働くママの悩み!小学生になれば楽になる?「小1の壁」を乗り越えるための秘策

良ければシェアをお願いします。

働く女性

わが子が小学校に入学したら生活は楽になるだろうと思っていたのに、働くママにとって不都合なことや負担になってしまうことが意外とあった!それが「小1の壁」です。そのひとつひとつは実は小さな壁。でもそれが積み重なっていくことで、ママの仕事に差し支えるような大きな壁になってしまうことも…。そんな「小1の壁」を上手に乗り越えていくための秘策をご紹介します。

スポンサーリンク

働くママが悩む「小1の壁」3つ

3月まで幼稚園や保育園に通っていた子どもが小学校に入学したからといって、すぐに手がかからなくなるわけがありません。にもかかわらず何かと手厚かった幼保時代と違って、小学校では思いのほか親のやるべきことがあります。特に多くの働くママが悩む「小1の壁」を3つ挙げてみました。

壁その1.学童の預かり時間の違い

保育園の預かり時間は朝も早く、夜も8時~9時までと比較的遅くまで可能でした。しかし学童保育では遅くとも19時くらいまでしか預かってもらえません。そして学童の登校時間は7時半~8時前後が一般的です。夏休み、冬休みなどは子どもより早く出勤するママはちゃんと学童に登校したのか確認できずにとても心配になります。

壁その2.一人じゃできない、宿題地獄

1年生の宿題なんて簡単、と思うかもしれません。ところが名前を書くだけでも子どもには一苦労。大人がみていなければ平気でミミズのように見える解読不能な文字を書きます。答えが間違っていようがお構いなし。全て自分できちんとできる子は少ないでしょう。学校側も低学年のうちは、おうちの方が見守る中で宿題をやることを前提として出しているのです。

壁その3.授業で使う材料は家庭で用意

1年生の図工や生活科の授業で何かを作る際は、ほとんどの場合、材料を家庭で用意しなければなりません。空き箱、ペットボトル、紙コップ、ビーズやモール、折り紙…。大抵は余裕をもってお手紙や連絡帳で知らされますが、つい用意するのを忘れていて子どもに「ママ、明日図工だよ?用意してくれた?」と言われ、あわてて夜の100円ショップに走ることになるのです。

合わせて読みたい

共働きは子育てにどう影響する?上手に子育てを行う3つの方法
内閣府が発行する平成28年度版の『男女共同参画白書』によると、昨年度の共働き夫婦は1,114万世帯(前年度比3.4%増)。一方、夫のみが働く家庭は687万世帯(同4.6%減)であり、今後もこの差は拡大する傾向にあります。 働く世帯の過半が共働きとなって久しい今の日本ですが、共働きは子育てにどう...

永遠じゃない小1の壁 お母さんも1年生

「小1の壁」を上手に乗り切る秘策、それは割り切ること。ママも小学生の母としては子どもと同じ1年生。半年もすれば様子がわかるようになり、1年たてば学校の流れが見えてリズムがつかめてきます。今は仕事の手を少しだけ緩めて、お子さまと一緒に1年生をがんばってみましょう。

壁対策その1.素直に職場に相談

仕事も育児もがんばりすぎると、ママが疲れてしまいます。すると、子どもに辛く当たってしまったり、職場でミスを続けてしまったり…悪循環ですよね。そうなる前に職場に相談してみましょう。フレックスタイムや時短制度などの子育て支援制度があるかもしれません。子どもが学校に慣れるまでの短い間です。周りに知ってもらうだけでも急なお休みなども取りやすくなりますよ。

壁対策その2.『見ているよ!』のサインだけで十分

一人で完璧に宿題をこなすことは難しいけれど、ママに褒めてもらえる!と思うと、子どもは一生懸命がんばるものです。夕飯の準備をしながらでもいいので何か声をかけてあげてください。「昨日よりお名前が上手!」「計算カード、ママがご飯つくる間にできちゃう?」ママはちゃんと見ているよ!のサインを送ってあげる、それだけでいいんです。

