学校欠席させて家族旅行をするのは反対?賛成?

学校を休んで旅行
家族の休みがなかなかあわない、旅行シーズンはどこも混んでいる、といった理由で、子どもに学校を欠席させて家族旅行をするご家庭についてどう思いますか?実際に体験した人、我慢している人、考えたこともない人、それぞれに理由があります。賛否の背景と、子どもへの影響について考察しました。

学校を欠席して旅行へ行くことの是非

空いた机
小学校を欠席させて、子どもを家族旅行に連れて行くことの是非は、ネット上でたびたび議論されています。逆にいえば、リアルで議論するには微妙な話題だということでしょう。ほとんど学校へ行かせず世界中をまわっているという極端なケース以外は、基本的に各家庭の考え方を尊重するというところへおさまっているようです。

反対6割賛成4割という調査

2018年に女性週刊誌がおこなった調査によれば、「学校を欠席して家族旅行」には、反対が約6割、賛成が約4割いました。反対が6割ということで、やや反対の人が多いようですが、細かく見ていけばさまざまな意見があると考えられます。例えば、「行き先や目的による」という意見です。例をあげると「近くの遊園地はダメだけれど、海外旅行や遠隔地の旅行ならよい」とか、「遊ぶだけではダメ。勉強になるならよい」という人は多いでしょう。また、「行く人を否定はしないが、自分たちは行かない」という考えもあります。もちろん「自由にどんどん行った方がよい」という人もいます。それぞれ反対、賛成といっても微妙な温度差があります。もし、周囲の人の意見を聞いてみたいときは、不要なあつれきを避けられるよう、切り出し方に気をつけてください。

現場の先生の反応は「なるべく正直に」

生徒が学校を休んで家族旅行に行くことについて、現場の先生はどう考えているのでしょう。個人的に賛否はあるかもしれませんが、管理責任者としては「なるべく正直に教えてほしい」と考えているようです。先生や学校に内緒で旅行へいって、飛行機の遅延や事故で戻ってこられなくなる、というケースもあり得るからです。事情を知らないと何が起こったかわからず心配ですし、何より子どもにうそをつかせることになります。クラスのなかで、「あいつはズル休みをして旅行にいった」と反感をかっても、先生が事情を知っていれば、うまくとりなすこともできます。旅行の行き先などは個人情報ですし、あまりいいたくない気持ちもわかります。「家の事情で遠出をします」など、簡単な説明でかまいません。

合わせて読みたい

「朝読書」は公立小学校の約8割が行っている!どんな効果があるの?
「朝読書」は公立小学校の約8割が行っている!どんな効果があるの?
「朝読書」は小学校の始業前に行われる、10分程度の自由な読書活動です。本を読まない子どもが増えているといわれるなか、「朝読書」は多くの学...

賛成派と反対派それぞれの理由

賛成か反対
賛成派、反対派、それぞれの意見には理由があります。いくつかの視点から、賛成派、反対派の考え方をまとめました。自分だったらどうするか、ぜひシミュレーションをしてみてください。両親の間でも意見の相違があるかもしれません。子どもの育て方に深くかかわってくる話題です。

賛成派は「体験重視」

賛成派は、子どもの体験を重視して、学校を休むのも仕方がないと許容しています。働き方改革が推進される昨今ですが、働くお父さん、お母さんはなかなかまとまった休みがとれないという方も多いでしょう。そして大型連休やお盆、お正月の時期は旅行代金も高額になります。めったに行けるものではないうえに、学校外でさまざまな体験をすることが子どもたちの学びになります。「学校だけが学びの場所ではない」という考え方を大事にした意見です。そのため、「ただ大型遊園地に行くだけ、というのは…」と行き先や目的によっては悩んでしまうこともあります。

反対派は「学業軽視につながる」

反対派の意見は、子どもが学校に行かなくてもいいと思ってしまうのではないか、という不安感から出ています。学校の授業を休むわけですから、勉強が遅れたり、習っていない部分が出てきたりする恐れがあります。また、いわゆる「ズル休み」を助長し、ルールを守れない、責任感のない子どもになるのではないか、という意見もあります。ただ、子どもが学校を休みたいというときは、背景にいじめや先生との関係、勉強の遅れなどの理由がある場合もあります。親としても丁寧な判断が必要になるため、「学校は行くものだ」と決めておいた方が安全だと感じるかもしれません。
 
合わせて読みたい

どんどん増えていく学校からのプリント・・・賢い整理術
どんどん増えていく学校からのプリント・・・賢い整理術
学校からのプリントは「いつか整理しよう」と思っている間にもどんどん増えていきますね。そして1年が過ぎたころには大量の書類の山が部屋の片隅...
子どもたちも大学生になり、自分の子育てはひと段落。保育士として、地域のコーディネーターとして、子育て支援・子ども支援にかかわっています。ゆる~く子育て楽しみましょう!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
学校欠席させて家族旅行をするのは反対?賛成?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る