片時も離したくない・・・お気に入りのぬいぐるみの衛生状態と洗い方

ぬいぐるみ

腰座りが始まるあたりから、赤ちゃんはおもちゃを使って少しずつ一人遊びを始めます。早い赤ちゃんだと「お気に入り」のおもちゃが出てきて、引きずり回したり噛んだり舐めたりよだれだらけになってもなかなか離してくれないこともあります。ママたちが特に悩むのは、ぬいぐるみのお手入れではないでしょうか。そこで今回は、ぬいぐるみの衛生状態や洗い方をお伝えします。

スポンサーリンク

お気に入りのぬいぐるみ…衛生面が気になる

赤ちゃんの一番のお友達、毎日を共に過ごしてくれる大切なぬいぐるみ。でもその衛生面について不安を持っているママも多いのではないでしょうか。わが子のお気に入りのぬいぐるみが今どのような状態なのかさっそく見てみましょう。

ぬいぐるみは水分を吸収するためカビに注意!

カビの生えたぬいぐるみ…。想像するだけでゾッとしますね。しかし、布製のぬいぐるみは、とくに赤ちゃん用のものだとパイル地など水分を吸収しやすい素材であることが多く、また、内側にも吸湿性のよいワタがパンパンに詰め込まれています。ぬいぐるみは付着した水分をほとんど吸い取ってしまいますので当然カビが発生しやすくなります。

ぬいぐるみはダニの棲み家になりやすい

ダニの糞や死骸はさまざまなアレルギー疾患と密接な関係にあります。しかし、赤ちゃんの大好きなぬいぐるみには、ダニ繁殖に必要な条件が全て揃っているといっても過言ではありません。ダニは60%以上の湿度、25℃以上の温度、食べこぼしやフケ、皮膚組織などのエサ、ダニの家になる隙間のある布地を好みます。赤ちゃんのぬいぐるみにはほぼ100%ダニがすんでいます。

ぬいぐるみに付着した細菌やウイルスで感染症

いつも仲良しお出かけも一緒に、という赤ちゃんの大好きなぬいぐるみには、外出先などで細菌やウイルスが付着する可能性があります。また、ぬいぐるみに付着した細菌やウイルスは、すぐに死滅せずに生きたまま残っていることがあり、ぬいぐるみを介して家族間で感染が広がってしまうこともあります。ぬいぐるみにはこまめなケアが不可欠です。

合わせて読みたい

哺乳瓶の消毒はどこまでやればよいの?簡単な消毒方法を知りたい!
粉ミルクを使って育児をしているママにとって、哺乳瓶の消毒って面倒ですよね。しかし、衛生面からみて哺乳瓶をキレイに保つための消毒は必要不可欠。それに、消毒前の哺乳瓶洗浄も消毒を面倒と感じさせているポイントです。そこで、哺乳瓶洗浄に欠かせない必須アイテムと、手軽にできる哺乳瓶の消毒のコツ、グッズ...

注意したいぬいぐるみお手入れのポイント

赤ちゃんのお気に入りのおもちゃが色落ちしたり壊れてしまったりしては大変なので、ぬいぐるみの手入れをする際には気をつけなければならないポイントがあります。上手に手入れをしてぬいぐるみを長持ちさせましょう。

ぬいぐるみを丸洗いできるか確認しましょう

最近は丸洗いできるぬいぐるみが多く販売されています。しかし、ほとんどのぬいぐるみには洗濯に関して表示がありません。ウールや革製品のぬいぐるみ、中綿にビーズなどを使っているぬいぐるみは丸洗いできません。また、大きすぎるぬいぐるみは中まで乾かすことが難しくカビが生えやすくなります。電池式など機械が内臓されたぬいぐるみ、色落ちしやすいぬいぐるみは家庭で洗うとトラブルになりやすいので専門のクリーニング店にお願いしましょう。

高温でダニを定期的に除去しましょう

ぬいぐるみを繰り返し水洗いすると、どうしても生地が傷んでしまいます。汚れが特に気にならない程度ならダニ退治だけ行いましょう。ダニは乾燥に弱く、また50℃以上の高温で死滅します。布団乾燥機にかける、またお天気が良ければ黒いゴミ袋にぬいぐるみを入れ、よく日の当たる場所に2時間以上放置すると多くが死滅します。熱を加えたあと掃除機で吸い取ってダニの死骸を取り除きましょう。

お手入れは赤ちゃんが寝ている時がベスト!

