良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんをおしゃぶり依存にしないための6つの方法

おしゃぶりをする赤ちゃん

赤ちゃんがグズったときや、寝かし付けのときに便利なおしゃぶり。最近ではファッションとして安易に使い始めるママもいるようですが、抵抗を感じるママも多いのではないでしょうか?おしゃぶりは忙しいママを助けてくれるアイテムですが、使わなければいけない訳ではありません。今回は赤ちゃんをおしゃぶり依存にしないための、上手な使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

おしゃぶりと上手に付き合うために

ママの体が辛いときや、どうしても泣いていては困るときなどに、おしゃぶりの力を借りて上手にやり過ごすことは、決して悪いことではありません。まずはおしゃぶりのメリットやデメリット、使い方をきちんと理解しましょう。

おしゃぶりのこんなところが魅力

おしゃぶりのメリットとして、舌や顎の発達を助けることや、赤ちゃんのストレスが減って精神が安定すること、泣き止ませるのが簡単になること、寝かし付けるのが楽になること、ママの育児に対するストレスが減ることなどが挙げられます。また「鼻呼吸が身に付く」という理由で、おしゃぶりを使っているママも多いようです。

おしゃぶりのこんなところが不安

おしゃぶりのデメリットとしてママが不安に感じていることには、噛み合わせや歯並びが悪くなることや、赤ちゃんが言葉を発する機会が減ること、物を口に入れての確認ができないこと、要求をしなくなること、ママとコミュニケーション不足になりがちなこと、などが挙げられます。しかしママが一番気になるのは、赤ちゃんの歯並びとおしゃぶり依存であるようです。

おしゃぶりの本当のところはどうなの?

メリットとして「鼻呼吸」が挙げられていますが、もともと赤ちゃんは鼻呼吸なのです。風邪やアレルギーなどで鼻が長く詰まることによって口呼吸になってしまうので、赤ちゃんの鼻が詰まったと感じるときは早めに対処しましょう。デメリットである歯並びに関しては、極端に長時間の使用でない限り、それほど不安に思わなくてもよさそうです。

合わせて読みたい

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...

おしゃぶり依存にしないためのポイント

使わない方がいいのでは?と思われがちなおしゃぶりですが、上手に使えばママも赤ちゃんも心穏やかに過ごせる、とても便利なアイテムであることに変わりありません。心配されるおしゃぶり依存にならないための方法をいくつか挙げていきましょう。

1.生後6ヶ月までなら積極的に与えて

生後6ヶ月くらいまでは、おしゃぶりをいつでも与えて大丈夫です。この時期は赤ちゃんの落ち着いた精神状態を保つことを優先させてあげたいものです。さらに母乳やミルクからもたっぷりと栄養を摂り、体がつくられていきます。ミルクを飲ませたすぐ後に赤ちゃんがグズっているようなときは、おしゃぶりをくわえさせてあげるといいでしょう。

2.泣いているからおしゃぶり、なのではない

赤ちゃんが泣く理由は、お腹が空いているから?ストレスを感じているから?必ずしもそうとは限りません。パパやママに抱っこしてもらいたい、構ってもらいたいと思っている可能性も。泣いたらすぐにおしゃぶりを与えることで、赤ちゃんが情緒不安定になってしまわないように、まずは赤ちゃんと向き合うことが大事です。抱っこしてあやしてあげましょう。

3.おしゃぶりの使用時間に注意する

あまりにも長い時間おしゃぶりをくわえ続けることは、口腔内に影響が出る可能性があります。ママたちが気にする赤ちゃんの歯並び、噛み合わせが悪くなるということです。弱い力でも長い時間かけ続けると、口腔内の骨は変形するといわれています。眠ってしまった赤ちゃんの口からは、必ずおしゃぶりを外してあげましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんの夜泣きやグズりもこれで解消!人気の歯固め6選
赤ちゃんが夜泣きするようになると、ママは夜中に起こされて大変です。それなのに、起きてからもグズるから寝不足で疲れがたまりぎみに…。そのグズグズの原因は、もしかしたら歯ぐきのむずがゆさかもしれませんよ。とは言っても、歯ぐきが原因で赤ちゃんが泣いているかどうかはわかりません。そんな時には、歯固め...
12歳サッカー小僧とうさぎ×2とハムスター×1のママです。毎日もふもふ癒されています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんをおしゃぶり依存にしないための6つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る