私立小学校の学費はどのくらい?公立との違いは?

お金の心配
子どもが大きくなってくると、進路の悩みが出てきます。特に私立に行かせるか公立に行かせるかは大きなポイント。そこで今回は、私立小学校の学費について見ていきたいと思います。1年間にかかる学費から、その他必要経費など公立との違いは多いと思います。公立小学校と比較してみて、今後の進路決定に役立ててくださいね。

公立と違い、私立は諸経費がかかります。

貯金をする幼稚園児
学校によって金額に違いがありますので、記載するのはあくまで平均金額ですが、私立はとにかくさまざまな所にお金がかかります。まず公立は無料化されているので、入学金はかかりません。制服がない学校も多いので私服での通学です。その点、私立は入学金や制服代など思った以上にお金がかかるものです。入学時期になって慌てないように、しっかりと必要経費を確認して何にいくらかかるのか把握しておきましょう。

【私立】入学金などの諸経費

まず、入学金が10万円~ほどになっています。各学校により教育方針が異なるのでリーズナブルな学校から高額な入学金がかかる学校までさまざまです。制服・体操服代は3万~10万ほどです。学校によっては有名デザイナーがデザインした制服だったりするので、ここも高額になる学校も少なくないようです。指定用品費も3万~になっています。こちらも公立のおよそ5倍の金額になっています。そして、忘れてはならないのが受験料です。公立と違って私立は受験があります。こちらは2~3万円となっています。トータルすると入学金などの諸経費は20万前後となります。公立はだいたい2万前後となっているので、ほぼ10倍の金額がかかる計算になります。

【私立】月々にかかる費用

次に毎月かかる費用を見ていきましょう。まず授業料は2~5万程度となっています。この時点で公立との差が分かりますね。給食費は3000円~となっています。こちらに関しては、私立はお弁当を持っていかなくてはならない所もあるので給食費はない学校もあるかと思います。そして教材費です。こちらは4~5万円ほどとなります。そしてPTA会費が1000円~となっています。こうして見ると、授業料と教材費が大きく占めていますね。教材費に関しては、公立も学年が上がっていけば絵の具セットや習字セット、彫刻刀セットなど買い足すものはありますので、私立ほどではないにしろお金はかかると思われますね。

【私立】その他、塾や交通費などもかかる場合

私立に通っているからこそ、金額をかける家庭が多いのが塾などの校外授業です。その他、私立の場合は希望した学校が学区外にある事も少なくないと思います。その場合、子どもたちは通学に公共交通機関を使う事になります。バスや電車でも、毎日通うとなると交通費は家計に響いてくるものになります。共働きの家庭も多いでしょうから、毎日家族の誰かが送迎するというのは現実的ではありませんものね。

合わせて読みたい

小学校入学までに必要な就学前準備を考える【勉強編】
小学校入学までに必要な就学前準備を考える【勉強編】
子供の成長はめまぐるしいです。その中でも小学校入学と聞くと、本格的な勉強や生活リズムが確立することから急に子供が成長したように感じます。...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
私立小学校の学費はどのくらい?公立との違いは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る