チャイルドマインダーとベビーシッター、保育士との違いは?

スポンサーリンク

チャイルドマインダーとベビーシッター

ベビーシッターや保育士は聞きなれた言葉ですが、現在の日本は保育施設への入所が困難にある地域もあり、少人数体制で行われる家庭的保育「チャイルドマインダー」にも注目が集まってきています。そこで今回は、チャイルドマインダー、ベビーシッター、保育士の違いやそれらの概要についてまとめました。保育について興味のある方は参考にしてみてくださいね。

保育士さんの愛称は保母さんだった!

0〜6歳までの乳幼児を保育するために必要とされる保育士資格を持つ方のことを「保育士」といいます。1999年に児童福法が改正されるまでは”保母資格”という名称だったため「保母さん」という呼び名が一般的でしたが、男性の保母資格取得者も増加し、現在の「保育士資格」へと変更されました。

保育士の資格は幅広く活かすことができる

保育士資格は保育園の仕事のみならず、保育士を配置する義務のなされている乳児院や児童養護施設、障害施設など、様々な職場で働くことができるのです。さらに、児童館、学童クラブ、病院などで勤務をする際に資格を必要とされるケースもあります。保育士資格は幅広いジャンルに活かせることができ、平成15年度には国家資格と定められたことも魅力ですね。

保育士の仕事内容は?卒園は感動的!

保育士には子どもをただ預かるというだけではなく、生活習慣の基礎を身につけさせながら安全の確保も行い、様々な”学び”を教える役割もあるのです。責任感はもちろん、イヤイヤ期を迎えた子への対応をしたり、子ども同士の喧嘩も仲裁したりと、寛容な心と根気がいる仕事ではありますが、成長を見届けて卒園させるということは非常に感動的でやりがいのある仕事ですね。

ニーズが非常に高い業界でもある

女性の社会進出に伴い、保育園に子どもを預ける家庭は増加傾向にあります。これにより、保育時間の延長や24時間保育、休日保育に対応する保育施設も多くあるのです。また最近では、「保育時間の際に幼児教育も行って欲しい」といった保育内容にも保護者の意見があるなど、多様化するニーズに応えられる保育施設の増加や高いスキルを持つ保育士が求められています

合わせて読みたい

2015年に改正された「子ども・子育て支援新制度」を徹底解説!
2015年に改正された「子ども・子育て支援新制度」について関心はあるものの、詳しいことまでは分からないママも多いのではないでしょうか。自...

ベビーシッターって何をするの?

個人の自宅や民間における託児所、企業やイベント会場にて子どものお世話をする人のことをベビーシッターといいます。対象年齢は6ヶ月〜12歳までです。正社員として就職する方もいる中、派遣会社に登録して仕事を行う方が増加傾向にあります。

ベビーシッターの役割は”親代わり”

ベビーシッターの根本的な役割は”親代わり”となってお世話をすることです。子どもと一緒に遊ぶことはもちろん、トイレ・食事・お風呂のお手伝いや本の読み聞かせ、勉強のサポートなどが主な仕事内容です。保護者がなんらかの事情で子どもの面倒を見られない時に依頼するため、保育園の送迎なども併せて行うこともあります。

家事代行サービスや家庭教師になることも

ベビーシッターの依頼内容は各家庭によって様々です。上記に挙げた以外にも、出産直後や病気等によって体が動かせない状況にある方のために日用品や食材の買い物を行くなど、掃除や洗い物など家事の代行サービスを併せて行う方も多くいます。さらに、専門知識のある方は英語やピアノといった家庭教師の役割を引き受けることもありますよ。

病児保育・障害児保育を専門とするベビーシッター

熱が出やすいなどといった病気がちな子どもや、病み上がりの子どもなど、保育園や学校をお休みしなければならない子どもの保育を家庭において行うベビーシッターの方もいます。また、障害を持つ子どものお世話を行う専門のベビーシッターもいるのです。これらは専門知識が必要とされるため、保育士資格、看護師免許の取得者が求められます。

合わせて読みたい

自治体によって大きく対応が違う病児保育や病後児保育の対策!あなたの住んでる自治体は?
仕事を持つママ、つまりは共働き家庭にとって、子どもの病気は本当に困りますね。しかも、どうしても出席しなければならない会議や、外せない打ち...

チャイルドマインダーの歴史は深い!

チャイルドマインダーは、英国において100年以上もの歴史があり、家庭外での保育を必要としている家庭の約71%が利用しているのです。また、”国家職業基準資格”としても認定を受けている、英国発祥の職業となります。

チャイルドマインダーって何をするの?

チャイルドマインダーとは、少人数の子どもを預かって家庭的な保育をするスペシャリストのことをいいます。1人のチャイルドマインダーに対し1〜3人の子どもを保育することができ、主に預かる年齢は0〜12歳です。チャイルドマインダーの資格を取得後は、施設勤務のみならず”自宅で開業して独立する”ことも可能なのです。

チャイルドマインダーになるには

チャイルドマインダーは”民間の認定資格”です。資格の認定を行ってくれる団体は全国に多く存在し、通学制や通信制などで講座を受講・修了し、認定試験を合格すると資格を取得することができます。チャイルドマインダーの基本から、年齢別に沿った保育における要点や健康・安全面に関する知識はもちろん、開業時のビジネスプランといったことを講座で学ぶことができます。

チャイルドマインダーの資格はどう活かせるの?

チャイルドマインダーは、在宅型・訪問型といった形式をとって開業することが可能で、ライフスタイルに沿って資格を活用することができます。最近では、保育士や幼稚園・小学校教論、さらに看護師資格を保有している方がスキルアップを図るために家庭保育の知識や技術を学ぶことも多く、その後チャイルドマインダーへ転身している方もいるのです。

おわりに

それぞれの概要についてまとめてみましたが、いかがでしたか?どの資格も保育を行うという面では同じ仕事内容となりますが、資格の活かし方や併せ方によって働き方は様々です。気になる資格があった方は是非調べてみてくださいね。

ピックアップ

日本よりもロンドンの方が子育てしやすい?宇多田ヒカルがロンドンを選んだ理由
宇多田ヒカルさんが、出産してから子育てを日本ではなく、ロンドンでしていることが話題になっています。日本と違い、ロンドンの方が子どもを...
働くママの救世主!病気の子どもを預かってくれる「病児保育」とは?
働くママにとって、子どもの病気ほど困るものはありません。近くに預かってくれる親戚・知人などがいればそれほど心強いものはありませんが、頼るとこ...
産後クタクタのママさんのお助け役!産後ヘルパーってどんなサービス?
産褥期(出産後6~8週間の間)は、出産でダメージを受けたママの体が元に戻るためにとても大切な時期。家事はできる限り周りの人に頼って、...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
チャイルドマインダーとベビーシッター、保育士との違いは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る