【ママ必見】たまGoo!が選ぶ 使いやすい授乳クッション ランキング!

授乳クッション

授乳クッションは、何を基準に選んでいますか?出産後に慌てないために妊娠中から必要なものの準備を始めますが、実際に赤ちゃんを抱っこしてみないと授乳の仕方も抱き方もわからず、授乳クッションの決め手がわかりません。そんな授乳クッション選びに失敗しないために使いやすい授乳クッション、意外と役に立つ授乳クッションのランキングとともに、使い方を紹介します。

スポンサーリンク

授乳クッションを選ぶポイントについて

授乳クッションの役割は、授乳のサポートだけではありません。赤ちゃんの昼寝のサポートやママのお尻や腰の負担を減らすためなど用途はさまざまです。そんな授乳クッションを選ぶポイントはどこにあるのでしょうか。授乳クッションは買い換えではなく、長く使用できるものを購入しましょう。

授乳クッションの素材選びについて

授乳クッションの中身は、ポリウレタンやビーズ、低反発のものなどがあります。授乳時に赤ちゃんが苦しくならないように支えることが授乳クッションの役割ですが、さまざまな用途に合わせて授乳クッションを選ぶことがポイントです。例えば、赤ちゃんの枕として使用する場合は、柔らかすぎる素材は赤ちゃんが窒息する可能性があるためNGです。深く沈みにくい素材のクッションを使用しましょう。

授乳クッションの大きさについて

授乳クッションの大きさや形はさまざまです。カーブの曲がり方や角度などメーカーにより異なります。自分の体型にフィットするものを選びましょう。例えば、授乳中にママのお尻に敷く場合は、大きすぎても尾てい骨が床に当たり、小さすぎても腰の負担が大きくなってしまいます。自分自身の使用方法や体型に合わせて形を選びましょう。

長く使える授乳クッションを選ぼう

授乳クッションは、一度購入するとなかなか買い換えることはありません。しかし、授乳や赤ちゃんの昼寝などに使用するとすぐに汚れが目立つようになります。そのため、こまめに洗濯機で洗えるものが理想です。例えば、低価格で購入できるポリウレタンは、頻繁に洗濯機で洗うことでだんだんと弱くなってしまいます。普段使いを考えて選びましょう。

合わせて読みたい

授乳中もおしゃれしたい!人気デザインの授乳服6選
出産すると始まる24時間体制の育児の中で、家にいるときはもちろん外出中には特に重宝するのが授乳服です。一見普通の服なのに、赤ちゃんのお腹が空いたらすぐに授乳ができるような工夫が凝らされています。ママには嬉しいことに機能面重視のものだけでなく、ちゃんとおしゃれもできる可愛いデザインのものがたくさん...

使いやすい授乳クッションランキング1位~3位

新生児は授乳の回数が多く、授乳の体勢をキープするのはとても大変です。そんなママに役立つ授乳クッションを選ぶポイントは、素材、授乳しやすさ、洗濯機を使用できるかどうかなどがあります。ここでは、使いやすいおすすめの授乳クッションをランキング形式でご紹介します。

第1位MOGUママ マルチウエスト

MOGUのマルチウエストは、授乳時に使いやすいことはもちろん、赤ちゃんのお座り練習やママの円座としても使用するとこができます。マルチウエストの中身は、自社開発のパウダービーズを使用しているため、新しい感触です。重さや体型に合わせて細かいビーズが動くため、体にしっかり馴染み、負担を軽減させることができます。

第2位はぐまむ 洗える授乳クッション

はぐまむの洗える授乳クッションは、日本製で洗濯機で丸洗いすることができます。授乳中にクッションが汚れることは避けられませんが、いつでも清潔にしていたいものです。カバーだけでなく、中の綿も一緒に洗濯できるところが、はぐまむもおすすめポイントです。また、丈夫さも優れているため、使っていても厚みの大きな変化が出ません。

参照:/item.rakuten.co.jp

第3位BOBO コーラムママ&ベビークッション

BOBOのクッションは、爽やかな色合いで見た目が可愛いため、授乳クッションとしてだけでなく、普段使いもしやすいクッションです。たっぷりの綿を使用していることで、ボリュームがあるところが特徴です。コットン100%のクッションなので、赤ちゃんの肌にも優しく、授乳以外にも昼寝やお座りの練習にも使用することができます。