壁対策その3.日ごろから材料ストック

材料を持参しなければならない授業は図工や生活科が多いです。教科書が配られたらすぐにどんなものが必要かチェックします。そして空き箱やペットボトルがでたら大きめの箱などにポンポン入れて常にストックしておきましょう。折り紙や飾り(モールやビーズなど)は時間があるときに一緒に100円ショップなどへ行き、多めに用意しておきます。

合わせて読みたい

働くママは時間がない!どこで買い物するのが一番楽?宅配?週末まとめ買い?外食?
働くママは子育てに仕事にと毎日があっという間に過ぎていってしまいます。働くママは分単位で動かなければいけませんよね。そんな中、どうしても必要となってくる買い物はどうされていますか?少しでも楽がしたいですよね。どこで買い物するのが楽なんでしょうか?貴重な時間を有効に使えるように日々の買い物につ...

小1の壁をちょっと低くする秘策

「小1の壁」はたしかに色々大変です。でもそれをサポートしてくれる人もたくさんいます。子育ては人とのつながり。子どもが小さいうちは周りを頼って、手がかからなくなったら今度は手を貸す側に回ればいいのです。

秘策その1.ファミリーサポートの利用

多くの自治体で行っているファミリーサポートセンター(相互援助活動)は働くママの味方。早朝や学童閉所後の預かりのほかに、習い事への送迎などもしてくれます。自治体によっては病児の預かりも可能です。有料ですが、仕事で融通のきかない場合など上手に利用してみてください。利用には登録が必要です。詳しくは各自治体に問い合わせてください。

秘策その2.役員になってもあせらず改革を!

PTA役員はできれば避けたい。でもやることになってしまったら、効率のいい役員のやり方をぜひ学校に提案してください。「集まる回数を減らし、内容を充実させる」「集まる時間を恒例にとらわれず、今のメンバーが集まりやすい時間にする」「無駄な仕事はないか見直す」など。先生とも親しくなれて、日ごろの困りごとを相談しやすくなりますよ。

秘策その3.夫や親、友達に頼ろう

当然のことながら頼れるご両親や旦那さんがいるなら、どんどん頼りましょう!「小1の壁」は長い子育ての中ではほんの一瞬のこと。ここで上手に頼っておくと、思春期や反抗期を迎えたときにも相談がスムーズにできます。また、兄姉がいるママ友やしっかりしたお子さまのママと仲良くなっておくと、我が子の言っていることが分からなくても、こっそり聞いて確認できちゃうのでイライラせずに済みます。

おわりに

多くの働くママが乗り越えてきた「小1の壁」。過去に比べたら随分低くなっているのではないでしょうか。これからも働くママたちで協力し、情報交換をして、がんばるママが働きやすい環境を作っていけるといいですね。

ピックアップ

【働くママ】時間がないのに夕食の献立はどうやって考える?
働くママの一日はとにかく忙しいですよね。特に子どものお迎えから寝かしつけまでは息つく暇もないほどです。本当は和やかに食卓を囲みゆっくりと子どもとの会話を楽しみたいと思っていても、その願いはなかなか叶いません。けれど、夕食の献立を工夫することで調理時間を短くできたら、少しでもゆったりとした時間...
ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?
実際にママになってみると、独身の時に想像していたママの生活は夢の世界の話だったわ…という声をよく聞きます。家事と育児、仕事を全て満足できるレベルで行おうとすると、24時間では足りないのが現実です。 自己実現のためや世帯収入アップのためなど、ママが働く理由はそれぞれです。自分も家族もハッ...
働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度
働きながら家事や子育てをすることは大変ですよね。仕事に集中しなくてはならないけれど、子どもはまだまだ手がかかる、またはその反対もあり得るでしょう。そのような忙しいパパやママに注目していただきたいのが「子育て支援制度」です。 働きながら子育てをしている人の心や身体の負担を少しでも減らすた...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
働くママの悩み!小学生になれば楽になる?「小1の壁」を乗り越えるための秘策
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る