ついに認可保育園が入園予約制を導入!待機児童は解消される?

良ければシェアをお願いします。

2人の女性と赤ちゃん

1歳枠での保育園への入園はかなり難しい現状。そのため、働くママたちは枠の確保のために子どもが0歳のうちに職場復帰するケースが多く見られます。
4月の入園でほぼ枠が埋まってしまうため、年度の途中からも1歳からも入園ができない事から、特に早生まれの子にとってはかなり不利なシステムでした。今後、入園予約制が導入となれば、途中入園が可能となり、働くママの期待はかなり高まっています。

スポンサーリンク

認可保育園に「予約制」導入を発表

厚生労働省は、各自治体の認可保育園へ「入園予約制」を促すという発表をしました。これは待機児童を少しでも減らす措置とされています。現状、保育園の1歳児枠はほぼ0歳クラスからの持ち上がりであるため、子供が1歳になるまで仕事を休んでしまうとすでに枠がない状態でした。
入園予約制は「年度途中でも」子どもが1歳になった時点での入園を予約できる仕組み。0歳児で申し込みをしておけるので、子供が1歳まで安心して仕事を休み、その間育児に専念できるというものです。

「激戦!」の1歳児枠 ママたちの悩みの種

都内の一部(品川区)など、全国に先駆けて予約制度を取り入れているところもあります。しかしほとんどの自治体では、取り入れていないところがほとんどなので働くママ達の多くは1歳枠の激戦に悩まされ続けてきました。1歳まではゆっくり子育てしたい、でも0歳のうちに預けてしまわないと1歳から入園できる枠はわずか…という板挟み状態でした。

圧倒的に不利な早生まれの子どもたち

早生まれの場合、4月の時点で月齢が足りず0歳児のクラスにまだ入園できない事も多いので、0歳クラスの年度中か、1歳クラスからしか保育園に入園ができません。しかし、クラスへの途中からの入園は難しく、さらに1歳クラスは0歳からの持ち上がりでほぼ決定済み、残数はわずか…。「早生まれで産むんじゃなかった」と後悔するママが多かったのです。

定員は0歳枠でほぼ終了という現状

0~2歳児は、まだ幼稚園への入園ができない年齢のため、毎年大変な激戦になる地域が多いです。応募枠の大きい0歳枠での入園ができないと、その後の途中入園はかなり厳しい状況。「1歳までは自宅で自分の手で育てたい」と思っても、保育園の枠の確保のために泣く泣く育休を切り上げざるをえなくなる家庭も多いのです。

合わせて読みたい

認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い
小学校に入る前の子どもを育てながら、夫婦ともに仕事を続ける場合には、保育園に子どもを預けることになります。保育園には、「認可保育園」や「認可外保育所」の他に、「認証保育園」などがありますが、具体的な違いが分からないという方も少なくありません。今回は認可保育園と認可外保育所と認証保育園について...

入園予約制でどう変わる?保活のこれから

それでは、実際に保育園の予約制が始めると保活はどう変わるのでしょうか。0歳児枠で保育園に入れないと「もう復職できないのでは」という絶望感にさいなまれるママも多いです。自分では解決することのできない不安。「働きたいのに働くことができない」ということは、その後の人生を左右する大きな問題となります。

もう早生まれに悩まない!入園に希望

今までのシステムでは、0歳児の枠が4月の時点で決まってしまっているため、早生まれの子にとってはかなり不公平な仕組みとなっていました。ですが、今後保育園の入園予約制が導入された場合は、年度の途中で入園できる可能性があります。選考に通過さえしていれば、入園は確約されるからです。早生まれの子を産んで損をしたと考えなくてもすむのです。

入園予約制度で解消される仕事復帰への不安

現状、1歳児枠での入園が可能であるかどうかについては、入園直前にならないと決まらないという自治体がほとんどでした。これは働くママたちにとっては非常にやきもきさせられる状況です。保育園への入園が決まらないことには、会社への仕事復帰も確約できないことから、直前まで不安にさいなまれるママたちが多かったのです。

ゆっくり入園準備ができるというメリット

入園が直前で決定していた今までは、入園準備やグッズの作成の時間があまりにも短いという問題もありました。職場復帰のタイミングとも重なるために忙しさは倍増。今後入園予約の制度が今後導入されれば、0歳の時にすでにどこの保育園に入園するかが決定しているので、かなり余裕をもって準備を進められるというメリットもあります。

合わせて読みたい

保育園見学ではココをチェック!失敗しない保育園の選び方
申請・待機登録したからといって、希望通りの時期や園への入園が確約されない、まさに保活氷河期のいま。誰も教えてはくれないけれど、みんなどうやって保育園を選んでいるの?保育園見学ってどんなもの?わが子が長い時間を過ごす場所だから、しっかり見極めてあげたいですよね。そんな想いで取り組んできた、保活...

入園予約制への期待と保育園不足の現状

入園予約制という制度自体は、今まであった多くの問題解決に向けて大きく一歩前進したといえます。しかし、保育園の絶対数が足りないという現実は何も変わっていません。予約制度を導入すると同時に、保育園の増設も行っていかなければ、根本的な問題解決にはならないのです。

入園予約制で期待される早生まれのデメリットの解消

やはり今まで圧倒的に不利であった早生まれの子を持つママたちからは、待ちに待った救済措置であるとの期待の声が高まっています。今までは、早生まれにならないように出産時期を逆算して妊娠を計画する働くママたちも多かったようです。今後、生まれ月による不公平さを感じずに済むというのは大きなメリットとなるでしょう。

保育園と保育士の数が足りていないという現状

入園予約制度への期待が高まる一方、問題もあります。そもそも保育園と保育士が不足しているという現状には変わりはないのです。保育園と保育士を増やすことをまず考えなければ、待機児童の解消という大きな問題はなかなか解消されません。入園予約制度の導入で満足をせず、さらなる改善に向けて進んでいってもらわなければなりません。

職場復帰への不安を解消できる仕組み作りを

認可保育園の入園予約制度。早生まれの子の救済措置や、待機児童解消のための取り組みとしての期待は高まっています。しかし、いまだ実際の運用や仕組み、どのように予約をするのかなど公になっていないことも多いのです。しっかりとした仕組み作りをして、少しでも問題解決に近付く制度としなければ働くママたちの不安はなかなか解消されないことでしょう。

おわりに

長い間、働くママたちの懸念材料であった職場復帰への不安、そして早生まれの子に対する不公平さ。保育園の入園予約制度はこういった問題の解決につながるであろう期待感は高まります。一方、保育園の絶対数の問題など待機児童解消につながる解決しなければならないこともまだ残されています。安心して職場復帰できる運用が待たれます。

ピックアップ

早生まれは保育園に入れない?保活に必要な4つの知識
保活とは、子供を保育園に入れるために保育園を探し、入園させるための活動のことをいいます。最近では、保育園の入所希望者が定員を上回ってしまい、入園できない待機児童が増えています。そのため、入園できなかったり、希望通りの保育園に入れなかったりすることが多く、入園するための保活が重要となります。 ...
待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...
保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。 しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ついに認可保育園が入園予約制を導入!待機児童は解消される?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る