お手入れ方法は分かっていても、赤ちゃんがぬいぐるみを片時も放さないので、適切なケアができないこともありますね。やはり赤ちゃんが寝ているうちにやってしまうのがベストです。お昼寝の時も放さない、という場合は熟睡したところでソーッと抜き出し、お手入れしてお昼寝明けのちょっと前に戻しておきましょう。また、お天気がよい日はお外遊びの前に、ベランダや庭に干して出かける習慣をつけておくとある程度衛生的に保つことができます。

合わせて読みたい

はいはいができるなら要注意!家の中の赤ちゃん安全グッズはコレ!
ゴロンと寝ているだけの赤ちゃんの頃は、ミルクをあげたりおむつを替えたりするだけでOKでしたが、はいはいが始まると親はたいへん!赤ちゃんの行動範囲が広がると、家の中が危険だらけなことに気が付きます。赤ちゃんのために、安全対策をとることが必要です!そこで、便利な安全グッズをご紹介したいと思います。様...

こまめなお手入れでぬいぐるみを衛生的に

では、具体的にどのようにお気に入りのぬいぐるみのお手入れをすれば良いのでしょうか。ここでは簡単にできる日常的なお手入れと週に1回くらい行うと効果的なお手入れ、月に1回はやっておきたい丸洗いの方法をご紹介します。

簡単にできる日々のお手入れ方法

赤ちゃんのお気に入りにぬいぐるみ、毎日丸洗いは無理ですよね。生地も傷んでしまいますし、赤ちゃんがぬいぐるみと遊ぶ時間がなくなってしまいます。日々のお手入れでは、掃除機で表面をサーッと撫でるように吸い取りダニの糞や死骸を除去しましょう。そのあとお天気の良い日なら短時間でも天日干しをすることで、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。

週に1回は汚れやシミなどを部分洗い

ぬいぐるみに部分的に汚れがついてしまった場合、使い古しの歯ブラシに石鹸水を少量付けてこすり、乾いた布で拭き取る、ということを数回繰り返せばきれいに落ちます。ドライヤーで乾かせばすぐに赤ちゃんはぬいぐるみと遊べます。水洗いできないぬいぐるみは、大きめのポリ袋に重曹半カップ~1カップとぬいぐるみを入れ、口を縛ってフリフリします。30分放置したあと重曹を掃除機かブラシを使ってきれいにおとすと汚れがきれいに落ちます。

月に1回は丁寧に丸洗いしましょう

縮みや型崩れを回避したければ洗濯機ではなく手洗いが一番です。洗い桶やベビーバスにお湯をはり洗剤を溶かします。静かに押し洗い→きれいな水ですすぐ、を2~3回繰り返し洗濯機で軽く脱水します。脱水する時はぬいぐるみをバスタオルにくるんでネットに入れると型崩れしにくくなります。陰干しで中まで完全に乾かしましょう。大きめのぬいぐるみでは数日かかることもありますので天気予報を確認し晴天が続く時に取りかかりましょう。

おわりに

育児だけでも大変な日々、ぬいぐるみまで…と思いますよね。しかし赤ちゃんの一番身近にあるぬいぐるみ、やはり衛生面には出来る範囲で配慮してあげたいですね。お手入れを繰り返したぬいぐるみは、赤ちゃんだけでなくママにとっても大切な思い出になりますよ。

ピックアップ

さまざまなアレルギー疾患が起こる「アレルギーマーチ」の予防策は?
アレルギーは非常につらいものです。アレルギーを患うと、日常生活でさまざまな制限が出ますし、場合によっては命の危険にまで話が及びます。そしてそのアレルギーが、さらに輪をかけてひどい形で現れるものがあります。それが「アレルギーマーチ」です。 アレルギーマーチとアレルギー アレルギーマ...
1歳の子を上手に寝かしつける3つの方法
1歳という年齢は、自意識の目覚めや身体の発達が起こってくる子どもの発育の大切な時期で、充分な睡眠が必要です。しかし、子どもがなかなか寝ようとしないという悩みを持つ保護者の方も多いようです。 1歳児をスムーズに眠らせるためには、発育段階の特徴をふまえた寝かしつけの対策が必要です。上手に寝かしつけ...
1歳でも指しゃぶりが止まらない!上手な4つのやめさせ方
幼少期の問題として挙げられる「指しゃぶり」。早めにやめられる子もいれば、小学生になっても癖になってしまっていてやめられない子もいます。1歳になるまでは成長過程で必要な行動ですから問題ないですが、2歳3歳になってもやめられない場合には習慣化して癖になってしまうことも考えられます。 今回は癖になる...
8歳の甘えん坊娘と2歳イヤイヤ息子のママです。読書と野外フェスとクライミングが好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
片時も離したくない・・・お気に入りのぬいぐるみの衛生状態と洗い方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る