妊娠中、夫の飲み会にイライラ!どうしたらいい?

飲み会にイライラ
妊娠中、女性は不自由な生活を強いられます。日々大きくなるおなかを抱えて、体はつらいし精神的にも不安定になりがち。それなのに、夫が飲み会に行ってばかりでは、イライラするのは当たり前ですね。でも、赤ちゃんのために心を穏やかに過ごしたい!こんなイライラをどうにかしたい!という方に、効果的な対処法をご提案します。

夫の飲み会にイライラしない対処法

ビールで乾杯
妊娠中の夫の飲み会にイライラするかどうかは、参加頻度や飲み会の内容、ママの体調にも左右されます。仕事の飲み会もあるとはいえ、週に2~3回は多すぎますね。妊娠も後期に入り、いつ何があってもおかしくないときに出歩かれると不安も倍増です。

イライラの原因を突き止める

夫が飲み会に行くとイライラしてしまうのは、何が原因なのでしょうか。「いつも帰りが遅くて、何かあったらどうしようと不安になる」「自分もたまには外で気分転換したいのに、夫ばかり出掛けてズルい」「妊婦の大変さをわかってもらえず、腹が立つ」など、理由はさまざまあるようです。イライラを感じないようにするためには、まずその原因を突き止めることが大事です。イライラを感じたら、理由を書きだしてリスト化してみてください。すると、「夫にしてほしいこと」が明確になってきます。「こまめに連絡がほしい」「自分も一緒に外食したい」「もっといたわってほしい」など、イライラに隠された自分の本音が見えてきますね。やみくもに「飲み会禁止!」と規制すれば夫は反発するだけです。イライラの原因を突き止めて、建設的な話し合いに持って行ければベストです。

自分もストレス発散の日にする

一人目妊娠中なら、夫が飲み会でいない日は、ひとりで過ごせる貴重な時間です。この際、夫がいたらできない楽しみを満喫してしまいましょう。この日ばかりは食事制限もゆるめにして、おいしいものを食べたり、ゆっくりひとりで映画を観たり。家事はお休みしてのんびり過ごすのもいいですね。飲み会の日を「自分もストレス発散できる特別な日」にしてしまえば、あまり腹も立たないはず。上の子がいる場合も、無理せずのんびり過ごすと決めて、肩の力を抜きましょう。

合わせて読みたい

うちの夫に限っては通用しない!妊娠中に旦那さんが浮気したくなるその理由九つ
うちの夫に限っては通用しない!妊娠中に旦那さんが浮気したくなるその理由九つ
妻が妊娠中に夫が浮気をしてしまったという話、よく聞くけれどうちは大丈夫!なんて思っていませんか?これからふたりの大切な赤ちゃんが誕生する...

これだけは!最低限のルール作り

飲み会のルール
楽しい飲み会から帰ってきたら、妊娠中の妻が不機嫌…。そんなときも、多くの男性はどうしたらいいかよくわからず、同じ行動を繰り返してしまうようです。妊娠中の妻の体調や気持ちの変化は、夫にとって未知の領域。こちらが察してほしいと思っても、なかなかうまくいきません。男性には、理論立てて説明するのが効果的。ただイライラをぶつけるのではなく、最低限守ってほしいルールについてふたりで話し合って決めておくことをおすすめします。

すぐに連絡がとれる体制に

多くの妊婦さんが口にするのは、「飲み会に行くと連絡がとれない」という不安です。仕事の酒席で携帯をいじっているわけにもいかないのでしょう、LINEを送っても既読がつかないこともあるようです。しかし、妊娠中は何があるかわかりません。突然破水したり、具合が悪くなったりしたとき、ひとりだったらどうしよう、と不安になってしまいますね。夫には、最低限すぐに連絡がとれる体制を整えてもらうようにお願いしましょう。「既読だけはつくようにマメにLINEを見る」「飲み会の場所が決まったら教える」など、ちょっとした対応で安心できることを伝えてみてください。

朝帰り・午前さま厳禁!

飲み会は、やはり週末にセッティングされることが多いですね。翌日が休みだと思うと、ハネをのばして午前さまだったり、朝帰りだったり、遅くまで飲んでしまう夫に、妻はイライラが爆発してしまいます。ここはやはり、朝帰りと午前さまに関してはやめてもらう方向で調整を。前夜の飲酒がたたって、翌日使い物にならないようでは、共同生活者としての責任に欠けます。「次の飲み会にも笑顔で送り出してあげたいから」という理由なら、夫も悪い気はしないでしょう。夜中にひとり、あるいは母子だけでは不安なことをしっかり伝えてください。

合わせて読みたい

妊娠後期のイライラの原因はなに?五つの対処法をご紹介!
妊娠後期のイライラの原因はなに?五つの対処法をご紹介!
「赤ちゃんとの対面まであと少しなのに、なぜか最近イライラする・・・」妊娠後期に入って、そんな戸惑いを感じている方も多いと思います。実...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中、夫の飲み会にイライラ!どうしたらいい?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る