親の負担、保育料、方針、どれだけ違うの?公立保育園と民間保育園の違い

良ければシェアをお願いします。

保育園
出産を終え、子育て中のママが仕事復帰をしたいと考えた時に、保育園はどこに入れたらいいの?と悩んでしまうのではないでしょうか。大事なのは園の方針?保育料?保育園選びは労力がいるものです。その中で多くのママが疑問に思うことに、公立保育園と民間保育園の違いがあります。今回はそのふたつの違いについてご説明します。

スポンサーリンク

公立保育園と民間保育園の違いを知ろう

保育園選びの時に意外と知らないのが、公立と民間の保育園は何が違うのか、ということです。単純に公立=認可、民間=認可外だと思っているママも多いのではないでしょうか?それぞれの特徴を知ることが、保育園を選ぶ時の判断基準になります。

認可と無認可ってどういうこと?

認可保育園とは、国の基準をクリアして国から認可された保育園のことです。公的な補助を受けているので、比較的安い保育料になります。認可外保育園とは、国から認可されていない保育園で、国への届け出が必要です。保育料は各保育園が設定するため、公的補助のない施設は高額になることも。公立保育園も民間保育園も国からの許可を受けていれば認可保育園ということになります。

公立保育園とはどんなところなの?

公立保育園の設置と運営は、市区町村の自治体が行っているので、同じ自治体の中では園によって大きな違いがなく、どこの保育園に行っても平均した育児をしてくれます。保育士は公務員で、専門職としての研修を積むなど、勉強熱心な先生が多いようです。民間に比べると勤続年数が長いベテランの保育士が多いので、保育に対しての安心感があります。

民間保育園とはどんなところなの?

民間保育園の大半は社会福祉法人が運営していますが、最近ではNPO法人、学校法人、企業や官庁など様々な団体が運営をおこなうようになりました。経営する母体の個性が反映されて、園によってそれぞれ特徴が変わり、独自の教育をしているところもあります。比較的若い先生が多く、公立より保育の質に差が感じられるかもしれません。

合わせて読みたい

相場はどのくらい?認可保育園と無認可保育園の保育料比較
働くママたちがの安心して子どもを預けられる場所といえば?そう保育園ですよね!でも、実際に子どもを預けるとなるとどのくらいの金額がかかるのでしょうか。認可保育園と無認可保育園、そして私立や公立での違いはあるの?知っているようで知らない金額の違いを調べてみました。今後保育園を利用しようと考えられ...

公立保育園と民間保育園の特徴を知ろう

認可保育園としての公立保育園と民間保育園があることは分かっていただけたと思いますが、認可外の民間保育園も私たちの周りにはたくさんあります。認可外の保育園を含んだ上で、それぞれの特徴についてみていきましょう。

公立保育園の特徴はどんなところ?

国が定めた保育施設の基準をクリアしているため、広い園庭が備わっているところが多く、給食は園内にある調理室で作られます。費用がかからず、自治体が運営しているので安心です。保育士は公務員で勤続年数が長いベテランが多く、産後復帰されている先生もたくさんいるので、先輩ママとしてのお話を聞くことができます。しかし同じ市区町村の中で数年ごとに転勤があるので、見学の時に気に入った先生とは違う先生になっていた、なんてこともあるので注意が必要です。

民間保育園の特徴はどんなところ?

運営母体が様々なので、保育内容にはそれぞれの特色があります。宗教がベースになっていたり、園長先生がユニークな保育方針を持っていたり、強いアピールポイントがあったり、公立にはない個性があります。時間延長や休日保育など、柔軟に対応してくれる園が多く、冷暖房などの設備が比較的整っているのも魅力です。若い先生が多く活気がありますが、入れ替わりが激しいため、ベテランの先生は少なめかも知れません。また色々なイベントを詰め込み過ぎて、内容が薄くなってしまうなどの欠点もみられるようです。

認可外の民間保育園の特徴は何?

