子どもの野菜嫌いを克服させる三つの方法

スポンサーリンク

野菜

子どもの野菜嫌いに困っている保護者のかたも多いのではないでしょうか?子どもは味覚が本能に従う傾向にあるためにがいもの、しぶいもの、ドロッとしたものなどは腐っているもの・未成熟なものと判断し、食べたがりません。ピーマンやホウレン草、トマトなどを苦手とする子どもが多いのは、このことが主な原因と言われています。

今回は、子どもの野菜嫌いを克服させる方法についてご紹介したいと思います。

子どもは母親が嫌う食べ物を嫌いになる?

食卓

冒頭で、「子どもはにがいもの、しぶいもの、ドロッとしたものを本能的に避ける」といったことが、野菜嫌いの一因であることをご紹介しました。実はもうひとつ、子どもが特定の食べ物を嫌いになるときの理由があります。

それは、母親がおいしそうに食べていないものは、子どもも嫌いになる傾向があるということです。赤ちゃんの頃身近にいるのは母親です。その母親が食べたがらないものを食べたいと思う赤ちゃんはいないのです。そうなると、赤ちゃんは食べる機会を失いこれはおいしくないものと認識してしまいます。これが子どもの野菜嫌いになってしまう、大きな原因の二つ目です。

もちろん、子どもがその野菜をおいしいと認識すれば母親が嫌いな野菜が好きになるということもあります。それでも、幼いときはやはり母親の影響を大きく受けるもの。子どもを野菜嫌いにしないためには、両親、特に母親が好き嫌いをしないことがまず大切になります。克服法の前に、まずこのことを覚えておきましょう。

合わせて読みたい

箸の持ち方を練習しよう!おすすめの練習法を大公開
箸の持ち方を練習しよう!おすすめの練習法を大公開
子どもが成長するにしたがって、だんだんとできることは増えていくもの。食事ひとつとってみても、手づかみで食べていたのが、スプーンやフォ...

野菜嫌いを克服させるための方法はこれ!

調理

新鮮な野菜を摂る

まず一つ目は、野菜そのものを安いものではなく、少し高くても新鮮でいいものを摂ろうという考え方です。当たり前のことのように思えるかもしれませんが、意外とこの方法で子どもは本当の野菜のおいしさを知り、野菜嫌いが逆に野菜好きになることも多いようです。

新鮮で旬な野菜は、その野菜が持つ本来のうま味やあま味を存分に味わうことができます。冒頭で書いたように、子どもは野菜のにが味やしぶ味から、本能的に「腐っているもの・未成熟なもの」と判断し、嫌いになることがあります。しかし、新鮮で質のいい野菜であれば、そうしたにが味よりもうま味やあま味を知ることができ、それにより野菜を好きになることが多いのです。

ただ、毎日食事を用意しなくてはいけない主婦にとっては毎日新鮮で高価な野菜を手に入れるのは難しいかもしれません。新鮮で安い野菜を手に入れる方法として、旬の野菜を手に入れるのがよいでしょう。旬の野菜は他の時期と比べてあま味が増すことが多く、また出荷数も増えるため比較的安価に買うことができます。子どもの野菜嫌い克服に、一役買ってくれるでしょう。

33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの野菜嫌いを克服させる三つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る