誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット

泣く赤ちゃん

出産したママが、育児の不安やストレスなどによって、心と体が不安定な状態になってしまう「」の予防のため、2017年度から厚生労働省が検診費用を助成することになっています。早めに不調のサインを見つけ、適切なケアが受けられるようにサポートすることが狙いです。今回は約10~15%のママが経験するといわれる産後うつについて、詳しくご説明します。

出産後にかかる「産後うつ」ってなに?

産後のママはうつ病になりやすく、10人に1人くらいの割合で経験するといわれています。産後うつは病気であり、その症状は軽度から重度まで、ママによってさまざまです。症状が重かったり長引いたりする場合は、そのままにしておくととても危険です。

産後うつの原因とかかりやすい人

妊娠中活発に分泌されていた女性ホルモンが、出産後急激に減ることによって心身が不安定になることや、24時間赤ちゃんと共に過ごす生活に変わり、それに伴う睡眠不足、家事や育児が思うようにいかなくなることに加え、誰にも協力してもらえないことなどが原因として挙げられます。責任感が強かったり完璧主義だったり、真面目で努力家なママほど、産後うつにかかりやすい傾向がみられます。

産後うつにかかりやすい時期や期間は?

産後うつを発症する時期や、治るまでの期間には個人差があります。多くの場合、出産して2~3週間後から始まりますが、3~4ヶ月ほど後から症状が出てくるママもいるようです。治るまでに短ければ1ヶ月くらい、長ければ産後1~2年経っても症状が出る場合があります。軽度であれば短期間で自然に治る可能性もありますが、重度になるほど治療期間は長引くかもしれません。

産後うつはどんな症状が出るの?

気持ちが落ち込んでしまうことの他に、今までどおりに家事ができない、献立が考えられないなど、物事に上手く対応できなくなることが最も多いようです。食欲や性欲がなくなり、疲れていても眠れなくなったり、育児にこだわり過ぎて自分を追い込み、良くないことをすべて自分のせいにしてしまったり。お洒落だったママが身なりに気を遣わなくなった、気分転換をする気にもならなくなったときなどは、重症化している恐れがあります。

合わせて読みたい

診療費無料に?産後うつへの健診費助成が増額される理由と助成の受け方
2017年、産後うつに対する健診費助成の増額が決定しました。そこで、なぜ今になって健診費助成が行われるようになったのか、助成を受けるにはどうすればいいのか、などについて分かりやすく解説していきます。産後うつは、出産後の女性なら誰でも発症するリスクがあるため、ぜひ知ったうえで制度を上手に活用し...

治療が必要?産後うつかな?と思ったとき

産後うつは「うつ病」の一種です。病気であるため適切な治療を受けることが必要です。症状が軽いほど、発症期間が短いほど、他への影響が出ることを防げます。できるだけ早めに治療を始めることがとても大事なのです。

まずは病院へ!どんなことでも相談してみましょう

治療法は症状によって違いがあるので、心療内科や精神科で相談してみましょう。軽いときはカウンセラーに話を聞いて貰うだけでも楽になる場合があります。症状が重いときは、薬による治療が必要です。精神安定剤や抗うつ剤などの薬が処方されます。産後すぐなら、通院していた産婦人科の先生や、助産師さんなどに相談してもいいでしょう。

ママの心身を十分に休ませること

自分で産後うつを認め、早めに心と体を十分に休ませてあげることが、早めの回復につながります。頑張り過ぎないで、頑張れない自分を責めないで、1人でやっていたことを周りの家族に協力してもらいましょう。一番ダメなのは1人で悩むこと!ママの話や悩みを聞いてもらいましょう。それだけでも心が軽くなり、体も楽になっていきます。

夫であるパパのサポートも重要です

産後うつを治すには、パパの理解とサポートが効果的です。積極的にママを手伝い、「ママは1人じゃない」と安心させてあげてください。育児や家事を一生懸命こなそうとしているママに、「がんばって」ではなく「ありがとう」と伝えましょう。ママがやることが当たり前ではないのです。一番近くにいるパパが、ママのSOSを感じて助けてあげることが大事です。

合わせて読みたい

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。 出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や...

産後うつを防ぐためにできること

育児や家事に追われ、知らないうちに産後うつになっているケースがほとんどです。困ったときには助けてもらえるように、妊娠中からパパやお互いの親との関係性を良くしておきましょう。他にも以下のような対策があります。

産後うつの検診を受けてみましょう

2017年度から費用が助成される、産後うつの検診を受けましょう。産後2週間、産後1ヶ月の2回、5千円の上限で、半分ずつ国と市区町村が負担します。多くは無料で受けられるようです。初産の場合は、うつ状態になるママは産後2ヶ月までが多く、産後2週間の時期が特に発症しやすい傾向にあります。より早くママが精神的なケアを受けられることがメリットです。

完璧に1人でなんでもやろうとしないこと

責任感が強いママは、産後うつにかかりやすいといわれています。育児は完璧にできなくて当たり前、赤ちゃんが相手では思いもよらないことばかりです。育児本に書いてあるとおりにならないからといって、不安に思うことはありません。また赤ちゃん中心の生活では、家事がおろそかになっても仕方のないこと。上手に手を抜いて、遠慮なく周りの家族に助けてもらいましょう。周りに悩みを言えないママは、各自治体などの窓口で話を聞いてもらうこともおすすめです。

しっかり睡眠時間をとりましょう

産後に限らず睡眠不足は精神を不安定な状態にしてしまいます。まずはしっかり寝ることが重要です。夜は授乳や夜泣きのため、起きることがあり睡眠時間を長くとることはなかなか難しいです。その分、昼間に赤ちゃんと一緒に寝て睡眠時間を確保しましょう。赤ちゃんが寝ている間に家事を済ませよう!と思いがちですが、パパにも協力してもらい、毎日ではなくともできるだけ長く寝るようにしたいものです。

おわりに

親としてきちんとしなきゃ、という責任感を感じるママも多いかと思いますが、ママだって「母親」になるのは初めてのこと。赤ちゃんと一緒にゆっくりゆっくり成長していけばいいのです。思い詰めないで気持ちを楽にして、赤ちゃんがいる生活を楽しめたらいいですね。

ピックアップ

夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは
産後クライシスという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。もともとは2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」の中で取り上げられ、反響をよんだ現象です。 その意味は出産後に夫婦の関係が悪化し、結婚関係が危機に陥ることを指します。以下では産後クライシスの現状と原因をまず分析し、その問題を...
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...
プレママ・プレパパが読んでおきたい読み物・エッセイまとめ
初めての妊娠、出産、そしてその後に待ち受ける育児はプレママ、プレパパにとって何が起こるか分からない未知の世界。その未知の世界を少しだけ覗いてみませんか。産前・産後と気持ちが不安定になりがちなプレママと、妻の変化に戸惑い、イマイチ父親になる実感のわかないプレパパのために、ゆったりとした気持ちで...
12歳サッカー小僧とうさぎ×2とハムスター×1のママです。毎日もふもふ癒されています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る