気が進まない・・・ママ友からのお誘いを上手に断るポイント三つ

自分を大事に!ストレスを減らそう

自分の時間
そもそも、気が進まないお誘いは断ってしまって問題ないのです。体調が悪いときや、いまひとつ気分が乗らないというときもあるでしょう。自分を大事に、ストレスを減らしてママ友と自然なお付き合いができる関係を作っていくことが大切です。

気が合わない人とは無理しない

気の進まないお誘いの原因が相手にある場合、無理をしてはいけません。自慢ばかりする人や愚痴が多い人、金銭感覚が合わない人、気が合わないと思う人のお誘いは、うまく断って自分の時間を大事にしましょう。相手を尊重する気持ちがあれば、断り方も丁寧に礼儀正しくなりますし、悪印象を与えることはありません。

ママ友期間は案外短い

子どもを介したママ友関係は、案外短いものです。子どもが小学校へ上がれば、送り迎えなどで顔を合わせる機会も減りますし、行事の数も少なくなります。仕事をする人も増え、お互いの生活時間や行動範囲が変化することも、関係変化の一因です。もちろん、就学前の子ども同士の関係も日々変化していきます。そう考えれば、無理に相手に合わせるような付き合いは意味のないことです。

おわりに

同年代が一緒に生活していた学生時代と違い、大人になってからの友人関係は多種多様です。特に、子どもを介したママ友との関係は、育った環境や考え方、年代の違いなど、異なる点がたくさんあります。こうした出会いは、多くのことを学び、視野を広げるよい機会です。お互いの気持ちを尊重し、気負いなくお付き合いできる関係を作るために、上手な断り方を模索していきましょう。実はみんな悩んでいることだったりするので、「ごめんね、次は誘ってね」と笑顔で伝えれば、案外あっさりすんでしまうことが多いですよ。

ピックアップ

本当にあるの?ママ友間でのいじめについて
本当にあるの?ママ友間でのいじめについて
結婚して子どもが誕生した後に避けて通れないのが「ママ友付き合い」です。最近ではママ友間でのいじめなども話題になっているので、不安だ!と思...
本当にある恐ろしい現実!ママ友に依存されない予防策
本当にある恐ろしい現実!ママ友に依存されない予防策
子どもが入園・入学・進級をして、新しい生活が始まると子どもとママにも新しい人との出会いがあります。親しいママ友はできるかな?と心配を...
面倒なママ友は不要!本当にママ友なしで問題ない?子どもへの影響は?
面倒なママ友は不要!本当にママ友なしで問題ない?子どもへの影響は?
子どもが生まれると気になってしまうのがママ友。いろいろな情報の共有や、育児に関する悩みや愚痴を話すことができ、育児中の楽しみの一つになる...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る