自転車登園は寒い!子どもを防寒するためのアイテムはこれだ!

自転車の防寒
真冬、お子さんを自転車に乗せるとき、どんな防寒対策をしていますか?実際、自転車をこいでいるお母さんよりも、ただ乗っているお子さんはとっても寒いはず。今回は自転車の寒さから子どもを守るブランケット、カバーなどの防寒アイテムをご紹介します。

コートやジャンパーだけでは防寒対策は足りない!

耳当てと帽子
子どもを自転車のチャイルドシートに乗せて走っているお母さんをよく目にしますよね。冬は気温が低く風も冷たいので子どもの身体は冷え冷えになってしまいます。では、どう寒さから守ればよいのでしょうか。

おすすめ防寒方法とは

子どもの膝にブランケットをかけているお母さんも多いですが、ブランケットをかけるだけでは子どもの防寒をしているとはいえません。子どもが寒くないように手、耳、顔、首、足元、お尻の防寒対策をしっかりとしてあげることが大切です。

各部の防寒対策

ニット手袋は風を通すのでスキーグローブやフリース素材が安心
耳あてや耳が隠れる帽子が◯。後ろに乗っている子どもはヘルメット着用義務があるので
ヘルメット&耳あてセットがもたつかないのでおすすめ
マスクをつければ 風邪予防にもなるので一石二鳥
マフラーはタイヤにまきつくと危ないのでネックマフラーが◯
足元 ひざ掛けを子どもに身体に巻き付けるだけで簡単防寒に
お尻 後ろのシートは冷たいので座布団を用意。ボアやフリースがおすすめ

乗せる場所によって寒い場所が違う

お子さんを前の座席に乗せたとき、顔に風が直撃します。鼻や耳がしもやけにならないように、顔や耳を重点的に防寒対策しましょう。また、後部座席に乗せる場合、ママが盾になり顔にはあまり風が直撃しませんが、横に出している足はとても寒いです。足の先まで防寒できるアイテムがおすすめです。

合わせて読みたい

幼稚園・保育園の送迎時!自転車事故に遭わないようにするための乗り方
幼稚園・保育園の送迎時!自転車事故に遭わないようにするための乗り方
買い物や保育園・幼稚園の送り迎えなど、子どもがいるママにとって自転車はとても便利で重要な交通手段です。しかしその一方で、送り迎えのと...

風を当たらないようにする自転車用ブランケット

ブランケット
自転車用ブランケットは、自転車に子どもを乗せたときの防寒対策用に作られた専用のブランケットです。フード付きで頭から足元まですっぽり包むことができるので、とっても温か。厚手のブランケットで、足元までしっかり隠れるものを選んであげると子どもを寒さから守れます。おすすめのブランケットはこちら。

DORACOの自転車用ブランケット

DORACOのブランケットは、首の部分が面ファスナーになっているので、着用しやすいのが特徴。丈が72cmと長く、足元まで包み込んでくれます。厚手で手触りもいいので、自転車用だけにしておくにはもったいない!面ファスナーを外して開けば、普段使いのブランケットとしても使用できます。

ハローエンジェル あったかモコモコ 防寒ケープ

ハローエンジェルのモコモコ防寒ケープは、内側がボアになっていて保温性に優れています。外側は撥水加工されているので、突然の雨でも安心。首元はゴム仕様だからピッタリフィットで、風を通しません。マジックテープで簡単装着できるので、ママも楽チンですね。

合わせて読みたい

保育園の送り迎えが楽チン! ママにおすすめの電動自転車6選
保育園の送り迎えが楽チン! ママにおすすめの電動自転車6選
電動自転車は、その優れたアシスト能力から無駄な労力を使わずに済む他に、重い荷物や子どもを乗せてもハンドルがフラつかず扱いやすいことから、...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る