気が進まない・・・ママ友からのお誘いを上手に断るポイント三つ

誘いを断る
幼稚園や習い事のお友達関係は、子どもだけのものではありません。ママ友からのお誘いを、どうしても断れなくて悩んでいる方も多いのでは。人間関係のストレスは、度を超すと軽い鬱症状につながることもあります。気が進まないお誘いについて、角を立てない断り方を解説します。

お誘いを上手に断る三つのポイント

三つのポイント
気が進まないママ友からのお誘いには、いくつか原因があります。
「誘ってくれた人がそもそも苦手」
「お誘いの内容が楽しくない」
「自分に用事があって都合をつけにくい」
など、原因が相手にある場合や、自分にある場合などさまざまです。その都度、対応は微妙に変化しますが、どんな場合でもここは押さえておきたい!というポイントを三つご紹介します。

うそをつかない

重要なのは、基本的にうそをつかないこと。行き当たりばったりにつくうそは、必ずボロが出ます。あとから「あれ?」ということが出てきて、人からの信頼を失いかねません。また、「うそをついた」という罪悪感は意外と重たく、心のストレスになります。誘ってくれた相手に対し、「この人が誘ったせいで私がうそをつくことになった」という逆恨みにも似た負の感情がわくこともあります。すべて本当のことを言う必要はありませんが、適当なうそをつくのはいません。「病院の予約があって」「最近疲れていてちょっと休みたいから」「大勢の集まりは苦手で」など、用事や気持ちについても伝えられる範囲で事実を伝えましょう。

ラインやメールより顔を合わせる

断りの連絡は、ラインやメールですませてしまいがち。面と向かって言いにくいという気持ちはよくわかります。でも、断りの連絡だからこそ、できるだけ顔を合わせて伝えたほうがよいのです。メールの文言は、誤解を避けようと冗長で、丁寧すぎる不自然な文章になることがあります。ラインの簡便さは気楽ですが、あっさりしすぎて相手をがっかりさせてしまうことも。どちらも、断ったときの相手の反応が見えない点が問題です。「断ったけど、どう思われたかな?」とストレスを引きずる原因にもなります。言いにくいことほど、顔を合わせて直接伝えたほうが細かいフォローを入れられます。

次の提案をする

断るときには、必ず前置きを入れます。「せっかく誘ってもらったのに悪いのだけど」「できれば都合をつけたかったのだけど」など、相手に心の準備をする猶予を作ってください。相手が誘うということは、あなたに何かしらの好意を抱いているということです。それに関しては、感謝の気持ちを示しておくと、相手も悪い気はしません。次も誘ってほしいと思うなら、さらに次の提案をすることをおすすめします。「また誘ってね」という軽い付け足しでもよいですし、「今度は私から誘うね」という積極的な提案でもよいでしょう。「どうしても気が進まないが、次は断れない」といった義理がある場合は、「自宅ではなくて外でお茶しない?」「夜は無理だけどランチはどう?」など、自分がよいと思える条件を提案してみるのもひとつの方法です。

合わせて読みたい

【ママ友家ランチ】失敗しないマナーと知っておきたいルール九つ
【ママ友家ランチ】失敗しないマナーと知っておきたいルール九つ
幼稚園や小学校のママ同士でランチをする場合は、ママ友の家に集まることもあるでしょう。よく話しているママといっても、相手の家を訪問する際は...

これはNG!嫌がられる態度三つ

ドタキャン
お誘いを断るケースが続くと、相手もなんとなく気配を察してくれたり、ほかのママ友からの情報でわかってくれたり、特定の誘いがなくなることもあります。お互いに傷付くことなく、自然に落ち着けばよいのですが、「感じが悪い人」というレッテルを貼られるのは心外です。何気なくやってしまうNG行為に注意しましょう。

いつもドタキャン

断りたいけれど、うまく断れなくてギリギリまで判断を保留してしまう人がいます。そして結局、前日や当日になってドタキャン。これはもっともよくないパターンです。相手は、来るかもしれないと参加を想定していますし、お店を予約するような集まりだと幹事さんにも迷惑がかかります。また、「行けたら行くね」といった曖昧な返事をしたうえでのドタキャンは、「いいかげんな人」と思われても仕方がありません。本当に気が進まない場合は、早めにはっきり断りましょう。

様子見・後出し

「みんなが行くなら行こうかな」「あの人が来ないなら行く」といったように、メンバーの様子を見て判断したい場合があるかもしれません。しかし、主体性のない判断は後悔をうみがちです。様子見をしていいかげんな返事をしたり、状況が変わったら後から行くと言ってみたり、ころころと態度が変わるのは、はたから見ていても気分がいいものではありません。ましてや、誘った人は自分をないがしろにされているような気になります。

合わせて読みたい

幼稚園のママ友関係は大変!?幼稚園でママ友との付き合い方
幼稚園のママ友関係は大変!?幼稚園でママ友との付き合い方
初めてのお子さんの入園で、「幼稚園のママたちとうまくやれるかな・・・」と心配しているあなた!ネットやワイドショーの情報に惑わされてはいま...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る