。しかし、就職時の年齢が大学専科卒以上である割合は上昇していることから、平均就業年数はさらに短縮し、納めなければならない保険料も減少してしまうのです。一方では高齢化が進み、年金生活を送る期間の延長に伴い、年金の支給額が膨れ上がります。こうなると少子化世代の負担は非常に大きなものとなってしまうため、退職年齢を引き上げるべきという議論が行われているのです。

おわりに

いかがでしたか?人口が世界一の中国の出生率が世界最低を記録したことにも驚きましたが、闇子と呼ばれる戸籍登記できない子どもが多数いることにも衝撃を受けました。中国にとっての少子化問題は、経済の成長を止めることにもなり兼ねません。対策を施さなければ人口の減少は続き、経済において最大の危機を迎えてしまうことでしょう。

ピックアップ

こんなに違う!日本と世界の子育て事情!添い寝、留守番、産後のマッハ退院・・・
こんなに違う!日本と世界の子育て事情!添い寝、留守番、産後のマッハ退院・・・
国が違えば、言葉だけではなく、文化も風習も大きく違ってきます。アメリカだと添い寝はしない、留守番は犯罪、イギリスは帝王切開後に速退院など...
日本よりもロンドンの方が子育てしやすい?宇多田ヒカルがロンドンを選んだ理由
日本よりもロンドンの方が子育てしやすい?宇多田ヒカルがロンドンを選んだ理由
宇多田ヒカルさんが、出産してから子育てを日本ではなく、ロンドンでしていることが話題になっています。日本と違い、ロンドンの方が子どもを...
待機児童がたくさんいるのに日本はなぜ少子化なのか 少子化の本当の意味とは?
待機児童がたくさんいるのに日本はなぜ少子化なのか 少子化の本当の意味とは?
少子化が叫ばれている昨今ですが、それでも待機児童問題は一向に解決する気配を見せません。それではいったいなぜ現在の日本では、少子化...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
人口世界一! 中国の女性の出生率、少子化問題はどうなっているのか?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る