小学校受験の親子面接、どんなことを聞かれるの?しっかり準備をしておこう

受験の面接
小学校の入試では、ペーパーやグループ遊び(行動観察)、運動など複数の試験が行われます。その中でも特に合否の大きなカギとなるのが親子面接です。小学校受験をする側としては、子ども自身や志望動機、家庭のサポートを志望校へアピールする貴重な機会。しっかりと準備をして臨みたいところですよね。ここでは親子面接で面接官からよく聞かれる質問をご紹介します。

小学校受験:面接で子どもに聞かれること

子どもへの質問
小学校の入試では面接を重視しているところが多いため、しっかりと準備をして面接に臨むことが大切です。面接のパターンは保護者面接のみ実施という小学校もありますが、大半は保護者と志願者(子ども)とで面接を受ける親子面接を実施しています。

面接官が子どもについて知りたいことは?

小学校受験に面接をともなうことが多いのは、選考を行う小学校の側として、志願者(子ども)や保護者の人柄を知りたいという意向があるからです。面接で実際に入学を希望する親子に会い、どのような人物か、どのような家庭環境か、学校の教育方針と家庭の教育方針はマッチしているか、などを確認します。子どもについては、人柄や態度、基本的な生活習慣(しつけ)などのほか、その学校の児童として友だちや先生と一緒に勉強や生活をしていけるか、質問を聞いて理解し答えることができるか、などが問われることが多いようです。

親子面接:子どもへの主な質問項目

  • お家の住所と電話番号を教えてください。
  • 今日はここまでどうやって来ましたか。
  • どうしてこの小学校に来たいのですか。
  • 好きな本(絵本)は何ですか。どうしてその本が好きなのですか。
  • 幼稚園(保育園)では何が一番楽しいですか。
  • 幼稚園(保育園)に行きたくないときはありますか。それはどんなときですか。
  • いつもどんな遊びをしてますか。
  • お家でお手伝いをしますか。何を(何のお手伝いを)していますか。
  • どんなときにお母さんに叱られますか。
  • 兄弟げんかはしますか。どんなときにけんかしますか。
  • お友だちとけんかしたときはどうしますか。
  • 将来は何になりたいですか。

合わせて読みたい

【保育監修】小学校受験の基礎知識 準備期間・入試内容・お金について
【保育監修】小学校受験の基礎知識 準備期間・入試内容・お金について
公立小学校での不登校や学力低下、学級崩壊や、早期教育への関心、いい教育を受けさせたいという保護者が増えたことで、小学校受験への関心が...

小学校受験:面接で保護者に聞かれること

保護者への質問
小学校受験は、受験をする子どもだけでなく、保護者や兄弟も含めた家庭全体での取り組みが大切です。家族の協力や日常のコミュニケーションのあり方が問われるのが親子面接。毎年多くの受験生親子と会う面接官には、親子の回答から日頃の様子が推し量れてしまうようです。保護者に対して面接官はどのようなことを知りたいと考えているのかみていきましょう。

面接官が保護者について知りたいことは?

親子面接では保護者への問いも重視されています。保護者の人柄や志望動機、家庭の教育方針が受験する小学校の教育方針と一致するかなどが、選考の際にも少なからず反映されるようです。特に聞かれることが多いのは、志望動機、志望校に対しての考え、家庭の教育方針、親からみた子どもの特徴、親子のコミュニケーションのあり方などです。また、親自身についての質問が出ることもあります。休日の過ごし方や趣味、大切にしていることなどに加え、関心のある社会問題や教育問題についてどう考えるかを聞かれたケースもあるようです。

親子面接:保護者への主な質問項目

  • 本校を志望する理由を教えてください。
  • 一貫教育(男子教育、女子教育)についてどう思われますか。
  • お子さんに将来どんな大人になってほしいと思いますか。
  • ご家庭での教育方針をお聞かせください。
  • 育児で特に気をつけたことはどのようなことですか。
  • どのようなときにお子さんを叱りますか(ほめますか)。
  • お子さんの長所は何ですか。また、短所は何ですか。
  • お子さんが好きなこと(得意なこと)は何ですか。
  • 休日はどのように過ごしておられますか。ご自分の時間はどうしておられますか。
  • 最近うれしかったことは何ですか。
  • 奥さま(ご主人)の子育てについてどう思われますか。
  • ご夫婦で意見が異なったとき、どう対処しますか。

合わせて読みたい

やっぱりインターナショナルスクール!? 芸能人の幼稚園・小学校お受験事情
やっぱりインターナショナルスクール!? 芸能人の幼稚園・小学校お受験事情
インターナショナルスクールとは、一昔前までは日本に住んでいる外国人の子どもに対して、母国語もしくは英語を用いて母国の教育を行っている...
メンタルコーチとwebライターの兼業をしている40代ワーママです。夫と息子との3人家族。東京生まれ東京育ちの大阪府民です。電車と食べることとヘンテコな踊りと絵本が大好きな、まもなく5歳の息子のお蔭で親として日々成長中です。息子が寝る前に習慣としてつづけてきた絵本の読み聞かせが、もうすぐ通算650冊になります。 Mme_barbon(マダムバルボン)は息子が好きだった絵本『ワニのバルボン』シリーズが由来です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
小学校受験の親子面接、どんなことを聞かれるの?しっかり準備をしておこう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る