良ければシェアをお願いします。

添い寝で授乳をしても平気?安全なやり方と注意点をレクチャーします

授乳

新生児期の赤ちゃんは、まだ上手におっぱいを飲むことができません。ママの方も十分に母乳が出るようになるまでには時間がかかりますので、必然的にこまめな授乳が必要になりますし、1回の授乳にかかる時間も長くなります。この時期の夜間の授乳は大変ですが、添い寝で授乳をする「添い乳」という方法でママの負担を軽くすることができます。今回は、添い乳のメリットやデメリット、安全なやり方と注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

添い寝で授乳をする「添い乳」のメリット

「添い乳」は、赤ちゃんの世話を頑張っているママの負担を軽くしてくれますが、そればかりではなく、赤ちゃんにとってもさまざまな利点が存在します。ここでは、「添い乳」をすることのメリットについて見ていきましょう。

「添い乳」するメリット【ママ編】

生まれたばかりの赤ちゃんの授乳の間隔は、2、3時間置きです。昼間はまだしも夜の授乳は睡眠不足もあり、ママへの負担が大きいもの。そんなときには、寝たままで授乳ができる「添い乳」は、ママの体にかかる負担を減らしてくれるメリットがあります。赤ちゃんのお世話でママが腱鞘炎になるケースがありますが、痛くて赤ちゃんが抱っこできないようなときなども、添い乳を利用するとママの負担軽減が可能です。

「添い乳」するメリット【赤ちゃん編】

ママがリラックスしていると、赤ちゃんもリラックスするものですし、ママが疲れていると赤ちゃんも不安になるものです。その点、ママがリラックスできる「添い乳」は、赤ちゃんにとってもリラックスできる授乳方法だと言えるでしょう。また、新生児期の赤ちゃんは、とても刺激に敏感で、おっぱいをたくさん飲んでスヤスヤ眠りについたからと横に寝かせると、とたんに泣き出してしまうなどということが良くありまが、「添い乳」をしてあげると、安心感からか、比較的スムーズに眠りに入ることができます。

「添い乳」するメリット【ママと赤ちゃん編】

「添い乳」は、ママにも赤ちゃんにもそれぞれにメリットがありますが、いちばんのメリットは、「添い乳」をすることで得られるスキンシップと安心感です。ママと赤ちゃん2人だけの親子水入らずのゆったりとした時間の共有は、お互いの深い信頼感を育みます。まだ言葉は話すことはできませんが、新生児期の赤ちゃんも、しっかりとママの温もりを心の栄養にしているのです。

合わせて読みたい

【ママ必見】たまGoo!が選ぶ  使いやすい授乳クッション ランキング!
授乳クッションは、何を基準に選んでいますか?出産後に慌てないために妊娠中から必要なものの準備を始めますが、実際に赤ちゃんを抱っこしてみないと授乳の仕方も抱き方もわからず、授乳クッションの決め手がわかりません。そんな授乳クッション選びに失敗しないために使いやすい授乳クッション、意外と役に立つ授...

添い寝で授乳する「添い乳」のデメリット

添い寝で授乳する「添い乳」には、すでにご紹介したような素晴らしいメリットがありますが、いくつかの注意すべきデメリットも存在します。ここでは「添い乳」することのデメリットを、ママと赤ちゃんそれぞれの立場から見ていきます。

「添い乳」のデメリット【ママ編】

乳腺の通りをよくするために、赤ちゃんにはいろいろな角度でまんべんなく授乳をしますが、「添い乳」ではどうしても飲ませる角度が決まってしまいます。また、通常は両方のおっぱいを交互に飲ませるのですが、「添い乳」の場合はつい片方だけの授乳で寝てしまうこともありがちで、乳腺の詰まりを招いて、乳腺炎を起こす可能性が出てきてしまうのです。

「添い乳」のデメリット【赤ちゃん編】

新生児期の赤ちゃんの「添い乳」でのデメリットには「窒息」があげられます。眠ってしまったママの体の下敷きになり、赤ちゃんが窒息してしまう可能性がありますので、十分に注意が必要です。ほかにも、母乳が赤ちゃんの頬を伝い耳に入って「中耳炎」を起こすケースもあります。また、歯が生えはじめた赤ちゃんに添い乳する場合は、歯磨きをせずに眠ってしまうことがあるので、「虫歯になりやすい」というデメリットもあります。

「添い乳」はデメリットを踏まえた上で行いましょう

ご紹介したように、「添い乳」には、メリットとデメリットの両方が存在します。「添い乳」するかどうかは、個人の判断に委ねられますが、メリットとデメリットをよく理解した上で、正しい方法で行うようにしましょう。特に新生児期のデメリットである「窒息」は、赤ちゃんの命にかかわる重要なポイントですので、十分に注意をしてくださいね。

合わせて読みたい

母乳育児のママ必見!外出中に授乳をする方法と注意点まとめ
母乳のみでの育児をしている時に困るのが、外出時です。哺乳瓶での授乳と違い、どこででも出来るわけではありませんよね。母乳育児中のママの場合は、外で授乳する際に困らないよう、事前の準備と必要なアイテムを携帯することが大切です。赤ちゃんがぐずってしまった時、思いのほか外出が長くなってしまった時など...
22歳17歳10歳三人の子持ちママ。恋愛小説や趣味で育児4コマ漫画を描いてます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
添い寝で授乳をしても平気?安全なやり方と注意点をレクチャーします
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る