それは言っちゃダメ! 異性の親が思春期の子に気をつけなくてはいけないこと

言ってはいけない
子どものことを思って言った言葉が、子どもを傷つけてしまうということがあります。特に、思春期の子どもは過敏なので、異性の親からの言葉にショックを受けたり、嫌だと思ったりするケースが多くみられます。異性の子どもがいるお母さんやお父さんは一度目を通しておきましょう。

デリカシーのない言葉が子どもを傷つけてしまう

落ち込む女の子
子どもの成長において、両親の言葉は大きな影響を与えます。特に、思春期になると子どもにも「性」の意識が芽生えてきます。お父さんやお母さんにとってはいつまでもかわいい子どもではありますが、性の話題は子どもを傷つけるだけでなく、大人になっても忘れられないショックな出来事になってしまいます。

お父さんからの初潮の話

お父さんからのデリカシーのない発言で多いのは初潮に関することです。女性なら必ず来る初潮ですが、それを男性から女性に振るのはNGです。特に、初潮になったことで戸惑っている子どもに対して、「初潮になったのか、これで大人の女の仲間入りだな」と言うと、子どもが傷ついてしまいます。初潮になったことや大人の女という発言もデリカシーがありません。

デリカシーのない行動にも注意

子どもが初潮を迎えるとお赤飯を食べる家庭が多いです。そのため、いつ子どもが初潮を迎えたのかおおよそ予想がついてしまいます。デリカシーのない発言をしないのはもちろんですが、からかうように何かを言ったり、外出先などで初潮について大声で話したりすることも、子どもにとってはショックを受けることなので注意しましょう。

身体のラインについての発言も避ける

初潮以外にも、身体のラインについての発言も注意が必要です。「胸が大きいな」という発言は、父親にみられているということがわかってしまうので要注意です。逆に、「お前は胸がぺったんこだな」というような発言も避けるようにしましょう。子どもが気にしていることを異性から言われるのはとてもつらいことです。

合わせて読みたい

【卒母】母親業を卒業?!あなたは子離れできますか?
【卒母】母親業を卒業?!あなたは子離れできますか?
あなたは「卒母」という言葉を聞いたことがありますか?漫画家の西原理恵子さんが「卒母」宣言されて注目を浴びましたね。西原さんが16年間描い...

お母さんが気をつけるべき発言

落ち込む男の子
お父さんの初潮の話と同時に、お母さんが気をつけるべきこともあります。それが、男の子と「性」の話題です。男の子は性への知識や欲求が強いので、子どもが成長するにすれ気になる部分ではあります。女の子の初潮のように、目にみえる変化ではないのですが、発言には注意が必要なのです。

部屋でアダルトな雑誌を見つけたとき

部屋を掃除したときにアダルトな本やDVDなどを見つけたときに、それを本人に伝えるのは止めましょう。そっと戻しておくのが正解です。そういったものをみているというのをお母さんにみられるのは抵抗がある年頃なので、何も言わないようにしましょう。気になるようなら、掃除は本人に任せるようにしましょう。

恋人ができたときの発言にも注意

息子に彼女が、娘に彼氏ができたときに、妊娠させてしまったりしてしまったりするのを防ぐために「避妊はしなさい」と言われる子どもが多いようです。しかし、いきなり避妊の話をしてしまうのはデリカシーがないと思われてしまうことも。子どもに彼氏や彼女ができたときには、まずはそれを喜ぶ発言をして、どんな子なのかを聞いてあげることが大切です。

合わせて読みたい

子供部屋は何歳くらいから必要なの?子供部屋を与えるベストタイミング
子供部屋は何歳くらいから必要なの?子供部屋を与えるベストタイミング
子ども部屋って何歳くらいから必要だと考えますか?幼稚園入園や小学校入学のころですか?中学校入学時では遅いのでしょうか?その答えは家庭...
20代後半。家族構成は妹と妹の息子です。大学卒業後機械メーカー勤務、その後ライターになるために脱サラ。現在は塾講師とライターで生活しています。教員免許中学・高校 数学理科を取得。子どもが自ら考えて成長できる場を作っていきたいと考えています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
それは言っちゃダメ! 異性の親が思春期の子に気をつけなくてはいけないこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る