LDRのメリットは?陣痛・分娩・回復まで同じ部屋で過ごせる安心

LDRのメリット
今、話題になっているLDR。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
「LDRって聞いたことがあるけれど、どんなメリットやデメリットがあるのか分からない」と困っている方も多いことでしょう。この記事では"LDR"の概要やメリット、デメリットについて詳しくご紹介します。

妊婦さん必見!LDRとはどういうもの?

産後に過ごす部屋
LDRとは陣痛(Labor)・分娩(Delivery)・回復(Recovery)の頭文字を合わせたもので、陣痛から産後の回復までを同じ部屋で過ごすことを言います。通常の出産方法とは、何が違うのでしょうか?以下に、その特徴や費用についてお伝えします。

通常の出産方法との違いについて

通常の出産方法とLDRの出産方法の違いは、陣痛室から分娩室までの移動がない点です。通常の出産であれば、子宮口が開いてきたタイミングで陣痛室から分娩室へ、自力で歩いて移動しなければなりません。

しかしLDRを導入している病院では、通常のベッドが分娩台に変わるものを導入しているため、移動する必要がないのです。出産後もそのままの部屋で一定時間過ごすことが出来るので、とても人気があります。

まるで家のような空間で過ごすことができる

LDR室にトイレやテレビを完備している産院も多いです。中には有線を流している産院や、ユニットバスや子どもが遊べるようなスペースを設けているところもあります。まるで家にいるかのような空間に作っているので、家族も訪れやすい雰囲気があります。

ただ、面会時間や立ち会える人数に制限を設けている産院も多いため、事前に調べてマナーはしっかりと守りましょう。

LDRを利用する費用はどのくらい?

LDRは完全個室で対応してもらえるため、通常の出産方法よりも割高になることが多いとされています。相場は1日3,000円から12,000円ほどの個室料金が発生する産院がほとんどです。追加料金を取らないという産院もありますが、そういった場所はすぐに予約で埋まってしまいがちだと言われています。

また料金は地域によっても大きく差があるため、自身が住んでいる地域の状況を調べてみましょう。

合わせて読みたい

分娩予約はいつするの?予約金の準備は必要?
分娩予約はいつするの?予約金の準備は必要?
妊娠が分かり、いよいよ産婦人科を受診!そんなとき、忘れてはならないのが「分娩予約」です。出産するためには、出産場所となる分娩施設で分娩予...

LDRを利用する3つのメリットとは

赤ちゃんと過ごす
続いてLDRを利用する3つのメリットについてご紹介します。LDRには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?利用するか迷っている妊婦さんは、ぜひ確認してみてくださいね。

妊婦さんの負担を軽減できる

LDRの一番のメリットは、陣痛室から分娩室までの移動が無くなることです。出産を経験したことがある方は分かると思いますが、苦しい陣痛が続き、子宮口が開いた際に、陣痛室から分娩室まで歩くのはとても辛いものです。立っていられないほどの激痛が走る場合も多いため、たとえ1部屋の移動であっても妊婦さんの体はとても負担を感じてしまいます。

LDRであれば陣痛中にベッドをそのまま分娩台に変えることができるので、辛い思いをせず、分娩することができるでしょう。

リラックスして出産に臨むことが可能

妊婦さんにとって、出産する環境はとても大切ですよね。LDR室は完全個室になっており、産院によっては自宅のリビングのような空間にしているところも多いです。そのため、周囲を気にすることはありません。好きな音楽を流したり、テレビを好きなときに見たり、自分の空間を創り出し、リラックスして出産に望むことができます。安心できる環境作りが出来るので、精神的に落ち着くというメリットがあるのです。
また陣痛を和らげ、陣痛、出産をよりスムーズに乗り切るために優しい音楽と呼吸支援音、心やすまる照明や映像でリラックスできるBSS(バースサポートシステム)を導入しているLDRを完備している病院もあります。

家族が立ち会うこともできる

LDRは完全個室なので、夫や子どもたちはもちろん、自分の両親なども立ち会いやすい環境になっています。立ち会い出産を希望している人にはLDRがとてもおすすめで、室内には子どもを遊ばせるスペースがある産院もあります。妊婦さんは、家族が近くにいると安心して出産に臨めることが多いものです。
ただ室内に入れる人数に制限がある産院もあるため、注意しましょう。

合わせて読みたい

自分流のお産!自由な出産を選べるアクティブバースとは
自分流のお産!自由な出産を選べるアクティブバースとは
これからわが子の誕生を迎える方は、どんな出産がしたいのかを考えたことはありますか 最近、アクティブバースという「医療の介入を極力おさえ...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
LDRのメリットは?陣痛・分娩・回復まで同じ部屋で過ごせる安心
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る