認可外の保育園は、設置基準を満たしてはいないけれど、保護者の様々なニーズに応えてくれる保育園です。例えば駅に近い方がいい、時間も長くみて貰いたいと思われるママも多いですよね。子どものためには広い園庭や広い部屋の保育園の方がいいかもしれませんが、家から遠い認可の保育園まで行くことが、かえって負担になる場合もあります。場所や保育時間の決まりを自由に変えられるのが、認可外保育園の魅力です。ただし運営費の補助を受けていない施設では、保育料が高額になることがあります。

合わせて読みたい

保育園見学ではココをチェック!失敗しない保育園の選び方
申請・待機登録したからといって、希望通りの時期や園への入園が確約されない、まさに保活氷河期のいま。誰も教えてはくれないけれど、みんなどうやって保育園を選んでいるの?保育園見学ってどんなもの?わが子が長い時間を過ごす場所だから、しっかり見極めてあげたいですよね。そんな想いで取り組んできた、保活...

公立と民間、保育時間や保育料の違いは?

それぞれに魅力がある公立保育園と民間保育園ですが、気になるのは保育時間と保育料金だけではありません。保育内容はもちろん、保育時間や保育料も保育園を決める大事なポイントですよね。公立と民間でどのように違うのでしょうか。

公立保育園の保育時間と保育料金って?

認可保育園の場合、保育時間は朝7時~夜7時までと自治体で決まっているようです。保育料金は、世帯年収から算出される所得割額で自治体が決めています。世帯年収というのは同居する全員の年収合計で、所得割額とは収入に伴って払う住民税のひとつです。保育園は自治体から補助金が出ているので、保育料は自治体ごとの予算が大きく関係しますが、平均すると2~3万円未満が多いようです。

民間保育園の保育時間と保育料金って?

民間保育園でも認可であれば、保育時間や保育料金は公立保育園と変わりません。ただし自治体が運営している公立保育園とは違って、運営する団体によって保育内容が異なるため、別に料金が発生する場合があります。例えば送迎バスがある、英会話教室や体操教室がある、夜間保育をおこなっているなど、公立にはあまりないサービスが整っていることも多く、その分の負担が増えます。

認可外民間保育園の保育料金って?

認可外保育園の保育時間は、園の方針によって様々です。朝7時~夜9時で預かってくれる保育園もあれば、24時間保育をおこなっている保育園もあります。保育料金もそれぞれ独自に設定できるので、園によってかなりの差を感じるかもしれません。子どもの年齢でも違いますが、多くは1ヶ月5万~7万くらいのようです。ただし自治体によっては、保育料の上限があったり、保育料を助成してくれたりするところもあります。ママが働いても「保育園料金にとんでいく」というのはこのパターンのことです。

おわりに

公立保育園も民間保育園も、それぞれに違った魅力がたくさんあります。何を一番優先させるかは、ご家庭によって違うとは思いますが、大切なわが子が長い時間を過ごす保育園は、毎日笑顔で通える場所であって欲しいですね。

ピックアップ

保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。 しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申...
保活はいつからするべき?保活スケジュールを立ててみよう!
妊娠したときには、まだ生まれてくる子どもの保育園について考える方は少ないようです。しかし、出産し子どもが少し大きくなり、いざ「働きに出たいな、職場復帰したいな」と思ったときになって、入れる保育園なかったり、子どもを預ける先が全くなかったりすると、焦ってしまいますよね。 最近では地域によ...
認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い
小学校に入る前の子どもを育てながら、夫婦ともに仕事を続ける場合には、保育園に子どもを預けることになります。保育園には、「認可保育園」や「認可外保育所」の他に、「認証保育園」などがありますが、具体的な違いが分からないという方も少なくありません。今回は認可保育園と認可外保育所と認証保育園について...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
親の負担、保育料、方針、どれだけ違うの?公立保育園と民間保育園の違い
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る