妊婦健診、旦那さんと一緒に行くのはあり?なし?気を付けたいポイント

旦那さんと妊婦健診 
ママと赤ちゃんの健康状態をチェックする妊婦健診。健診を受けるのはもちろんママですが「旦那さんと一緒に行きたい」という人が増えています。しかし、待合室でのマナーなどが理由で、妊婦健診の夫婦参加は賛否両論。こちらでは、旦那さんと一緒に妊婦健診に行くのはありか・なしか、双方の意見を解説します。さらに、旦那さんを健診場所に連れて行く際、注意したいポイントもご紹介します。

旦那さんと妊婦検診に行くのはあり?

夫婦で受診
妊婦健診といえば女性が受けるもの。産婦人科の待合室には、健診の順番待ちをする女性がずらり。そんな中、女性に混じって男性の姿を見かける機会があります。
妊娠をご経験された人は、妻の妊婦健診に付き添う旦那さんの姿、一度は見かけたことがありませんか?また、「自分も夫婦で行ったことがある」「これから旦那さんを連れて行きたいと思っている」という人もいるかもしれませんね。

病院の方針はさまざま!禁止されてない?

旦那さん同伴で妊婦健診に行ってもいいのかどうか。病院の方針はケース・バイ・ケースですが、一部制限を設けてOKとするか、全面的にOKとするパターンが主流です。制限を設けている病院では、「内診台がある部屋はNGだけど待合室や診察室ならOK」といった具合に、エリアを定めている場合も。一部では旦那さん用の待合スペースを設けている病院もあるようです。ただし、一般的な病院ではここまでの設備はなく、待合室も男女混合が通常です。
一方、特に制限はなく、自由に付き添っていい病院も多いようです。産婦人科は女性が行く場所というイメージがありますが、お産本番になれば旦那さんも駆けつけてくれますよね。診察室と入院施設が隣接している場合、お見舞いなどで出入りする旦那さんの姿も多く見受けられます。。

妊婦健診に旦那さんを連れて行く理由

旦那さんを妊婦健診に連れて行くのには、さまざまな理由があります。代表的なのは以下のようなものです。

赤ちゃんやママの状況を知りたい

「エコーを見たい」「性別をいち早く知りたい!」というパパも多いですよね。

分娩予約、予約金の支払時など

高額になる予約金の管理や、入院に際して必要な同意書の記入などで、旦那さんを連れてくる人も。

上の子の子守で

上の子はママが妊娠すると、ナーバスになりやすいものです。ママと離れるのを嫌がり、病院ついてきたがる子もいます。

ママの体調不良、気になる症状がある

切迫流産の兆候がある、貧血ぎみであるなど、何らかの異変があり、パパの付き添いが必要なケースもあります。

多胎妊娠やハイリスク分娩

妊娠・出産にはさまざまなケースがあり、中には特別な管理・処置が必要な人もいます。こういったケースでは分娩方法などの説明を受けるため、夫婦同伴で来院することもあるでしょう。

合わせて読みたい

妊婦健診に欠かせない超音波検査!内容や種類について解説!
妊婦健診に欠かせない超音波検査!内容や種類について解説!
妊娠すると、出産するまでさまざまな検査を行いますが、妊婦ならではの検査というと、おなかに器具をあてて、胎児の様子を確認する超音波検査...

賛否両論!夫婦での妊婦検診

健診に来る妊婦
旦那さんを妊婦健診に連れてくる理由はさまざまで、やむを得ないケースもあります。しかし中には夫婦同伴での受診に、反感を持つ女性もいるようです。ネット上では「待合室でのマナー違反」が話題になり、賛否両論。双方の意見を見ていきましょう。

旦那さん連れで妊婦検診に行くことの問題点

夫婦同伴での妊婦健診。反対派の主な意見は次の通りです。

待合室の席が不足する

妊婦健診といえば待ち時間が長いですよね。妊婦さんなら待合室では座って待機したいものですが、よそのパパが座っていて席が足りない!という問題が発生することも。身重な妊婦さんが立って待つのは大変ですよね。

抵抗感がある

産婦人科といえば、女性特有のお悩みや症状を相談する場でもあります。そこに男性の姿があること自体に、抵抗感を持つ女性もいるようです。妊婦健診以外の理由で受診している人もおり、「男性と顔を合わせたくない」という声も少なくありません。

必要性を感じない、パパが付き添えないというママも

「そもそも旦那連れで来る理由がわからない」「エコー写真は家で見ればいい」といった手厳しい声もあります。また、旦那さんが仕事を抜けられないなどの理由で、付き添いを頼みたくても頼めない人もいます。体調不良や上の子の世話も、一人で乗り切っているママからすれば、付き添い男性のマナー違反は目に余るかもしれません。同じ妊婦さんであっても、価値観や状況はさまざまですね。

女性側の過剰反応という意見も!

反対意見が過熱する一方で、「旦那さんと妊婦健診に行くのって、そんなにダメ?」という声も少なからずあります。賛成派の意見は次のようなものです。

産婦人科の待合室は女性だけのものじゃない

不妊治療などで旦那さん自身が患者である場合や、夫婦で指導を受けているケースもあります。産婦人科イコール女性・ママだけのものとは言い切れません。

疲れているのはママだけじゃない

仕事などで「パパだって疲れている」という主張も。疲れがたまっているときは、待合室でつい座ってしまうこと、あるかもしれませんね。

声をかければいい

パパだって座りたい、とはいっても、妊婦さんを立たせてまで座りたいとまでは、思わない人がほとんど。席が足りないことに、不注意で気づかない旦那さんもいます。察して席を譲ってほしいものですが、「大人なのだから一声かければいいのに」という見方もあります。

合わせて読みたい

服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない二つのポイント
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない二つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性反応が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を...
30代前半。夫、長女3歳、長男1歳の4人家族。商社営業を経て出産。初めての出産で分娩トラブル、乳腺炎、産後クライシス、保活失敗など…数々の「洗礼」を受けた経験から『特別なことをするのではなく、地に足の着いた育児』をモットーに、日々奮闘しています。現在は一時保育を利用してライター業に従事。保育士資格を所有。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦健診、旦那さんと一緒に行くのはあり?なし?気を付けたいポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る