良ければシェアをお願いします。

保育園と同様に学童保育も狭き門て知っていますか?

学童保育

保育園の待機児童問題は、各自治体が子育て支援対策の目標に掲げたり、ニュースなどで取り上げられたりすることが多いため、よく知られていることだと思いますが、実は「」も、保育園と同様に「狭き門」になっていることをご存知でしたか?今回は、就学年齢の子どもを持つ家庭にとっては気になる、学童保育についてご紹介します。

スポンサーリンク

学童保育ってどんなところ?【基礎知識編】

学童保育とは、親が働いている児童を放課後に預かってくれる施設です。自治体などが運営する公営のもののほか民営のものがあります。ここでは、そもそも学童保育とはどのようなところなのか、基礎知識についてみていきましょう。

学童保育を利用できるのは「」です

学童保育を利用できるのは、小学1年生から6年生までの「小学生」です。以前は、小学1年生から3年生までが利用対象学年でしたが、児童福祉法改正により2015年4月からは6年生まで対象学年が引き上げられました。これにより、放課後、子どもがひとりでいることによって犯罪や事故に巻き込まれるというリスクの軽減がはかられています。しかし、6年生までは強制ではなく、各自治体の対応に任されている状況ですので注意してください。

学童保育には公営と民営があります

学童保育は、自治体などが運営する「公営」のものと、NPOや企業などが運営する「民営」のものと、大きく分けて2種類があります。自治体が運営する公営の学童保育は、学校やなどに併設されているケースが多く、放課後から夕方まで各々の施設で決められた時間まで、子どもたちを預かってくれます。また、民営の学童保育は、利用対象年齢や利用基準が公営よりも緩やかな施設もあり、利用者の選択の幅が広くなっていることが特徴です。

利用料金と利用時間は施設によりさまざま

利用時間や利用料金は施設によりさまざまですが、利用料金は月額3,000円から10,000円の間、利用時間は、平日は放課後から夕方19:00くらいが多いようです。また、公営の学童保育には、平日の学校開校日のほかにも、春休みや夏休み・冬休みなどの長期休みの利用や、臨時の利用など、目的に応じた利用ができるようになっています。

合わせて読みたい

送迎付き、習い事あり、宿題サポートも!民間の学童保育は魅力がいっぱい!
共働きをする家庭が増えている現在では、放課後の子どもの過ごし方を気にする親が大勢います。そんなパパやママが注目しているのが学童保育です。子どもを安全に預けられるところが魅力のひとつです。また民間の学童保育は勉強のサポートをしてくれることが多く、子どもに学習の習慣を身につけることができます。で...

放課後児童健全育成事業としての学童保育

「学童保育」は正式名称ではなく、児童クラブや放課後児童クラブ・学童保育所など、その呼び名は運営している自治体や運営媒体などによりさまざまですが、一般的には「学童」と呼ばれています。学童保育は、正式には、厚生労働省が推進している「放課後児童健全育成事業」のことです。

「放課後児童健全育成事業」の概要

厚生労働省の推進する「放課後児童健全育成事業」は、親の就労や病人の介護、病気の治療などの理由で、日中に子どもの保育を行えない場合、代わりに保育を行う施設を設置して、子どもを健全に育成することを目的としています。共働きの世帯やひとり親世帯、子どもの小学校入学を機に働こうという母親など、そのニーズは高く、利用希望数に施設数が追い付かない「」が問題化しています。

厚生労働省の「放課後児童健全育成事業」の内容

「放課後児童健全育成事業」で厚生労働省が掲げているのは、放課後の児童の「健康の管理」「安全の確保」「情緒の安定」の3つです。また、遊びを通じて、子どもの自主性や社会性・創造性をはぐくみ、放課後の児童の健全な育成をはかっています。学校の延長の学業の場としてというより、子どもが安全に楽しく過ごせる居場所としての意味合いが強いことが特徴だといえるでしょう。

「放課後児童健全育成事業」の施設設置状況

平成28年の「放課後児童健全育成事業」の施設数は、全国23,619か所で、登録児童数は1,093,085人にのぼります。いっぽう運営主体別の施設数は、公営の施設が8,735か所に対して、民営の施設が14,884か所と、民営の施設が公営の施設を上回っていることが特徴です。これは、利用者のニーズの高さから、学習塾や英会話教室などの参入が増えたためで、今後も増える傾向にあります。

合わせて読みたい

保育園と違うの?学童保育に入れる前に知っておきたい基礎知識
小学校入学を控えている働くママにとって、気になるのが学童保育ですよね。保育園と学童保育では、預けられる時間(開所時間・閉所時間)やお弁当の有無など多くの違いがありますが、他にはどんなところが違うのでしょうか。そこで今回は、基礎知識として学童保育に入れる前に知っておきたい保育園との違いについて...
22歳17歳10歳三人の子持ちママ。恋愛小説や趣味で育児4コマ漫画を描いてます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
保育園と同様に学童保育も狭き門て知っていますか?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る