目指せイクメン!出産直後にパパがママへできる愛情サポート

良ければシェアをお願いします。

イクメン

出産後は楽しいばかりではありません。新しくパパとなった旦那さんのイクメンパワーが奥さんの健康や美貌にも比例しているって知っていますか。ここでは、イクメンになったパパがママにできるサポートを紹介いたします。この出産後の嵐の期間を二人で乗り越えれば、夫婦の絆や子どもへの愛情も深まること間違いなしです。頑張ってイクメンになってください。

スポンサーリンク

ママとパパでイクメンの定義が違う!?

本来イクメンの定義とは、「育児ができる男性(メン)」のことを指しています。しかし、男性と女性ではイクメンの定義が違っている場合が多く、その違いのために産後大喧嘩する羽目になることも多いです。では、男性と女性のイクメンの違いを見ていきましょう。

男性の思っているイクメン像とは?

男性が育児をやる場合や自分自身はイクメンであると思っている男性の心理はどのように考えているのでしょうか。かっこ内は女性が思っていることです。

  • 奥さんのサポート役(大変な仕事はやらず、子どもの機嫌や自分の機嫌がいい時にあやす程度)
  • 言われたことはキッチリとやっている(子どもや周りに状況など考えずに自分のやり方を通す)
  • 家事手伝い(お料理を作るけど、片付けはしない)

中には、女性顔負けの素晴らしいイクメンの人もいっぱいいると思いますが、最初の育児はこのように完ぺきにできる男性は少ないのが現状です。

女性が思っているイクメン像とは?

では実際に女性はどのような男性を理想のイクメン像としているのでしょうか?

  • 自分のことよりもまずは子どもや奥さんのためにできることをする
  • 周りの状況によってフレキシブルに手伝いをする
  • 家事は補佐としての役割を全うする(後片付け、食事を食べる準備)
  • 家事は奥さんがいなくても良い範囲までこなせる(お風呂掃除や、ゴミ出し、その他洗濯まで奥さんが居なくてもそのままやっていけるレベルです)
  • 仕事をしていることを家事ができない理由にしない

以上のことを当たり前にやってこそ本当はイクメンなのですが、やはり無理があるので女性の半分でもできればいいやと設定値を下げてしまいます。

合わせて読みたい

産後ママのために、パパができる9つの事
子どもが生まれて大喜びもつかの間、ママとパパは育児に追われる日々が始まっていきます。可愛いし愛しいし一緒に赤ちゃんと過ごす時間は楽しいですが、それだけじゃないんです。特にママはお産という大仕事終えたあとです!これからのパパの協力がどれだけあるかでママの大変さは変わってきます。ぜひこの記事を読...

イクメンはぜひやってほしいサポート

出産後は体力も気力も本調子ではありません。そこで、旦那さんがやってくれたらありがたいサポートを紹介したいとおもいます。これをやってくれたらありがたいというサポートで、実際にはもっとやってくれてもいいのにと思っていると思います。

ここで大切なのは、「毎日続けること」です。家事や育児はやった事実よりも毎日継続して同じことを続けてくれるほうがとてもありがたいです。そのため、サポートは産後2か月までは毎日続けてください。

絶対にやってほしい!必須サポート

これだけは最低限やってほしいサポートというのが産後にあります。とくに産後2か月までは育児も慣れず疲労が最大限に達しています。この疲労が産後鬱やその後の離婚などの深刻な事態までに陥ってしまう可能性も高いので、イクメンになりたい男性はぜひやってほしいです。

  • 深夜のオムツ替えと授乳(1週間に最低1回でも助かります)
  • 新生児のお風呂(新生児用のバスで入浴させます。父親学級などで習うので本当は男性でも入れることができるはずです)
  • 食事の後片付け(食器洗いは産後の痛みが強く耐えられません)
  • 食事が作れない時は何か買ってきてくれる(疲れたり貧血で動けない時は外食に行く元気もありません)
  • 出産後に出さなくてはいけない書類やハガキの整理(仕事よりも簡単なので、できれば全部やってほしい女性も多いと思います)

以上は絶対にイクメンならばやってほしいことばかりです。

合わせて読みたい

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...

イクメンならできる!できればやってほしいサポート

イクメンの中には、信じられないほどよくやってくれる男性もいます。また、イクメンという言葉が浸透しているように積極的に手伝ってくれている男性も多いです。しかし女性も仕事に家事に育児にと初めてのことばかりなのは男性と一緒です。なので、以下のことを進んでやってほしいと思っています。

  • 具合が悪い時の育児代行
  • 具合が悪い時の家事代行
  • 仕事で忙しい時の育児代行
  • 「ありがとう」以外の女性に向ける誉め言葉

出産は望んでいたけれども、その大変さは誰もが予測できないことばかりです。そのため、具合が悪くなることも多いです。また、仕事などは休んでいた間の仕事が溜まっている場合も多く、育児だけでなく仕事もしなくてはいけません。

さらに、産後は自分へのケアなどができず、鏡に映った自分のみすぼらしい姿にがっかりしてやる気がなくなったり・・・旦那さんのおしゃれな姿に嫉妬してしまうこともあるはずです。

おわりに

パパがイクメンになってくれたら、奥さんはもっと綺麗で優しいママになれるはずです。男性と女性では、育児の参加についてもかなり隔たりが生じている部分も多いです。しかし、女性も男性と同じように仕事をこなしている人が多い現在ではイクメンのサポートはとても重要です。

些細なことばかりなのですが、毎日続けることが大切なのでイクメンになりたい男性はとにかく継続できるようにがんばってみてください。

ピックアップ

あってよかった!産後に必要となるアイテムリスト
母親学級や入院時など様々な場面で産後に必要なアイテムリストは渡されます。しかし、それだけでは足りないかった物も多く、退院後実家に帰った人はいいのですが、赤ちゃんのお世話をしてくれる人が居ない人は買い物もできずに困ってしまうことが多いです。そこで、ここでは産後あってよかったと感じたアイテムを紹...
食事でしっかり、産褥期の体力を回復!オススメしたい食事3選
出産という大仕事を終えて、ママはもうヘトヘト。なのに、出産と同時に子育てが始まり、昼夜問わずに休息もままならず、自分のことは後回しになりがち。けれど、この産褥期を乗り切り、体力を回復するために、食事はとても大切です。ここでは、産褥期に特に必要な鉄、タンパク質、カルシウムを含むオススメの食事を...
産褥期のママの正しい過ごし方について
初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが、育児と並行して気遣わなければいけないのはママの体です。妊娠中に産褥期の正しい過ごし方を知っておくことで、様々なトラブルに対応でき、心の準備を整えることができま...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
目指せイクメン!出産直後にパパがママへできる愛情サポート
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る