赤ちゃんがなかなか泣きやまない!考えられる原因と効果的な対処法

赤ちゃんが中々泣き止まない!考えられる原因と効果的な対処法

昨日までは抱っこしてあげるとピタっと泣きやんでいた赤ちゃん。それがある日突然、抱っこでも泣きやまない、となったらどこか具合が悪いのじゃないかと心配になりますよね。でもそれは、赤ちゃんが自分の欲求を泣いて表現できるようになったのだと考えられます。赤ちゃんをよく観察して泣いている原因とその対処法をみつけましょう!

そんなに眠たいのなら寝なさい!

寝ている赤ちゃん

眠たかったら寝たらいいのに、と思いますよね。でも赤ちゃんは眠たかったら泣きます。泣かずに寝なさい、と思うのですが、なかなか寝てくれません。私の経験の中では、なかなか泣きやまない原因のトップは眠たいときだったように思います。

抱っこでも寝ない・泣きやまないときは抱っこしない?!

赤ちゃんが眠たいとき、抱っこをしても泣きやまないときがありますよね。母乳の場合はおっぱいをあげると、安心してすぐに眠ることもあります。でも、それは赤ちゃんが落ち着いているときだけ。眠るタイミングを逃してしまい、眠くなりすぎたり、興奮していたりすると何をしても泣きやまないときがあります。

抱っこをしていても泣くのなら、いっそ、下に降ろしてしまいましょう!布団の上に下ろすと、まれに泣きやみそのまま眠ることもあります。下に降ろされると降ろされたことがイヤでさらに激しく泣く場合もあります。さらに激しく泣いた場合は、10秒ほど離れて、また抱っこしてあげると、「下に降ろされるよりはマシ」と思うのか、以外と泣きやむこともありますよ。落ち着いたら、そのあとは抱っこで眠るでしょう。

赤ちゃんを包んであたためてあげましょう

寒すぎたり暑すぎたりしても眠りにくい原因になります。どちらかというと、暑すぎて眠らないよりは寒すぎて眠らないことのほうが多いのではないでしょうか?夏でもエアコンがついていると体が冷えていたりします。布団やおくるみで赤ちゃんを包んであたためてあげるとすんなりと眠ってくれることもあります。

ただし、眠りについたら今度は逆にあたためすぎないように注意しましょう。赤ちゃんは体温コントロールが苦手なので、一度眠りにつくと今度は体温が上昇しすぎてしまうことがあります。過度にあたためすぎたり、服を着込ませたりするとSIDS(乳幼児突然死症候群)の危険因子となるのではないかという意見もあります。

気分転換にお散歩に出てみましょう

眠たくてなかなか泣きやまない赤ちゃん。環境を変えると意外とすんなり泣きやむこともあります。ベビーカーや抱っこでお散歩に出てみると、ほかのことに気をとられて泣くことを忘れたりもします。知らない人に話しかけられるようなことがあれば、興味がそっちのほうに移り落ち着いたりもします。

そのまま5分くらいお散歩できれば、気が付いたら眠っているということもあるのではないでしょうか。車があれば、チャイルドシートに乗せてドライブに出掛けると楽に簡単に眠ってくれることもあります。

合わせて読みたい

赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ
赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ
体も脳も未発達な赤ちゃんは、生後2カ月ぐらいから笑うといった意思表示を覚えますが、最初は泣くといった行動しかとれません。泣くことで、...

赤ちゃんが泣くのに理由はないのです

泣き続ける赤ちゃん

赤ちゃんの生理的欲求は全て満たされているのに、泣きやまないこともあります。これは昔から疳(かん)の虫といわれるもので、欧米ではコリックともいわれています。そんなときは何をやっても泣きやみません。

まずは生理的欲求は満たされているかチェック

赤ちゃんの生理的欲求が満たされているか、とは上記の眠たくないかのほかに、オムツが汚れていないか、おなかがすいていないか、おなかにガスがたまっていないか、暑すぎないか、寒すぎないか等です。さっきオムツを替えたばかりでもおしっこが出て気持ち悪くなって泣くこともあります。

赤ちゃんはその日の体調によって、おなかのすき具合も変わってきます。食事やオムツ替えは時間にとらわれずにしてあげましょう。あとは、1カ月までの赤ちゃんは大人の服装+1枚、3カ月までは大人と一緒、3カ月以降は大人−1枚の服が体感的にちょうど良いといわれています。大人が寒いと思っても暑がっていることもあるのです。

生理的欲求が満たされていても泣く場合は

疳の虫、と思ってあきらめることです。疳の虫は2カ月の頃がピークで3カ月から5カ月の頃には少なくなるそうです。お母さんがカッカしてイライラすると赤ちゃんにも伝わったりするものです。赤ちゃんは泣くのが仕事です。泣きやまないと思ってお母さんが難しい顔で赤ちゃんをみているのかもしれません。

試しにニッコリと笑って赤ちゃんをのぞき込むと、赤ちゃんもつられて笑うこともあります。泣きやまないときは、抱っこで思う存分泣かせてあげましょう。

あきらめずに泣きやませたい場合は

思う存分泣かせてあげられたら良いのですが、赤ちゃんが泣いているとやっぱり気になりますよね。泣きやまないのならいろいろと試してみるのもいいかもしれません。赤ちゃんが落ち着く音としてよくあげられるのは、掃除機やドライヤーの音です。おなかの中にいるときの音とよく似ているといわれています。あとは、新聞紙やスーパーのビニール袋をカシャカシャと丸める音、赤ちゃんがおなかの中にいるときに母親が聴いていた音楽を聴くと泣きやみやすいともいわれています。

合わせて読みたい

【医師監修赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法
【医師監修赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法
ママたちの間で「突発もうかかった?」という会話が飛び交うほど、ほとんどの乳児がかかる病気といってよいでしょう。また1歳前後にかかるの...
7歳5歳1歳の3姉妹の母。好きな休日の過ごし方は家族でピクニックです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんがなかなか泣きやまない!考えられる原因と効果的な対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る