気になる乾燥、冬の赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの肌
冬は空気が冷たくなるだけでなく、空気が乾燥します。普通に生活しているだけでも肌が乾燥しがちですが、大人よりも肌が敏感な赤ちゃんのスキンケアはより一層注意が必要です。今回は、冬の気になる乾燥を解消する赤ちゃんのスキンケア方法をご紹介します。

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい

部屋で遊ぶ赤ちゃん
赤ちゃんの肌に触れると、ぷにぷにしっとりしていますよね。そのため、大人よりも保湿されていて乾燥しらずなのではと感じる人も多いようです。しかし、大人と赤ちゃんの肌を比較すると、水分が含まれている角質層がとても薄いので、大人よりも乾燥しやすいのです。

皮膚のバリアー機能も低い

私たちの皮膚には、紫外線や摩擦などから肌を守る「バリアー機能」が備わっています。外からの刺激を防ぐだけでなく、水分の蒸発も防いでくれるので、私たちの肌はバリアー機能に守られていると言えます。赤ちゃんの肌にもバリアー機能はありますが、大人よりも薄いので、乾燥や刺激に弱いデリケートな肌なのです。

摩擦はバリアー機能を低下させる

赤ちゃんは涙を流したり、よだれを垂らしたりと肌に水分が付くことが多いです。それをタオルで拭いてしまうと、摩擦によって肌のバリアー機能が低下してしまうのです。今までと同じようにスキンケアしているはずなのに、赤ちゃんの口周りがカサカサしていると感じたら、摩擦が原因の可能性があります。冬は布巾やティッシュを刺激の少ないものに変えてあげることも大切です。

合わせて読みたい

冬の乾燥から赤ちゃんを守ってくれる!加湿器の賢い選び方と使い方
冬の乾燥から赤ちゃんを守ってくれる!加湿器の賢い選び方と使い方
冬になると気になるのが部屋の乾燥。赤ちゃんにとって最適な湿度は50%~60%くらいといわれており、湿度の低下は赤ちゃんにとってさまざ...

冬に行いたい赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの足
赤ちゃんを乾燥から守るためには、まずは保湿が重要です。私たちも化粧水や乳液で保湿することがありますが、赤ちゃんには専用の保湿製品が販売しているので、そちらを使うようにしましょう。カサカサしている部分が見つかっているときには、そこを中心に保湿するように心がけてください。

ベビーローションを塗ろう

赤ちゃんの肌はどこもデリケートなので、低刺激の赤ちゃん用のローションを購入するようにしましょう。ベビーローションはドラッグストアでも購入できるので、香料などが含まれていない、保湿力が高いものを購入しましょう。
赤ちゃんの肌の保湿は、お風呂上りが基本です。しかし、冬場は乾燥してしまうので1日に2~3回塗ってあげることで、乾燥から肌を守ることができます。

乾燥がひどい部分はクリームを塗る

ローションタイプよりもクリームタイプの保湿剤の方が長時間肌を保湿することにたけています。鼻の下や口の周り、お尻の周りなど刺激を受けやすい部分はクリームタイプを塗ってあげるとよいでしょう。べたべたするのが気になる人は、クリームを塗ってからベビーパウダーを乗せるのがおすすめです。

部屋を加湿することも大切

赤ちゃんは1日のほとんどを室内で過ごします。なので、加湿器の数を増やして部屋全体を加湿することで、肌が乾燥するのを防ぐこともできます。加湿器には、6畳用、12畳用など部屋の面積に合わせたサイズがあるので、赤ちゃんがよくいる子供部屋やリビングなどは規定よりも大きな加湿器を用意すると、赤ちゃんだけでなくお母さんの肌の保湿にも効果があります。

合わせて読みたい

赤ちゃんの冬の乾燥肌を防ごう!上手な三つの対策術
赤ちゃんの冬の乾燥肌を防ごう!上手な三つの対策術
夏から秋に移り変わる頃、母として気になるのが、わが子の肌のこと。大人でも肌が乾燥してしまう季節ですが、繊細な赤ちゃんの肌は特に心配に...
20代後半。家族構成は妹と妹の息子です。大学卒業後機械メーカー勤務、その後ライターになるために脱サラ。現在は塾講師とライターで生活しています。教員免許中学・高校 数学理科を取得。子どもが自ら考えて成長できる場を作っていきたいと考えています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る