良ければシェアをお願いします。

母親の愛情ある接触行動「マザリング」って何?

お昼寝する親子

マザリング(マザーリング:mothering)とは、母親が産後に行う養育行動のことです。赤ちゃんをあやしたり、日常のお世話をしたり等、主に赤ちゃんとのスキンシップ行為に代表され、赤ちゃんが成長する上で大きな役割を果たすと言われています。具体的に子どもにどのような影響を与えるのでしょうか。今回はマザリングについてご紹介します。

スポンサーリンク

マザリングが育児に与える影響とは?

マザリングによるスキンシップとは、母親が乳児に対して行う、授乳する・オムツを替えるといった物理的世話や、抱きしめる・話しかけるといったコミュニケーションなどを指します。つまり、母親が行う育児行動全般、及びその際に生まれる親子間のスキンシップのことです。マザリングは、子どもが成長する上で「人格形成」や「身体・知能の発達」に大きな影響を与えると言われています。

人格形成に与える影響「心の安定」

産後間もない新生児から、3、4歳頃までの乳幼児の期間はとくに、子どもにとって母親(身近な養育者)から受けるスキンシップが少ないと、心身の発達に影響すると言われています。誰かに抱きしめられる安心感は大人でも感じることであり、小さな子どもにとってはその安心感が何よりも『心の栄養』となります。抱きしめられたり、触れ合ったりするなかで愛情を感じ取ることが「愛されている」「受け入れられている」という安心感・自信につながり、心の安定した人格がつくられるのです。そして、周囲への思いやりが持てるなど、穏やかな性格になりやすいとされています。

身体・知能の発達「社会性の助成」

マザリングによって心が満たされた状態で成長すると、「母親との心の絆」に自信が持てるようになるので、それまで「母親一色」だった状態から徐々に周囲への興味・関心を持ち始めます。そして次第に母親との触れ合いを脱し、別の環境(友だちや物)と積極的にコンタクトをとるようになります。心が安定しているため、友だちと上手にコミュニケーションがとれるようになるのです。友だちとの関係の中で、仲良く遊ぶ為のルールを理解し、譲り合うことを通して「知能が発達」し、更に「社会性の発達」が助成されると言われています。

周囲への影響「ママの心の安定」

マザリングによって心が満たされ安定するのは、子どもだけではありません。母親にとって小さな子どもの子育ては幸せな期間である一方、日々の家事や育児に追われ、子どもと上手にスキンシップを取れていないと感じたり、子どものイヤイヤ期はとくに子育てへの不安・ストレスを感じる期間でもあります。上手にスキンシップをとることで母親の心も癒され、穏やかな気持ちで育児ができるようになります。マザリングは、母親と子ども双方にとって快適な空間を生み出してくれるのです。

合わせて読みたい

赤ちゃんとのスキンシップに最適なベビーヨガってなに?
「子どもが生まれたら、子どもと一緒にできるスポーツをしたい」「子どもと一緒に軽く体を動かしたい」「スキンシップやコミュニケーションの一環として、赤ちゃんと一緒に何かをしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめなのが、「ベビーヨガ」です。 ベビーヨガとはどんなもの?...

愛情伝わってる?スキンシップ不足のサイン

マザリング、つまり親子のスキンシップが重要だということがわかりましたが、母親(大人)が子どもに愛情を注いでいるつもりでも、子どもには愛情として伝わっていないこともあります。「スキンシップ不足」によって子どもが受ける影響は、「愛情遮断症候群」などの成長・発達の遅れにつながってしまうことも。ちゃんと愛情を伝えるためにも、愛情不足を感じている場合に子どもが見せるサインを知っておきましょう。

「爪噛み」「指しゃぶり」は不安の現れ

子どもは強いストレスや不安を感じると、手を口の近くに運ぶようになります。子どもが見せる「指しゃぶり」や「爪噛み」はストレス・不安をあらわす行動と言われ、不安を解消してくれる「」が不足している状態にあると推測されます。不安が解消されたとしても、指しゃぶりや爪噛みは癖になりやすい為、早いうちに対処することが大切です。

感情の共有ができず「無表情」になる

子どもは笑ったり怒ったり泣いたりと、感じるままに表現し、その時の感情を母親や家族と共有します。子どもがよく「ママ!見て!」と言うのは一緒に笑ったり驚いたりしたいからです。忙しい場面が多く、つい「後にして!」を繰り返してしまうと、感動を共有する人がいなくなり、子どもは次第に表情が乏しくなってしまうのです。知らず知らずのうちに子どもが「孤独」を感じないよう、「ちょっと待って」は1日3回までとルールを決めたり、子どもからの問いかけには目を合わせて応えるなど、コミュニケーションの基本的な部分を意識してみましょう。

要注意!「黒い絵」は不安の象徴

子どもに絵を描かせると、明確に「精神状態」が現れるといいます。子どもが自分のやりたいことを上手に伝えることができない場面で、その感情が色となって描かれるのです。黒色は「恐怖」や「抑圧」の象徴です。赤や黄色など鮮やかで明るい気持ちを与える色がたくさんあるにも関わらず、黒一色を選び、黒く塗りつぶすような絵を描く場合は、愛情不足による不安や強いストレスを感じている可能性が高いと言えるでしょう。子どもが黒い絵ばかり描く場合は、絵を描く事で溜め込んだストレスを発散している場合が多い為、無理にやめさせるのではなく描きながら会話によって、ストレス・不安の原因が何なのか、じっくりと話を聞いてあげることが大切です。

合わせて読みたい

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...
3歳の息子を育児中のシングルマザーです!製菓専門学校を卒業し、子供とお菓子作りが趣味です!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
母親の愛情ある接触行動「マザリング」って何?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る