病院からへその緒をもらったが・・・保管方法は?お手入れは必要?大人になったら子どもに渡すもの?

へその緒

出産を終えて退院時に「」を渡されます。なぜ、「」?と思われるママさんも多いかもしれません。「」は、ママと赤ちゃんを10ヶ月あまり繋いでいた大切な思い出として渡されるのです。最近では、可愛い保管ケースも販売されています。今回は「」の保管方法やお手入れ、子供に渡すものなのかといったことをご説明します。

スポンサーリンク

「へその緒」を保管する意味について

「へその緒」を保管するという習慣は日本に古くからある習慣です。10ヶ月あまりママから赤ちゃんへ栄養を送り続けていた大切な親子の絆です。保管しなければならない意味は特にないようですが、親子の絆を忘れないようにということではないでしょうか。

「へその緒」を大切にする由来とは?

その昔、子どもが大きな病気をしたら「へその緒」を煎じて飲ませるということで命を取りとめたなどという考えがあったそうです。現在では、「へその緒」や胎盤に含まれている「血」が白血病などの血液の病気に役立たれているのは有名な話です。「臍帯血」は様々な細胞へ分化できる細胞として、注目されています。そう考えると昔言い伝えられていた大病をしたら「へその緒」を煎じて飲ますという言われも否定できませんね。

「へその緒」の保管方法について

「へその緒」の保管方法に困っているママさんも多いようです。洗って保管するの?そのまま保管するの?「へその緒」は乾燥させて保管するのが正しい保管方法です。湿気た状態だとカビや虫の原因になりかねません。必ずカラカラに乾いた状態で保管しましょう。しまう箱は桐の箱を使用します。桐の箱は、防湿、防カビ効果に優れており、また大切なものは桐の箱にしまうという昔ながらの考えでもあります。

合わせて読みたい

産後1ヶ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!
無事に出産を済ませ病院を退院したら、いよいよ赤ちゃんとの生活が始まります。プレママにとっては嬉しくもある反面、不安に感じることも多くあるでしょう。そんなママと赤ちゃんのサポートの一環として行われているのが「新生児訪問制度」です。各自治体から無料で受けられるサービスなので、是非活用しましょう。...

「へその緒」は本当に大事にされているのか

実際に「へその緒」は大事に取ってあるのか、少し疑問ですよね。あなたは持っていますか?実は、持っていないという方が多くいることに驚かされました。その理由として、親から受け取っていない、気持ち悪くて捨てたなどの意見があります。やはり、昔と現代では習慣や風習といったものは変わってしまったといえるでしょう。

「へその緒」は子どもに渡すもの?

「へその緒」は、子どもが大きくなったら渡すものなのか気になるところですよね。女の子の場合、お嫁に行くときに持たせるのが通例となっています。古くは、戦争へ向かう際の男の子にも持たせていたとか。現在では子どもに渡さず、親が持っている場合が多いということですね。

「へその緒」を保管する風習は日本だけなの?

先述した通り、日本の風習として根強く残っているのは事実です。では、海外ではどうなっているのでしょうか?海外では、「へその緒」を残す習慣はないのです。東南アジアの一部では日本と同じく、残しておく地域があります。それ以外の海外で出産する場合「へその緒」をもらうことができません。海外での出産で、どうしても「へその緒」が欲しい場合は、事前に医師に相談しておくことをおすすめします

合わせて読みたい

産後の肥立ちとは?無理をすると辛い更年期がやってくる?!
産後の肥立ちとは、妊娠して出産するまでの10カ月の間に大きく変化した女性の体が、妊娠する前の体に回復することです。具体的にはどのくらいの期間が必要で、産後の肥立ちが悪いとはどういうことなのか、産後の肥立ちと更年期との関係についてご紹介します。これを知っておけば将来訪れる更年期のつらい症状を軽減で...

「へその緒」についての言い伝え

  1. 「へその緒」を無くしたら運が弱くなる
  2. 母親が亡くなったとき子どもの「へその緒」を入れることでエンマ様に見せると偉業を成し遂げたと認められ、極楽に行ける
  3. 病気をしたときに「へその緒」を煎じて飲むと病気が治る
  4. 怪我をしたとき「へその緒」で患部をさすると怪我が治る
  5. 「へその緒」が首に巻きついて生まれてきたこは強い

「へその緒」についての言い伝えを探せばキリがありません。信じる信じないは人それぞれですが、ママと赤ちゃんのライフラインだったことは事実です。親子の大切な絆として、残しておきたいものですね。

「へその緒」の使い道があるの?

「へその緒」は、この世に誕生した証です。そして、親子の絆の象徴です。昔は「へその緒」の使い道として、煎じて飲むと病気が治るなどと言われていたようですが、現在では考えられません。使い道があるとしたなら、子どもに「これでママと繋がっていたんだよ」ということを教えてあげることができるところでしょうか。病院で受け取るときには、味気ない桐の箱に入ったものを渡されます。最近では、桐の箱以外にもちりめん素材でできたものやマトリョーシカの形をしたもの、ハート型の入れ物など多種多様な「へその緒」ケースが販売されており、赤ちゃんの名前はもちろん誕生日や体重などが刻み込まれています。一生残す思い出として可愛いケースに入れてみてはいかがでしょうか。このように入れ物にもこだわって、思い出のひとつとして残すのも大事なことですね。

おわりに

いかがでしたか?「へその緒」について少しは知っていただけたでしょうか。妊娠したときから赤ちゃんが誕生するまで、繋がっていた「へその緒」は大きな役割を果たしていたのです。気持ち悪いなどと言わず、大切に保管してほしいものです。

ピックアップ

何を揃えたら良い?必ず必要になる赤ちゃん用品リスト
出産間近のみなさんは、すでにご自宅で赤ちゃんを迎え入れる準備はお済みでしょうか。産まれてから用意すればよいと思っていては時すでに遅し。出産後はあれよあれよという間に赤ちゃんのお世話で時間が経ってしまいます。そんなわけで「これだけは必要!」という赤ちゃん用品を以下にリストアップしてみたのでぜひご参...
お尻が痛い!を助ける、産後に必須なクッションの選び方
産後のお尻の痛さはかなりきついですよね。出産前は大して気に留めていなかったクッションですが、産後は本当にクッションに助けられることが多いんです。ここでは、産後に必須なクッションとは何かそのポイントを紹介したいと思います。自分に合ったクッションを購入できれば産後の生活が本当に楽になるので、意外...
あってよかった!産後に必要となるアイテムリスト
母親学級や入院時など様々な場面で産後に必要なアイテムリストは渡されます。しかし、それだけでは足りないかった物も多く、退院後実家に帰った人はいいのですが、赤ちゃんのお世話をしてくれる人が居ない人は買い物もできずに困ってしまうことが多いです。そこで、ここでは産後あってよかったと感じたアイテムを紹...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
病院からへその緒をもらったが・・・保管方法は?お手入れは必要?大人になったら子どもに渡すもの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る