【レシピ付き】簡単!大人のメニューから取り分けで作れる離乳食

取り分けできる離乳食
離乳食期のお子さんがいると、毎日の離乳食作りが大変ですね。親の料理とは別に、栄養面も考えながら離乳食を作るのはなかなか手間がかかります。そんなとき、大人のメニューから取り分けで作ることができれば、子どもと親の料理を別で考えたり作ったりする必要がないので、毎日の料理が少し楽になりますね。今回は、大人のメニューから取り分けで作れる離乳食をご紹介します。

スープなら食材が柔らかくなりとっても便利

スープを運ぶ女性
取り分けで作れる離乳食として、手軽に作れるスープがおすすめ。体が温まり、食材も柔らかくなります。スープは家族の人数に応じて少量・多量いずれでも作りやすいうえ、スプーンを使って子どもに食べさせやすいので、離乳食期の子どもと食べるのにぴったりです。

子どもも大好き 鶏つくねのつみれ汁

つみれ汁
つみれはほぐれやすく、子どもにも食べやすいです。

材料(大人2人〜3人+子ども分)

  • 鶏ひき肉 200g
  • 玉ねぎ 1個
  • 長ネギ
  • 塩コショウ 少々
  • しょうゆ(つみれ用) 大さじ1
  • 片栗粉  大さじ2
  • 水(スープ用) 800cc
  • 顆粒(かりゅう)だし  7g
  • しょうゆ(スープ用) 10cc
  • 水(薄める用) 取り分けたスープの倍

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにして塩コショウ、しょうゆ、片栗粉、鶏ひき肉を加え、粘りが出るまで混ぜる。
  2. 鍋に水と顆粒(かりゅう)だし、しょうゆを入れて火にかける。そこに丸めたつみれと長ネギを入れる。
  3. 煮えたら子ども分を別の鍋に入れ、水を加えてスープの味を薄めたらできあがり。

【料理のコツ】
時間があれば沸騰したスープにつみれを入れて余熱で放置しておきましょう。硬くなりにくく、ふんわり仕上がります。

おいしくて体にやさしいポトフ

野菜のポトフ
野菜もしっかり食べられる、親にも子どもにもおいしくて体にやさしいポトフです。

材料(大人1人+子ども2人分)

  • かぶ 中1個
  • にんじん 中1/4本
  • ジャガイモ 中1個
  • ベーコン 適量
  • 玉ねぎ 中1/4個
  • 水 400ml
  • 顆粒(かりゅう)洋風だし 4・5g
  • バター 4g

作り方

  1. かぶとジャガイモは8等分、にんじんは厚さ0・5㎜のいちょう切りにする。
    ベーコンは1㎝幅に切る。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 鍋にバターを熱し、玉ねぎを炒めしんなりしたら、ベーコンを加える。
  3. かぶ・にんじん・ジャガイモを入れて炒め油が回ったら、水と顆粒(かりゅう)洋風だしを加え、
    ふたをして弱火で15分煮たら完成。

【料理のコツ】
顆粒(かりゅう)洋風だしは、化学調味料が入っていないものや塩分が控えめのものを使うと安心です。

合わせて読みたい

【レシピ付き】手づかみ食べができるおかず
【レシピ付き】手づかみ食べができるおかず
子どもが手づかみ食べを始めると、テーブル、床、服が汚れて片付けが大変になりますね。大人にとっては大変な時期ですが、手づかみ食べは発達の上...

つるんと食べられて、取り分け簡単 うどん料理

うどんを食べる赤ちゃん
取り分けで作れる離乳食に便利なのが、うどんを使った料理です。箸で簡単に切りやすく、離乳食の時期に応じて取り分けるうどんの長さを調整できます。子どもにとってもつるんとしていて食べやすいです。うどん料理は野菜やお肉、卵などその他の食材と合わせやすく、離乳食にぴったりです。

野菜もしっかりとれる あんかけうどん

あんかけうどん
どんな野菜にも合う、便利なあんかけうどんです。好きな野菜を入れることができるので、料理の幅も広がります。

材料(大人2人+子ども1人)

  • うどん 2玉
  • お好きな野菜 好きなだけ
  • うどんだし(大人用) 600ml
  • 野菜スープ(赤ちゃん用) 30ml
  • 水溶き片栗粉 大さじ1

作り方

  1. 食べやすい大きさにカットした野菜を、柔らかくなるまでゆでる。
  2. うどんをゆでる。
  3. 赤ちゃん用のうどんスープを作る。
  4. 赤ちゃん分の野菜とうどんを取り出し、あら切りにする。
  5. 水溶き片栗粉を③のスープに入れて、とろみをつける。ここに④を入れて、赤ちゃん分はできあがり。
  6. 大人用のだしを作って残りの水溶き片栗粉を混ぜ、野菜とうどんを入れて 大人分も完成。

【料理のコツ】
赤ちゃん用の野菜とうどんの柔らかさ・大きさは月齢に合わせてください。

食べやすくて栄養満点 納豆クリームうどん

納豆クリームうどん
牛乳やミルクを使うことで納豆の臭みを抑え、食べやすくしたうどんです。栄養満点でやさしい味なので、親子で楽しめます。

材料(1人分)

  • うどん(ゆで麺) 1玉
  • ひきわり納豆 1パック
  • 牛乳または粉ミルク 200cc
  • コンソメ 小さじ2/3
  • 粉チーズ 小さじ2(好みで調節)
  • ミックスベジタブル 100g
  • 舞茸(好みのキノコ) 1/3パック
  • オリーブオイル  小さじ1

作り方

  1. ゆでうどんをレンジで30秒~1分程度、少し温かい程度に温めておく。
    舞茸は柔らかい所を小さめにほぐしておく。
  2. 納豆を軽くほぐしてタレをかけておく。フライパンに油を入れ、
    キッチンペーパーで全体に薄くのばす。
  3. フライパンにミックスベジタブル、舞茸を入れて、中火で焦げないように
    玉ねぎが透明になる程度に火が通るまで炒める。
  4. 弱火にして牛乳とコンソメを加え、ひきわり納豆も加えて混ぜる。
  5. うどんを加えてそのまま弱火で少し煮込む。粉チーズを加えて混ぜ、味を調節する。
    うどんが柔らかくなればできあがり。
  6. 子どもの分は、うどんをキッチンバサミか箸で細かく切る。

合わせて読みたい

離乳食の進みが遅くても大丈夫?よく食べる子になるためにできる三つのこと
離乳食の進みが遅くても大丈夫?よく食べる子になるためにできる三つのこと
「好き嫌いが激しい」「食が細い」など、子どもの食に関する悩みはつきません。元気に大きくなるために、なんでもよく食べる子に育ってほしいと願...
年齢は40代前半。家族構成は夫、娘(8歳)です。企業取材中心のお堅い記事ばかり書いていたライター歴19年の母です。子どもが生まれたのを機に、教育や家計などの記事も書くようになりました。資格保持は中学社会1種・高校地理歴史1種教員免許です。子育てポリシーは「子どもは親が知らない未来を生きる」

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【レシピ付き】簡単!大人のメニューから取り分けで作れる離乳食
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る