効果あり?「褒めて伸ばす」教育方法とは

褒めて伸ばす
子どもが大きくなってものごころがつきだすと、親は教育方法について考え始めることでしょう。子どもを褒めて伸ばすべきなのか、怒って伸ばすべきなのか迷うこともたくさんあります。実は、子どもを褒めて伸ばすことには大きなメリットがあります。しかし、褒め方を間違えると逆効果になってしまうことも。ここでは、どのように子どもを褒めればよいのかご紹介します。

子どもを褒めて伸ばすことのメリット

自信を持つ
子どもを褒めて伸ばすことにはいくつものメリットがあります。正しい子どもの褒め方を身につけるためには、まずそのメリットを知っておくことが大事です。ここでは心理面と行動面に分けて、子どもを褒めて伸ばすことのメリットを見ていきましょう。

褒めて伸ばす心理的なメリット

子どもを褒めて伸ばすことの心理的メリットには、次の二つがあります。

1.自信がつく

子どもは親に褒められると、やればできるという自信がつきます。子どもにとって親は一番身近で、信頼のおける人間です。何かをやり遂げたときや成功したときに親に褒められると、うれしいと同時に自信がつきます。自信をもって行動することは次の成功を生み、また、それが自信になるというよい回転を生み出すメリットもあります。

2.自己肯定ができる

自己肯定とは「自分は正しい」というように自分を肯定することですが、子どもの場合は「自分は親に大切にされている、親にとって自分は大事な存在である」と感じていることも含みます。自己肯定ができると、前向きな明るい子どもに成長するほか、親と子どもの信頼関係の構築にも効果があります。

褒めて伸ばす行動的なメリット

子どもを褒めて伸ばすことの行動的メリットには、次の二つがあります。

1.コミュニケーション能力が高くなる

親に褒めてもらうことは、子どもにとってはうれしいことです。そのため、何かできたことがあれば、すぐ親に報告します。そのことをさらに褒めれば、また何かできたら親に報告します。このことは、子どものコミュニケーション能力を高めます。逆に子どもをすぐに怒ってしまうと、子どもが親に話しかけないようになり、コミュニケーション能力が低くなります。コミュニケーション能力は大人になってから成功するための重要な能力のため、コミュニケーション能力を高めることは大きなメリットになります。

2.積極的に行動できるようになる

大人になって仕事ができる人の多くは、積極的に行動している人です。この積極的な行動は一朝一夕に身につくものではありません。子どもは褒められることで、少しの失敗にもくじけず積極的に行動できるように成長します。このことも、子どもを褒めて伸ばすことの大きなメリットといえるでしょう。

合わせて読みたい

自分のためにも子どものためにも優しいママになりたい!
自分のためにも子どものためにも優しいママになりたい!
出産を控えている女性の多くが「優しいママになりたい!」と考えているでしょう。しかし、「優しいママ」とはどんな人なのでしょうか?今回は、優...

子どもの褒め方でしてはいけないこと

NGな褒め方
子どもを褒めて伸ばすことには大きなメリットがあります。しかし、それは正しい褒め方ができて初めて効果が生まれます。子どもの褒め方を間違えると、マイナスの影響さえ与えかねません。ここでは、子どもの褒め方でしてはいけないことについて見ていきます。

心から思っていないのに、むやみやたらに褒める

子どもを褒めようと思って、親がしてしまいがちなのが、心から思っていないのに、むやみやたらに褒めてしまうことです。むやみやたらに褒めてしまうと、褒められることに慣れたり、失敗しても褒められる特別な人間と勘違いしてしまったりする可能性もあります。また、心から思っていないのに褒めていることは、親の表情やしぐさから子どもにも伝わってしまうもの。心からは褒められていないことが伝わると、逆に子どもを傷つけることになってしまうこともあるので、注意しましょう。

親の都合で、意図をもって子どもを褒める

こちらもやってしまいがちな行為ですが「嫌いな野菜を食べさせたい」「もっとテストでいい点が取れるように勉強させたい」など、親の都合で意図をもって子どもを褒めることは、NGです。この褒め方は「子どもを褒める」というよりも、「嫌いな野菜を食べられるようになってエライ!」といった「評価」になってしまいます。評価につながる褒め方が続くと、子どもは逆にプレッシャーを受けたり、親の顔色をうかがったりするようになったりする可能性があります。「結果さえ出せばいい」という考え方をもつ子に育つ可能性さえ出てきます。親の都合だけで子どもを褒めないように心がけましょう。

合わせて読みたい

目の前のニンジン!子どもをやる気にさせるご褒美作戦はあり?なし?
目の前のニンジン!子どもをやる気にさせるご褒美作戦はあり?なし?
子どもにやる気がないときについつい「それができたら○○買ってあげるよ」とご褒美で釣ってしまうということはありませんか?このご褒美に釣られ...
年齢は40代前半。家族構成は夫、娘(8歳)です。企業取材中心のお堅い記事ばかり書いていたライター歴19年の母です。子どもが生まれたのを機に、教育や家計などの記事も書くようになりました。資格保持は中学社会1種・高校地理歴史1種教員免許です。子育てポリシーは「子どもは親が知らない未来を生きる」

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
効果あり?「褒めて伸ばす」教育方法とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る