登下校中に地震が起こったときの最善な行動

登下校中の地震
大きな地震が日本各地で発生しています。地震はいつどこで起こるかわかりません。特に子どもが入学すると、一人行動の時間が増えるため親は心配です。今回は、子どもの登下校中に地震が起こったときにとるべき行動とその準備についてお話しします。

登下校中に地震が起こるとこわい理由

小学校の下校
登下校中に地震が起こったときには、学校や自宅のように最善な行動を指示してくれる大人が隣にいません。また、登下校中は想定外のことも多く、建物内とは違ったこわさがあるのです。まずは、登下校中の地震のこわさがどこにあるのかを考えてみましょう。

頼れる大人がそばにいないため不安になる

地震が起こると大人でも誰かに頼りたくなるものです。子どもならなおさらでしょう。しかし、登下校中に地震が起きたときには周囲に大人はいません。特に下校中は一人で歩いている子どもも多く、冷静ではいられなくなってしまうかもしれません。何かが起きたとき、一番こわいことはパニックなってしまうことです。登下校中の地震には、パニックを起こすこわさがあります。

最善な行動を子どもが判断しなくてはならない

学校にいるときに地震が起これば、先生の指示に従い、避難訓練通りの行動をとることができます。自宅で地震が起きたときでも、事前に教えておけばテーブルの下にもぐることができるでしょう。しかし、登下校中の地震は、起きてみなくては周りに何があるのかわかりません。そのときその場で最善な行動を子どもが瞬時に考えなくてはならないのです。登下校中の地震には、子どもの判断力によっては間違って行動をしてしまうこわさがあります。

地震にあう場所が特定できない

地震が起こったときの最善な行動は、場所によって違います。学校や自宅ならば机の下に避難したりと、とるべき行動がわかりやすいです。しかし、登下校中は通学路のすべてが地震にあう可能性のある場所になります。一歩手前まではブロック塀の危険があり、一歩進めば看板落下の危険があるという通学路もあるのです。登下校中の地震には、範囲が広すぎて、対策がとりづらいこわさがあります。

合わせて読みたい

もし大地震が起きたら?家族と話し合っておきたい「災害シミュレーション」
もし大地震が起きたら?家族と話し合っておきたい「災害シミュレーション」
世界的にも「地震大国」として有名な日本ですが、近年では2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震など、大きな被害を及ぼす震災が相次ぎ...

地震がくる前にできる「最善な行動」の準備

イメージトレーニング
登下校中の地震に限らず、地震や災害が起きたときに最善な行動をとるためには、事前の準備が大切でしょう。ここからは、登下校中の地震に備えてできる準備についてお話しします。

通学路の危険な場所をみつけて対処する

通学路は、できるだけ安全な場所を通るように考えられてはいますが、危険がゼロではありません。大人が前もって通学路にある危険を取り除いておけば、登下校中に地震が起こったときの危険も減らすことができるのです。通学路にある危険箇所は、みつけてもすぐに対処できないこともあります。自治体や教育機関に掛け合い、改善されるまでに時間がかかることもあります。危険な場所をみつけたら、すぐに行動に移し、少しでも早い対処を目指しましょう。

イメージトレーニングをして心の準備をする

子どもは「登下校中に地震は起きない」と思っているかもしれません。想定外のことが起こると、人はパニックになってしまうものです。親子で通学路を歩くときには「ここで地震が起きたら自転車が倒れてくるかもしれないね」と、恐怖をあおらない言葉を使ってイメージトレーニングをしてみるといいでしょう。「これは今にも落ちそうだ」「ぶつかったら終わりだ」のような恐怖をあおる言葉は、逆に恐怖心を持たせるだけです。危険と対処方法はセットにして伝えましょう。イメージトレーニングを繰り返すことで、とっさのときの判断力がついてくるのではないでしょうか。

最初にとるべき行動をひとつに絞って教える

いざ地震がきたとき、避難訓練通りの行動をすべて完璧にできるとは限りません。子どもは「地震かな」と様子をみたり、体が固まってしまったりして、ほとんど動けないこともあるのです。しかし最初の一歩が踏み出せると、その後は冷静さを徐々に取り戻せることがあります。「ここでは反対側に逃げる」「ここではしゃがむ」と通学路のポイントごとにとるべき行動を指示したくなりますが、いざというときには頭が真っ白になるものです。登下校中に地震が起こったときには、冷静さを取り戻すためにも、共通して最初にとるべき行動をひとつに絞って教えておく方が効率的なのかもしれません。

合わせて読みたい

電車通学の子どもは心配!突然の災害のとき家族との連絡方法はどうすればいいのか?
電車通学の子どもは心配!突然の災害のとき家族との連絡方法はどうすればいいのか?
電車通学をしている子どもをもつパパママにとって登下校中の災害はとても心配ですよね。いざというときに慌てないために、連絡方法などの確認...
「子どもの生きる力を引き出す!」をモットーにして、小学生二人の子育てをしています。現在は、30代後半になりましたが、武蔵野美術大学在学中から物書きを開始しました。職歴は、大学卒業後に会社員として働き、結婚を機に退職しました。現在はフリーランスのライターをしています。保持資格は、簿記3級と秘書検定2級と英検2級です。趣味は「資格の勉強」で、現在は保育士資格取得を目指して勉強をしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る