【現役ナースがアドバイス】いつも混んでる 小児科外来の待合室での過ごし方

小児科の待合室
小さい子どもがいるお母さん達にとって、小児科外来といえば「いつも混んでいる」、「待ち時間が長い」といったイメージがあると思います。私は小児科看護師として、長い待ち時間の間に子どもがグズってしまい、ついイライラしてしまうお母さん達の姿を多く見てきました。今回は、混雑する待合室では一体どのような過ごし方をしたらよいのか、子どもがグズらないようにするポイントも含めて説明したいと思います。

待合室で子どもと快適に過ごすために準備できること

 
順番待ちの家族
子どもを病院へ連れて行くとなると、保険証や母子手帳、オムツに着替えなど準備の段階でバタバタとする方が多いと思いますが、そこはいったん落ち着いて、これから予測される、長い待ち時間のために「グズり対策グッズ」も用意してみましょう。

お気に入りの絵本やおもちゃを持参する

子どものグズり防止に一番効果的なのが、慣れ親しんだ絵本やおもちゃです。いつもと違った待合室の雰囲気に子どもはつい緊張してしまいますが、家でいつも遊んでいるものが身近にあることで大人の想像以上にリラックスできます。お母さんとしては荷物を最小限にしていきたいところですが、きっと役に立ちますので子どもには内緒でそっとカバンに忍ばせてみましょう。子どもが飽きた頃にサプライズで出してあげるのがポイントです。

子どもが好きなおやつやジュースを持参する

長い待ち時間の間に、子どもが空腹や喉の渇きを訴えることもありますので、飲み物や軽食、おやつなど子どもがリクエストしたときにパッと出せるように準備しておきましょう。飲食後には食べこぼしやゴミはきちんと片付けて周囲の患者さんの迷惑にならないようにしましょうね。また嘔吐(おうと)や下痢をしている子どもの場合には診察の前はなるべく飲食を控えたほうがよいのですが、「喉が渇いた」と訴えが強いときには常温の水などを一口程度与えて様子をみましょう。

合わせて読みたい

【現役ナースがアドバイス】小児科で処方されるジェネリック医薬品のメリット、デメリット!先発品との違いは?
【現役ナースがアドバイス】小児科で処方されるジェネリック医薬品のメリット、デメリット!先発品との違いは?
皆さんは今までに医師または薬剤師から「ジェネリック医薬品」を進められたことはありますか?「ジェネリック」と聞いてなんだか難しいそうだなぁ...

待合室で子どもがグズってしまったときの対処方法

外で気分転換
実際に子どもが待合室でグズり始めてしまった場合、ほとんどのお母さんが頑張って子どもをあやそうとしますが、なかなかうまくいかないことが多いです。しかし、いくつかポイントを押さえることで子どもの機嫌が直り、お母さんの負担を減らせることができますので紹介したいと思います。

いったん外の空気を吸ってリフレッシュする

病院の待合室という閉鎖された空間に長い時間いることで、子どもは当然飽きてしまいますし、慣れない場所に緊張とストレスも感じてしまいます。もし子どもがグズり始めてしまったら待ち時間の合間に時々、外に出てリフレッシュさせましょう。大声で泣き叫んでいた赤ちゃんもケロっとご機嫌になって帰ってくることも多いのでおすすめです。外出の際には必ず受付に自分達の待ち時間はどれくらいなのか確認し、「ちょっと外の空気を吸って来ます」などと声をかけていくようにしてくださいね。

待ち時間が長い場合にはいったん帰宅する

待ち時間がまだしばらくあるのに、時々外の空気を吸っても機嫌がよくならない、おもちゃやおやつも効果がなくずっと大声で泣き叫んでいる、といった場合には諦めていったん帰宅して出直しましょう。体調が悪いと特に子どもはグズりやすくなってしまいますので、どうしようもない場合もあります。受付のスタッフにいったん帰宅することを伝えて何時頃病院に戻ったらよいのか確認しましょう。周囲の人を気にしながら泣き叫ぶ子どもと長時間待合室にいるよりも、いったん自宅に帰ってしまったほうがお母さんの負担も少なくて済みます。

合わせて読みたい

現役小児科看護師が伝授!子どもが溶連菌になったらどうすればいいの?そのとき、母親ができるコト
現役小児科看護師が伝授!子どもが溶連菌になったらどうすればいいの?そのとき、母親ができるコト
子どもがかかりやすい感染症の一つに、「溶連菌感染症」があります。もしわが子が感染してしまった場合、どのように対応していいのか不安に思って...
30代後半の看護師。整形外科、消化器内科を経て現在は小児科クリニックで管理職を担う。プライベートでは夫と長女(4歳)、次女(0歳)を家族に持つワーキングママ。子育てポリシーは「他人と比べない」こと。正解のない育児に日々、奮闘しながら親も子どもと一緒に成長していきたいと考えている。看護師の経験を活かした医療系の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【現役ナースがアドバイス】いつも混んでる 小児科外来の待合室での過ごし方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る