パパが家事全般を積極的にこなす「間接育児」とは?

間接育児
積極的に育児に関わる「イクメン」がもてはやされていますが、「子どもの世話なんて、どうすればいいのかわからない…」と困惑しているプレパパ(妻が出産を控えている男性)も多いのではないでしょうか? そんなパパにおすすめなのが「間接育児」。「家事を分担してママをサポートする事が、間接的に育児に参加している事につながる」という考え方です。今回は、間接育児についてご紹介します。

「間接育児」という新しい育児参加のあり方

夫が洗濯をする
「イクメンになるのは難しい」と悩んでいるパパにおすすめなのが、「間接育児」という考え方。「直接、子どものお世話をするのではなく、ママと家事を分担する事でママの負担を減らし、ママがよりよい育児に専念できるようサポートする」という意味で、慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典先生が提唱しています。

イクメン推奨の風潮に尻込みするパパも…

育児休業を取り、積極的に育児に関わる父親「イクメン」は、すっかり定着したように感じられます。厚生労働省では「イクメンプロジェクト」を立ち上げ、国を挙げてイクメンを推奨しています。

しかし、この流れにうまく乗れているパパばかりではありません。パパの中には、「イクメンにならなくては」というプレッシャーから、子どもが生まれる前後に「パタニティブルー」という抗うつ症状が現れる人もいます。会社で仕事をがんばるだけで精いっぱいのパパは、「子育てに関わりなさい」と言われてもどうすればいいのかわからないでしょう。

赤ちゃんのお世話をするだけが育児じゃない

吉村先生が提唱する「間接育児」とは、「パパが子どものお世話を直接できなくても、家事をママと分担する事で、間接的に育児に参加する」事です。「パパとママが家事を分担する事事で、ママは余裕を持って子どものお世話をする事ができ、結果的にパパも育児に参加している事につながっている」というのが、吉村先生の考えです。
家事や育児を一人でこなす「ワンオペ育児」がママを精神的に追い詰め、子どもの虐待にまで至ってしまう事があります。「赤ちゃんのオムツを替えたり、小さな子どもの相手をしたりする方法がわからない」と戸惑うパパは、ママを楽にする事を目標に間接育児に取り組んでみてください。

合わせて読みたい

「俺の方が稼いでる」はNG!の分担家事に、夫婦の収入差は関係ない!
「俺の方が稼いでる」はNG!の分担家事に、夫婦の収入差は関係ない!
共働きの家庭が増えている今、「家事分担」に関する意見でぶつかる夫婦は多いものです。「どうして私ばかり家事をしなければならないの?」と不満...

できる事から始めて間接育児をON!

洗濯物をたたむ
「家事を分担する」という事そのものが、ハードルが高いと感じているパパも少なくないのではないでしょうか。一人暮らしの経験がなく、料理や掃除、洗濯をした事がないというパパも、「仕事以外の事はすべてママがやっている」という状況を変える事から始めてみましょう。

「身の回りの事は自分で」からスタート

料理も掃除もできない…そんなパパは、まず「自分の事は自分でする」から始めてみてはいかがでしょうか。「会社に行くためのワイシャツや靴下、小物などを自分で用意する」「食事の後の片づけを自分でする」。今まで家に帰ると何もしてこなかったパパが、自分の事を自分でこなすだけでも、ママは「パパ、やっぱり子どもができて変わったんだな…」と思います。
「子どもができたから、少しでもママの負担を減らそう」というパパの姿勢は、ママの心にゆとりをもたらし、余裕を持って赤ちゃんと向き合う事ができるでしょう。実際、パパ自身も「父親になった」という自覚が生まれるはずです。

少しずつ、自分にできる家事を見つけよう

自分の事を自分でできるようになると(または、もとからできている人は)、家事でママの負担になっている事が見えてくるようになります。食事後の片づけを自分でするようになると当然、ママの食器も片づけるようになり、やがて「皿洗いも自分がすると、ママが楽になる」事に気づくはずです。
特に出産直後のママは、身体を動かす事が負担に感じる時期です。パパがママの代わりに料理を作れなくても、皿洗いをしてくれるだけでママは助かります。また、細かい衣類の分類方法がわからず、洗濯ができないというパパでも、洗濯後の衣類を干したり、畳んだりするだけで、ママの負担はかなり軽くなります。

合わせて読みたい

専業主婦がワンオペ育児をつらいと思うことは甘えなのか?
専業主婦がワンオペ育児をつらいと思うことは甘えなのか?
専業主婦は家事育児のすべてを担う、と思われています。家事育児は専業主婦の仕事なのだから、ワンオペ育児は当たり前、つらいなんて言うのは甘え...
企業取材や社史制作をメインに、子供の出産を機に教育や会計などの記事も手がけています。家族は小学生高学年の娘、夫。関心事は教育やライフプランのことなど。「これからの時代を生きるために必要な力って何?」をテーマに、日々考えています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
パパが家事全般を積極的にこなす「間接育児」とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る