合わせて読みたい

これは便利!授乳時に使えるおすすめアイテムまとめ
授乳を与える頻度は思いのほか多く、大変な思いをしてしまうママも多いものです。外出時はもちろん、家でも同居家族がいる場合はいちいち人の目が気になってしまうものです。授乳服以外にも授乳をスムーズに隠せる便利なアイテムがいろいろあります。また、授乳の負担を軽くするグッズも充実していますので、是非活用し...

使いやすい授乳クッションランキング4位~6位

授乳クッションには、U字型やO字型、ドーナツ型などがあります。赤ちゃんの体を支え授乳できるU字型と一緒に、ママのお尻の負担を減らすためにO字型を使用することもおすすめです。また、授乳時だけでなく、赤ちゃんの枕替わりや寝ているときの頭を支えるためにも使用できます。

第4位エルゴベビー ナーシングピロー

抱っこひもで有名なエルゴが出している授乳クッションが、エルゴベビーナーシングピローです。エルゴの授乳クッションは、抱っこひも同様使いやすさが魅力になります。授乳を苦痛な時間ではなく、快適な時間として過ごすためにママ目線で研究が重ねられた製品です。また、2年保証がついているため、授乳期間中安心して使用することができます。

第5位ECOレシピ オーガニックコットン

ECOレシピのオーガニックコットン授乳クッションは、赤ちゃんに安心して使用できるオーガニックコットンでつくられています。また、ダブルガーゼ使用の授乳クッションなので洗濯しやすく、すぐに乾くことが特徴です。この製品は、敏感肌やアトピー肌などデリケートな赤ちゃんにも安心して使用することができるため、おすすめです。

第6位KIKI 

KIKIの授乳クッションは、華やかで可愛い見た目が特徴です。また、見た目がコンパクトなため、お部屋のインテリアやポイントとしても活躍します。授乳クッションの生地は、綿100%を使用しているため、肌触りがいいことが特徴です。また、中綿には洗えるウォシュロン綿を使用しているため、丸洗いすることができます。普段使いしやすい授乳クッションです。

おわりに

授乳クッションは、授乳だけでなくさまざまな場面で活用できます。そんな長く使用することになる授乳クッション選びを失敗しないようにしっかり見極めましょう。自分が『これを使いたい』と思える授乳クッションを購入し、育児ライフを楽しみましょう。

ピックアップ

授乳中に甘いものが食べたくなったらは和菓子VSケーキどちらを選ぶべき?
赤ちゃんに母乳を上げると、疲労感からか甘いものが欲しくなります。授乳中に乳腺炎の原因にもなる甘いものはあまりよくないと言いますが、我慢のし過ぎはストレスのもとにもなりますよね。甘いものがどうしても食べたくなったら、和菓子とケーキどちらを選ぶとよいのでしょうか?甘いものの母乳への影響を考えつつ...
授乳中の食事に取り入れたいもの・取り入れたくないもの
人間の身体は食べたものによって構成されており、体型や体質などは食べ物によって大きく変化します。他にもお母さんの母乳も食べ物によって変化します。お母さんが食べている物によって母乳の味はおいしくもなるし、まずくもなるということです。 赤ちゃんは母乳が全ての栄養源です。赤ちゃんにはおいしく、健康的な...
授乳中、妊娠中も気にせず水道水を飲んでも平気?
妊娠をすると、自分の体が1人のものではないということを強く意識しませんか?お腹の中に新しい生命が誕生し、胎動を感じるようになれば、赤ちゃんの成長とともにそのような自覚が自然と芽生えるものです。赤ちゃんを出産し、育児真っ最中のお母さんはなおさらのことでしょう。 今回はそんな妊婦さんやお母さんに知...
10,8,2歳の男の子のママです。賑やかすぎる毎日を子どもたちと一緒に過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【ママ必見】たまGoo!が選ぶ  使いやすい授乳クッション ランキング!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る