フードプロセッサー、シリコンスチーマーなど…お弁当ママに贈る最強時短キッチングッズまとめ

スポンサーリンク

キッチングッズ

朝は、子どもの身支度や朝ごはんの支度、家事や洗濯などやることが盛りだくさんのママ。それにお弁当作りも、となると本当に大変です。ママの愛情のこもったお弁当は子どもが喜んでくれるので作りがいがあります。だけど、なるべく時短で見栄えのいいものを作りたいですよね。そんなときに活躍してくれる時短キッチングッズをご紹介します。

下ごしらえはフードプロセッサーにおまかせ

フードプロセッサーは、みじん切りなど一瞬で終わらせてくれる時短の優れもの。美容や健康のためにスムージー作りに使っているという方もいるのではないでしょうか?お弁当作りに取り入れれば、料理の幅も広がるはずです。基本的な使い方とレシピをご紹介します。

時短家電フードプロセッサーとは?

フードプロセッサーは、調理工程の「刻む」「混ぜる」「すりつぶす」をあっという間に終わらせてくれる時短家電です。最近は、「つぶす」「スライス」「こねる」「おろす」などの動作を助けてくれるものもでています。フードプロセッサーは、容器の中で歯が回転する「すえ置きタイプ」と、スティック状の本体の先に歯がついていて回転する「スティックタイプ」があります。

フードプロセッサーの基本的な使い方

すえ置きタイプのフードプロセッサーは、容器に材料を入れてスイッチを押すと、中の歯が回転して食材を細かくしてくれます。一度にたくさん処理したいときにおすすめです。水分の多いものには向きません。一方、ステッィクタイプのフードプロセッサーは、少量を料理したいときにおすすめです。鍋やボールに直接入れて使用するので洗い物が少なくて簡単。水分が多いものに向いていて、刻むのには専用のアタッチメントが必要になります。

フードプロセッサーを使ったレシピ

食材を細かく刻んで混ぜる調理法のレシピなら、フードプロセッサーにおまかせ。材料をフードプロセッサーに入れてボタンを押すだけ。ご紹介するのは食べやすくて子どもが大好きな「ナゲット」です。

材料

  • 玉ねぎ(50g)
  • レンコン(100g)
  • にんじん(40g)
  • 鶏ひき肉(350g)
  • 青じそ(5枚)
  • 塩(小さじ1/2)
  • 片栗粉(大さじ2)

作り方

  1. 玉ねぎ、レンコン(50g)、にんじんをフードプロセッサーにかけて細かくしておきます。
  2. 鶏ひき肉と塩をフードプロセッサーにかけて、粘りがでたら先ほど細かくしておいた野菜を入れてさらにかき混ぜてボールに移します。
  3. 食感を残すために、フードプロセッサーにかけずに包丁で刻んだレンコン(50g)と刻んだ青じそと片栗粉をボールに加えます。
  4. よく混ぜたら丸めて、適量の油で揚げて完成です。

合わせて読みたい

毎日持参は当たり前!心が折れそう、学童でのお弁当作り対策
毎日持参は当たり前!心が折れそう、学童でのお弁当作り対策
夏休みや冬休みに子どもを預かってくれる学童はとても便利ですが、毎日のお弁当作りに心が折れそうになっているママは多いのでは?作る時間も惜し...

チンして出来上がり!シリコンスチーマー

熱を加えたいときにはシリコンスシーマーにおまかせ。あっという間に調理ができてしまいます。鍋でゆでると時間がかかっていたものも数分で柔らかくなります。フライパンで焼いていて、うっかり焦がしてしまった!ということもなくなりますね。

時短グッズのシリコンスチーマーとは?

シリコンスチーマーとは、シリコンでできた容器に食材を入れて、電子レンジ調理をするグッズです。調理をしてそのまま保存もできるので、前の日に調理をしておいてそのまま冷蔵庫に入れ、朝にお弁当箱に詰めるという使い方もできます。フライパンや鍋がいらず、洗い物が少なくなり、水道・ガスなど光熱費の節約にもなりますよ。

シリコンスチーマーの基本的な使い方

シリコンスチーマーに食材を入れて、電子レンジで過熱するだけです。ジャガイモなど野菜をゆでたいときなど下ごしらえにも使えますし、材料を全てシリコンスチーマーに入れて過熱をして1品完成という使い方もできます。水溶性のビタミンなどの栄養素が流れるのを抑えられるので、時短というだけでなく栄養面でもメリットのある調理器です。

シリコンスチーマーを使ったレシピ

煮込むのに時間がかかっていた「肉じゃが」もシリコンスチーマーなら加熱時間が短縮できます。

材料

  • ジャガイモ(200g)
  • にんじん(60g)
  • 玉ねぎ(80g)
  • 豚肉(60g)
  • だしの素(小さじ1/2)
  • 酒(大さじ2)
  • しょうゆ(大さじ1/2)
  • さとう(大さじ1と1/2)
  • めんつゆ3倍濃縮(大さじ1)

作り方

  1. 食材全てと、調味料を入れて電子レンジで5分過熱します。
  2. 一度全体を混ぜ合わせてさらに5分加熱して完成です。

加熱時間は、量と具材の大きさにもよりますので、使用するものに合わせて調節してください。過熱の途中で食材と調味料を混ぜ合わせるとムラにならずうまくできます。

合わせて読みたい

働くママは時間がない!どこで買い物するのが一番楽?宅配?週末まとめ買い?外食?
働くママは時間がない!どこで買い物するのが一番楽?宅配?週末まとめ買い?外食?
働くママは子育てに仕事にと毎日があっという間に過ぎていってしまいます。働くママは分単位で動かなければいけませんよね。そんな中、どうし...
3歳と1歳の男の子のママです。美容とハンドメイドが好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
フードプロセッサー、シリコンスチーマーなど…お弁当ママに贈る最強時短キッチングッズまとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る