授かり婚の場合、結婚式はいつあげればいいの?

マタニティウエディング女性
赤ちゃんが授かって結ばれることになったふたり。とてもおめでたいこの結婚は、最近では「授かり婚」「おめでた婚」などと呼ばれています。みんなが笑顔になるしあわせな結婚なのは間違いないのですが、結婚式をあげる時期については悩んでしまいますね。赤ちゃんが生まれる前に式をあげたほうがいいのか、それとも出産後のほうがいいのか?迷っている方のために、実際に行われた結婚式の様子など、考えるヒントを公開します!

授かり婚 出産前に式をあげるメリット・デメリット

マタニティウエディング
「おなかの大きい花嫁さんなんて」という偏見があったのは昔の話。授かり婚はいまやメジャーな結婚です。出産前に結婚式をあげるとしたら、どんなメリット・デメリットがあるのか考えてみました。

安定期に式があげられるので安心

出産前に式をあげるメリットは、「安定期に式があげられる」ということです。もちろん、赤ちゃんができたとわかったタイミングにもよりますし、人によっては妊娠初期、後期にあげる選択をする方もいます。ただ、妊娠中期といわれる5~6カ月の安定した時期に式をあげることが一般的ですし、周囲の方も安心されるようです。初めての妊娠で不安な気持ちもありますから、より安全な時期に式をあげられるのはメリットといえるでしょう。それなら出産後、体調が安定してからでいいのでは?と思うかもしれませんが、そのころ花嫁さんがどんな体調でいられるのか、予測がつきにくいですね。身体のことを考えると、体調がよく、身軽なうちに式をあげるという選択はお進めです。

ウエディングドレスが選べない?!

出産前の式となると、妊娠初期以外はある程度おなかが大きくなっているはずです。マタニティウェディングに対応している結婚式場も増えていますが、デメリットのひとつは、気に入ったドレスが着られるかどうかわからないこと。結婚式ですてきなドレスを着たい!と夢見ていた方には少し残念ですね。また、体調に配慮して式の時間を短めに設定する、招待客の人数を少なめにするなど、どうしても気配りしておきたい部分が出てきます。なんでも自由にするわけにはいかず、各所に少しずつ制約ができてしまう点は、デメリットだといえるでしょう。式までの準備期間が短くなってしまうことも難点です。

合わせて読みたい

マタニティウエディングの基礎知識 メリット・デメリットは?
マタニティウエディングの基礎知識 メリット・デメリットは?
赤ちゃんが授かって結ばれることになったふたり。とてもおめでたいこの結婚は、「授かり婚」「おめでた婚」などと呼ばれています。最近では晩婚化...

授かり婚 出産後に式をあげるメリット・デメリット

三人で結婚式
授かり婚の場合は、出産の前にまずは入籍だけ済ませておくという選択もあります。出産は女性にとって大変な仕事ですから、ゆっくり準備をして出産後に式をあげるというのもありですね。考えられるメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。

お披露目を一気にできて一石二鳥

出産後に式をあげる一番のメリットは、赤ちゃんのお披露目を兼ねた結婚式ができるというところです。招待された方たちが赤ちゃんの様子に目を細め、なごやかな雰囲気で式が行える点も魅力ですね。出産報告は、両親にはともかく、親族や友人にはなかなか行き届かないものです。結婚と同時に赤ちゃんのお披露目をして、みんなに祝ってもらえることは一生の思い出になるでしょう。赤ちゃんが立って動き回る前の生後半年くらいなら、お世話も楽です。1歳まで待って、お食い初めもかねて盛大にお祝いするのもいいですね。

予測不能?!当日まではちょっと不安

出産後に式をあげるデメリットは、不確定要素が多くなってしまい、当日まで心配が続きかねないことです。赤ちゃんは、いつ熱を出すかわからないですし、式の最中もおとなしくしていてくれるのかどうか、予測がつかないですね。たいていは無事に終わることがほとんどで心配はありませんが、当日熱を出してしまったらどうするか、ということはシミュレーションしておいたほうがいいかもしれません。準備は出産後で大丈夫とのんびりしていると、忙しさにまぎれていつまでも式をあげられない!という事態になりかねません。出産後と決めても、準備だけは早めにしておく必要があります。

合わせて読みたい

レンタルが断然お得?結婚式にお呼ばれしたときに着たいマタニティドレス9選
レンタルが断然お得?結婚式にお呼ばれしたときに着たいマタニティドレス9選
妊娠中に友人や親戚の結婚式に招待されたとき、困るのがドレスですよね。マタニティ用のドレスは次に着る機会があるかわからないし、だからと...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
授かり婚の場合、結婚式はいつあげればいいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る