知っていましたか、共働きで世帯収入が1000 万は意外にお得ってことを!!

年収1000万の夫婦
近年、「夫婦共働き世帯」はごくごく当たり前の世の中になってきました。ふたりとも働いているとなると、世帯収入が気になりますよね。どれくらいだとお得なのか、損なのか。メリット・デメリットがあるならば、工夫しながらうまく働いていきたいものです。
今回は、共働きで世帯収入が1000万の場合、お得なポイントについてご紹介していきます。

共働き1000万円ってどんな暮らし?

共働きのメリット
年収1000万円。多くの人が憧れるひとつの目安でもあります。一方で「共働き1000万円」というと、意外にもすでに到達しているご家庭も少なくありません。共働き世帯収入1000万の暮らしとは、一体どれくらいの水準なのでしょうか?

世帯年収1000万円以上のご家庭は全国にどれくらい?

厚生労働省がまとめた「平成30年 国民生活基礎調査の概況」によれば、世帯所得1000万円以上のご家庭は全体の12・2%。全体の平均が551万6000円ですが、児童がいる世帯平均は743万6000円となっています。当サイトでは子どもを持つご家庭が多いと想定されますので、世帯で1000万円は意外にも身近な金額ともいえるでしょう。

住まいにかかる費用の水準は?

家賃の適正金額は、だいたい年収の25%以下といわれています。世帯収入1000万円と考えた場合、年間で250万円程度になります。1カ月でいると、約20万円です。賃貸や持ち家など、住まいの状況はご家庭それぞれで異なりますが、1カ月の費用をこれくらいと想定すると、住まいの選択肢はかなり幅広くなります。都心部や地方などによってもさまざまですが、住まいにかけられる費用もけっこうあるな、というイメージですね。

子育て費用はどれくらい?

子どもがいるご家庭では、子育て費用がかさむことも想定されます。公立・私立の違いでもかなり金額が異なるでしょう。例えば公立幼稚園なら、月額1万円と想定すると年間12万円、小学校は月額8000円程度と想定すると年間10万円程度です。
私立の場合は大幅にアップします。私立幼稚園なら月額4万円程度としても年間50万円弱、市立小学校なら月額7万円程度と想定すると年間85万円前後です。世帯収入1000万円であれば、一人っ子を幼稚園・小学校で私立へ通わせても問題なさそうです。ただ、将来的に高校・大学も私立となるとかなり金額がかかってくると想定されます。

合わせて読みたい

子どもの貯金はいくらくらいすればいい?学費以外にもためておきたいお金について
子どもの貯金はいくらくらいすればいい?学費以外にもためておきたいお金について
現代では、高校入学から大学卒業にかけておおよそ1000万円もの教育費がかかるとされています。学費については多くの方がよく考えているかと思...

年収1000万円が損になる理由は「片働き」にあり

引かれる税金
比較的安定した暮らしができるように見える年収1000万円世帯。一方で、「損!」とささやかれる要素も数多くあります。ただし、それは片働きに関してのことも含まれるのです。ここでは主に三つのポイントから、片方の親だけで年収1000万円世帯が損になるポイントついて見ていきます。

家庭の例

年収の比較

A家とB家の年間給与所得は1000万ー600万=400万の収入差があります。しかし児童手当、所得税、高校無償化の関係で手取り額の差は約253万に縮まってしまいました。年収は1000万円をクリアしていて鼻高々でも実際は微妙なゾーンといえるでしょう。

単純に「納税額」が高くなる

950万円と1000万円だと、やはり1000万円のほうが裕福なイメージがしますよね。しかし、収入が高くなればおのずと税金もアップします。そのため、実際のところ「骨折り損のくたびれもうけ」状態になってしまうことも。
例えばB家:年収600万円と、A家:年収1000万円を比較した場合、所得税率は10%、20%と、大幅に変わります。結果的に手取り額で見ると、思った以上に増えていないというのが1000万円世帯の悲しいところです。

高校無償化では所得制限あり

高校無償化(高等学校等就学支援金制度)についても、年収1000万円だと対象外になってしまい、年間11万8000円支払うことになります。公立・私立に関係なく給付される制度であり、対象であればかなり家計の助けになるはずです。

高校の学費

児童手当も少なくなってしまう

児童手当についても、年収1000万円の場合は所得制限に伴って6万円の支給に抑えられます。しかし年収600万円の場合、満額の18万円が支給されます。児童手当は15歳未満の子を育てている人に支給される手当。15歳になるまで、月額1万~1万5000円もらえるのは大きいですよね。所得制限があると、月額5000円になります。

児童手当

合わせて読みたい

子どものことを考えるとどちらがよい?専業主婦と共働きメリット、デメリット
子どものことを考えるとどちらがよい?専業主婦と共働きメリット、デメリット
専業主婦には専業主婦の、共働きの人には共働きの人の悩みがそれぞれあると思います。専業主婦と共働き、子どものことを考えるとどちらがよいので...
長男(小1 )・次男(年中)の二児を子育て中。総務・人事・経理などの事務職に従事し、産休・育休ののちに離職。その後フリーライターとして、出産育児・ビジネス・働き方関連・就職転職・地方創生など幅広いテーマを執筆しながら早4年目に突入しました。 男の子2人の育児に翻弄されつつも、我が子には「思いやりのある子・人の痛みのわかる子」になってほしいと願いながら慌ただしい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
知っていましたか、共働きで世帯収入が1000 万は意外にお得ってことを!!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る