【さようなら、ランドセル】卒業後は処分する?とっておく?どんな方法があるの?

卒業後のランドセル 
少子化が叫ばれて久しい最近では、ランドセル商戦のスタートは夏休みから始まっているといいます。入学前に、おじいちゃんおばあちゃんにランドセルを買ってもらった!というご家庭が多いのではありませんか?しかし、大事にしていたランドセルも、卒業と同時に役目は終了。卒業後のランドセルはどうなってしまうのか?知られざる実態をレポートします。

卒業後のランドセルのゆくえ

卒業の日
小学校卒業後は、中学校の入学準備で大忙し。制服をあつらえたり、体操服に名前をつけたり、教科書を受け取ったり…。そんな中、大事だったランドセルはいつの間にか姿を消してしまいます。卒業後のランドセルはいったいどこで眠っているのでしょう?

自宅保管の人が多い

あるWEB調査によりますと、卒業後のランドセルは自宅保管で眠っていることが多いそうです。子ども自身が大事にとっておいている場合もありますし、親が「思い入れがあって捨てられない」というケースもあるようです。そういえば、実家の押し入れの天袋にそれっぽい包みがあったような…。もしかして、パパやママのランドセルもいまだにとって置かれているかもしれませんよ。6年間の思い出が詰まったランドセルですから、愛着があるという人も多いでしょう。反面、「卒業式の翌日には捨てた」「子どもに聞いたらもういらないといわれた」というあっさり派もいます。

納得の活用法

自宅保管といっても、ただそのままとっておくだけではなく、「小学校の成績表など、思い出の品物入れとして保管している」という人もいます。ランドセルは丈夫で長持ちしますし、今の主流はA4サイズの書類が楽に入る大きさです。まとめて入れておけば一目で小学校関連のもの、とわかりますからこれは納得の活用法ですね。「とっておくのはランドセルに入る分量だけ」と思い出の品の整理もできて一石二鳥です。

合わせて読みたい

中学の部活に入ったら必要になる道具と費用まとめ(室内部活編)
中学の部活に入ったら必要になる道具と費用まとめ(室内部活編)
もうすぐ中学生になる子どもにとって最も楽しみなことといえば「部活動」ですね。なんの部活動に入ろうかワクワクしながら悩む子どもの横で親...

ランドセルリメークのすすめ

ミニチュアランドセル
とはいえ、ランドセルをそのままとっておくためには、それなりの場所が必要です。それにいつも押し入れにしまい込まれているのでは、「あってもなくても同じ」ともいえます。「思い出の品として身近に置いておきたい」という方や、普段から活用したいという方には、ランドセルリメークがおすすめです。

ミニチュアサイズに作り直して記念品に

昔は黒と赤くらいしかなかったランドセルですが、今はシックな茶色から鮮やかなピンク、深いブルーに柔らかな黄緑色など、さまざまなカラーが店頭に並んでいます。手のこんだものだと、刺しゅうや施されていたり、革加工がしてあったり、子どもの持ち物とは思えないほど立派です。ランドセル自体の形も、コロンとした丸いフォルムでかわいらしいですね。こうしたランドセルの魅力をそのままにとっておきたいなら、ミニチュアサイズへリメークすることができます。大きさは、大人の手のひらに載るくらい。約1/4のスケールです。ケースに入れてくれる工房もあり、記念品としてとっておくのに人気です。加工は職人さんが手作業で行うので、完成までには多少期間がかかります。

本革を生かして革小物にリメーク

色鮮やかなランドセルは、主に牛革で作られています。この本革を生かして、上質の革小物にリメークすることも可能です。大人っぽい長財布から、二つ折りの使い勝手のよい財布、キーホルダーやペンケースを作ることもできます。ランドセル以外の革を足せば、大きめのバッグや、デザイン性の高いバッグにも生まれ変わります。一見、ランドセルからできているとは思えないほどのクオリティーです。大人になっても長く使える革小物にして、愛用するのもすてきですね。

合わせて読みたい

こんなにかかるの?!公立中学の制服代は予想以上に高いという事実
こんなにかかるの?!公立中学の制服代は予想以上に高いという事実
私立中学校というと学費から制服代までなにかと費用がかかる、でもその点公立中学校は経済的…というのは、一般的に多く持たれているイメージ...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【さようなら、ランドセル】卒業後は処分する?とっておく?どんな方法があるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る