子供部屋は何歳くらいから必要なの?子供部屋を与えるベストタイミング

子供部屋

子ども部屋って何歳くらいから必要だと考えますか?幼稚園入園や小学校入学のころですか?中学校入学時では遅いのでしょうか?その答えは家庭によって違いがでてきます。今回は子ども部屋の持つ役割や、子育ての先輩たちが実際に子ども部屋を与えた時期、子ども部屋を与えるときの注意点などをご紹介します。子ども部屋を与えるタイミングをつかむヒントになりますよ。

子ども部屋のもつ大切な役割とは?

ベッドに座る女の子
子ども部屋がいつから必要なのか考える手掛かりのひとつとして、子ども部屋の役割を知るということがあります。家族構成や家庭の事情などにより多少異なりますが、子ども部屋のもつ大切な役割についてまとめてみました。

学校で必要な物の収納と勉強部屋としての役割

小学校に入学すると、教科書やノート、絵の具セットなどの持ち物が増え、収納する場所が必要になります。リビングにそれらの荷物を収納するスペースを設けることもできますが、小さなきょうだいやペットなどの手が届く場所にあると勝手に持ち出したりする恐れがありちょっと心配ですね。また、宿題や家庭学習をするのにリビングでは落ち着かないときには、子ども部屋があると集中することができます。

早寝早起きを習慣付けるための寝室としての役割

親やほかのきょうだいと一緒の部屋で寝る場合、つい夜更かしして就寝時間が定まらないなんてこともめずらしくありません。そんなとき子ども専用の寝室があれば、毎日同じ時間に就寝することができます。必要とされている睡眠時間もきちんと確保できるうえ、親と離れてひとりで眠ることができるようになることで自立心も育つでしょう。

人目を気にせず着替えができるスペースとしての役割

早い子は小学校1年生くらいから、人前で着替えることを恥ずかしがります。特に女の子は異性の目を気にするのが早く、その気持ちは尊重してあげるべきものです。子ども部屋があれば、子どもはそこで安心して着替えることができるでしょう。思春期を迎えるころには、ほとんどの子どもが人目を気にせず着替えができるスペースを望んでいます。

合わせて読みたい

いつから子ども部屋を持たせる?子ども部屋適齢期の見極め方
いつから子ども部屋を持たせる?子ども部屋適齢期の見極め方
皆さんが子どもの頃、自分の部屋を持ったのはいつ頃でしたか?子ども部屋で過ごした時間にはたくさんの思い出がありますよね。今度は自分が親の立...

子ども部屋を与えるタイミングはいつ?

勉強をする子ども
それでは、実際に子ども部屋を与えているタイミングはいつなのでしょう。多くの子育て経験者の意見や経験を参考にしてみると、家族構成や部屋の間取りなどによっても異なりますが、三つのタイミングがあることがわかります。

学用品の収納のために小学校入学時に

多くの家庭では、小学校の入学祝のひとつとして学習机を購入して、それと同時に学習机を設置するための子ども部屋を用意してあげたいと考えているようです。実際、勉強するのはリビング、寝るのは親やきょうだいと一緒というように、低学年のうちは形ばかりの子ども部屋ですが、まずこのタイミングで与えるという家庭が多く見られます。

思春期に入る前の小学校高学年くらいから

高学年になると勉強したり、読書や趣味に没頭したりと、ひとりで過ごす時間も増えてきます。また、親やきょうだいと離れてひとりで眠ることにも抵抗がなくなるころでしょう。友だちとの時間を大切にし、家族で過ごすのも楽しいけれど自分の時間も大切にしたいと思い始めるこのタイミングで子ども部屋を与えるという家庭も目立ちます。

子どもが自分の部屋が欲しいと言い出したとき

友だちやきょうだいが自分の部屋を持っていることを羨ましがったり、実際に友だちの家で子ども部屋を目にしたときに、子ども部屋に対する憧れが生まれ自分も部屋が欲しいと言い出したりすることあります。いずれは子ども部屋を与えようと考えていた親なら、子どもが、自分の部屋が欲しいと願ったときにかなえてあげたいと思っている家庭も多いようです。

合わせて読みたい

自分のことは自分で! 子どもが片付けやすい子ども部屋の収納術
自分のことは自分で! 子どもが片付けやすい子ども部屋の収納術
小学生になると「自分のことは自分で」が必要になってきますがそれを見守るお母さんとしてはハラハラ、時にはもどかしくてイライラしてしまいます...
3歳の男の子の母です。毎日振り回されています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る