電車で赤ちゃんが泣き止まない時にできる六つの対策法

スポンサーリンク

電車に乗るお母さんと赤ちゃん

赤ちゃんを連れてバスや電車でお出掛けをするとき、ママが一番心配になってしまうのは、電車の中でぐずって泣かれたらどうしようということではないでしょうか。電車の狭い空間で赤ちゃんに泣かれてしまうと、周りの視線が気になり、ママが焦ったりイライラしたりすることで、余計に赤ちゃんが大泣きしてしまうという悪循環にもなりかねません。そのような時に困らないよう、ここでは電車の中で赤ちゃんが泣き出してしまい、なかなか泣きやまない時の対処法をご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんがなぜ泣いているかを考えましょう

赤ちゃんは泣くのが仕事とはよく言いますが、赤ちゃんにだって泣くのには何かしらの理由があります。どうして泣いているのかを考えてあげて、その理由によって対処法を変えていけば、赤ちゃんも泣きやんでくれるはずです。そこでまず、泣く原因となるものを考え、理解してあげるようにしましょう。

周りの環境の変化に驚いて泣いてしまう

赤ちゃんは、周囲の環境の変化をとても敏感に感じ取ります。ですので、電車の中で泣いてしまう理由のひとつとして、電車の見慣れない風景や音に驚いて泣いてしまうという原因が考えられます。人見知りはよく聞くと思いますが、赤ちゃんは場所見知りもします。やはり、自宅などの安心できる場所が一番好きということですね。ですので、赤ちゃんが安心できるように、ママがイライラしたり焦ったりせず、ゆっくりと目をみて「大丈夫だよ」と話しかけてあげるようにするとよいでしょう。

おなかがすいている、またはのどが渇いている

赤ちゃんは、泣くことでおなかがすいていたり、のどが渇いたりしているのをママに伝えようとしますので、泣く理由として、空腹であるという原因が考えられます。赤ちゃんの空腹のサインは、特に口を良くみると分かることがあります。くちびるに少し触れると、ミルクを飲むときのように口をつぼませて動かしたり、吸うしぐさを見せたりします。こうした赤ちゃんの空腹のサインを日頃から見て取ってあげているといざという時に困りません。

電車の中が暑かったり寒かったりする

赤ちゃんは、体温の調節がまだ上手にできないため、外気温の変化と一緒に体温も変化してしまいます。ですので、ママがよく注意してあげることが必要です。電車の中は、大人でも、冬は暖房が効きすぎていて暑いと感じたり、夏は冷房が効きすぎていて寒いと感じたりすることがありますよね。ですから、赤ちゃんは、暑かったり寒かったりと、温度が不快で泣いているのかも知れません。赤ちゃんの手や足を触ってみて、冷たくなっていたり熱くなっていたりしないか確かめてあげるようにしましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんがなかなか泣きやまない!考えられる原因と効果的な対処法
赤ちゃんがなかなか泣きやまない!考えられる原因と効果的な対処法
昨日までは抱っこしてあげるとピタっと泣きやんでいた赤ちゃん。それがある日突然、抱っこでも泣きやまない、となったらどこか具合が悪いのじ...

赤ちゃんが電車の中で泣きやまない時は

赤ちゃんが泣く原因としては上に書いたような理由があげられますが、ここでは、泣きやまない時のための具体的な対処方法についてお伝えしていきたいと思います。電車に乗る前から、泣いたときのための準備をしておけば、赤ちゃんとのお出掛けを安心して楽しむことができますよ。

その1:おやつや飲み物などを用意しておく

おなかが空いていたり、のどが渇いていたりして泣いてしまうときのために、常におかしや飲み物を用意しておくとよいでしょう。しかしこの場合、公共の乗り物の中で飲食物をあげるという点で少し配慮が必要です。車内での飲食はマナー違反との意見もありますので、おやつであれば小分けにして袋や保存容器に入れておき、一口で食べられるようにしておくとよいでしょう。

その2:絵本やおもちゃなどを用意しておく

お気に入りのおもちゃや絵本であやしてあげれば、泣いていた赤ちゃんも泣きやんで遊んでくれるかもしれません。抱っこひもやベビーカーにぶら下げておけるようなおもちゃや絵本があると安心ですね。絵本の中には、フェルトでできていて、面ファスナー(いわゆるマジックテープ)でさまざまなパーツを貼ったり付けたりして遊べる仕掛け絵本があり、パーツはひもでつながれていて落とす心配もありませんし、繰り返し楽しめるようになっているので便利です。いざという時のために、お気に入りのおもちゃや絵本を一緒に選んでおくとよいでしょう。

その3:抱っこをして赤ちゃんを安心させてあげる

現在は、バスでも電車でも、ベビーカーのまま乗車してOKになっていますよね。しかし、赤ちゃんはパパやママの顔が見えなくなると不安に感じてしまいますし、電車の環境や音に敏感に反応して泣き出してしまうことがあります。そうしたときには、ベビーカーから降ろして抱っこしてあげましょう。安心して泣きやんだり、ほっとしてそのまま寝てしまったりすることもあります。手を握ってあげて、顔の表情をかえて遊ぶなどしてあやしてあげるとよいですね。

合わせて読みたい

ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える
ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える
赤ちゃんのお出掛けや買い物時に大活躍のベビーカー。重い荷物を持つことになる外出時にはとてもありがたい存在ですね。そんなベビーカーです...
小学生と中学生の女の子2人を持つママです。娘が成長するにつれ、女子トークに花が咲き楽しい毎日を送っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
電車で赤ちゃんが泣き止まない時にできる六つの対策法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る