産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説

良ければシェアをお願いします。

うつ

産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。

出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や心の変化に気づきにくく、詳しい症状についてあまり知られていませんでした。しかし、産後うつは放置すると非常に危険な病気です。

ここでは、産後うつの症状や原因、治療法と予防法について詳しくご紹介します。ぜひ産後うつという病気を知り、家族で話すきっかけにしてみてください。

合わせて読みたい

夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは
産後クライシスという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。もともとは2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」の中で取り上げられ、反響をよんだ現象です。 その意味は出産後に夫婦の関係が悪化し、結婚関係が危機に陥ることを指します。以下では産後クライシスの現状と原因をまず分析し、その問題を...

【症状】赤ちゃんの世話に関して起こる心と身体の不調

自分を責める妊婦

産後うつは出産後すぐに発症するものではなく、産後4週間を経過した頃から徐々に症状が現れるといいます。産後3ヶ月~1年程度、育児に慣れてきた頃あたりに症状が回復することもありますが、まれにストレスがストレスを呼んで本当のうつ病になってしまうケースもあります。

産後うつの症状の一例として眠れなくなったり、常に疲労感があったりするなどの身体症状があります。また、訳もなく不安になったりイライラしたり、自分に価値が無くなったかのように感じて悲観的になったりする精神的な症状も見られます。

これらの症状はうつ病と変わりませんが、産後うつは赤ちゃんが原因の不調であると考えてしまうという特徴があります。赤ちゃんの世話が上手くできない自分を責めたり、泣き止まない赤ちゃんに対して怒りがわいたりします。

更に症状が進むと夫や子どもなど家族に対する愛情が薄れ、無関心になったり敵愾心が湧いてきたりすることもあります。自分の感情のコントロールが効かず、泣きわめく赤ちゃんを1日中放置してしまうなど、虐待やネグレクトといった事態に発展しかねません。

【原因】赤ちゃん中心の閉ざされた環境に心と体が疲れてしまう

睡眠不足

産後うつの原因はホルモンバランスの乱れだけではありません。どんなに尽くしても、反応が自分の思う通りにいかない赤ちゃんに24時間付きっきりの環境が大きな原因の一つです。

産まれたばかりの赤ちゃんは2時間毎の授乳が必要です。それは夜中でも関係なく、しかも数ヶ月はその状態が続きます。慢性的な睡眠不足と疲労、自由に外出することもままならない特殊な環境は元気な人でも気持ちが沈んでしまうものです。

特に出産前まで仕事をしていた人は社会から取り残されたような感覚に陥り、孤独にストレスを溜めることとなります。ホルモンバランスの影響で気持ちが不安定になりがちな時期に、先が見えない育児に疲労して精神的にもプレッシャーを感じやすくなります。

また、産後うつは頑張り屋さんで何でも完璧にこなしたいと思う人がなりやすい傾向があります。赤ちゃんは何をしても泣きやまない時もあり、育児が思うように進まない時もあります。そんな時に「自分は育児に向いていない」と自分を責めてしまうことの積み重ねが産後うつの原因に繋がります。

合わせて読みたい

いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...

【治療法】心と体の休息が症状改善につながる!重症になる前に病院へ行く方法も

カウンセリング

産後うつは子どもが成長すると環境が変わるため症状が和らぐ傾向がありますが、治療が必要ないという訳ではありません。症状が重い場合や長引く場合は、迷わず心療内科や精神科を受診するようにしましょう。

病院では症状に応じてカウンセリングや投薬による治療が行われます。産後うつは育児に対する考え方を変えるだけでも症状を改善することができます。そのため、症状が軽ければカウンセリングで悩みや辛さを吐き出し、考え方のヒントをもらうだけでも楽になります。

症状が重い場合や不眠が続く場合は精神安定剤や睡眠薬などの薬が処方されます。授乳中の服用になるため、医師の指示に従って正しく服用するように注意します。

また、軽い産後うつ症状に自分で気付いた場合、病院に行く前に自分で気持ちのリフレッシュを試してみるという方法もあります。育児を1人で抱え込もうとすると症状が悪化するため、時には夫や両親に頼ってみたり、家事の手を抜いたりすることも大切です。たまには自分が楽しむために時間を使う、ママの休日を作ってみる、などの試みもいいでしょう。

頼れる人が近所に居ない時には、幼稚園、保育園の園庭開放や市の支援センターに足を運んでみてください。同じ月齢の子どもをもつママと話したり、スタッフに育児の相談をしたりするだけでも気持ちが楽になることもあります。

【予防】妊娠中から家族で話し合おう!ママが不安や疲れを溜めない環境づくりを

話し合う夫婦

産後うつは赤ちゃんの世話や日々の生活をしている間に、いつの間にか発症していたというケースが最も多いです。産後うつにならないための対策として、できれば妊娠中から大らかな気持ちで過ごすように心がけておくといいでしょう。

家事や育児を完璧にしようと思わず、今日できることも明日に延ばすくらいの気持ちでいるようにします。赤ちゃんと一緒に昼寝をして睡眠時間を確保したり、ちょっとした疑問が不安に変わる前に地域の保健師さんに相談したりする方法もおすすめです。

また、いざという時に助けてもらえる存在になる、夫や両親、友人などとの関係性を築いておくことも大切です。困った時に相談できる人や手伝ってくれる存在が近くにいると心強く、孤独にストレスを溜める状況に陥ることもありません。

できれば産後うつについて夫や家族と話し合い、ママが体を休めることの大切さや産後のサポートについて意思疎通しておきます。そうすることで家事を手抜きする罪悪感も薄まり、自分を追い込むことなく育児ができる環境を整えることができます。

スポンサーリンク

おわりに

産後うつは誰でもかかる可能性がある病気です。一生懸命に赤ちゃんと向き合い、育てようとする責任感が強ければ強いほど発症リスクは高まります。赤ちゃんのために頑張る気持ちを、少しだけ自分に向けてみましょう。赤ちゃんの成長と共に、ママも少しずつ成長していこうという大らかな気持ちが何よりの産後うつ対策になります。

ピックアップ

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
トイレトレーニング
用語トイレトレーニング 読み方といれとれーにんぐ トイレトレーニングは、3歳ぐらいの子供が行うトイレにいかせるためのトレーニングになります。小さい子供は当然おむつをしています。このおむつから普通にトイレに行けるようになるためのトレーニングです。最初のころは子供がトイレに行...
29歳。B型。独身。
妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る