アート教育で感性の豊かな子どもに育つ。どんな教育方法?

アート教育
子育ての方針は、親によって違いがあります。個性豊かな子や優しい子、積極性のある子になってほしいなど、色々な教育方針が存在するものです。
また、最近では感性豊かな子になってほしいという方親も多く、アート教育に力を入れるケースも増えています。ここでは、感性を育てるアート教育とはどんな教育方法なのかについてご紹介します。

アート教育とは何か?感性の育て方

STEAM教育
アート教育と聞くと、自分で絵を描いたり、有名な画家の絵を見せたりする教育をイメージすることでしょう。しかし、アートという概念は非常に広く、何を基準とするのかは個人差があります。
以下に、アート教育とはどういうものを言うかをお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

アート教育はSTEAM教育の一環

アメリカでは、STEAM教育と呼ばれる「これからの時代に必要とされる人材育成」を目的とした教育が長年注目を集めてきました。日本でも、近年STEAM教育を始める学校が増えてきており、アート教育もSTEAM教育の一環として取り入れられています。
またアートのAでもあり、基本的な教養を意味するリベラルアーツのAも含んでいるのです。STEAM教育は科学・工学などが注目されやすいですが、アート教育も非常に有名だと言えます。

アート教育はとても多岐に渡っている

アート教育は、単純に絵画やデザインなどを学ぶだけではなく、音楽や演劇などの舞台芸術も該当します。デザインに関しても、自身で描く以外にデジタルアートや3Dプリンタなども対象となり、独創的で表現力を成長させるための教育です。

この他にも、リベラルアーツのような、社会生活において重要な基礎となる教養をきちんと学ばせることも目的としています。つまり、哲学や思想、政治などの幅広い教育が期待できるのです。

子どもに与える影響として何が期待できるか

アート教育を含めたSTEAM教育は、日本でイメージされる黒板に向かって先生の話を聞き、ノートに書き写すだけの授業ではありません。もっと自分たちで関わり合いを持ち、知識を深めていくことが特徴的です。
そのため、社会に出ても大丈夫な知識とスキルを習得し、将来的に企業などから「この人が欲しい」と思われるような人間を育成することを目的としています。多くの仕事が機械で自動化される未来が予測されている中、子どもが自分の選択肢を広く持てるような教育が期待できる部分が大きな魅力です

合わせて読みたい

将来はロボットが先生!?「AI教育」で進化する学び
将来はロボットが先生!?「AI教育」で進化する学び
AIとは「人工知能」のことです。「人間VSロボット」という文脈で語られることが多い研究分野ですが、教育現場では非常に有効な技術です。将来...

アート教育をすることで子どもはどう成長するか

絵を描く女の子
STAM教育の一環として、アート教育が必要なことは理解できても、実際子どもがどう成長するのか?という部分を知らない人は多くいます。アート教育は非常に広い視野を持ち、多岐に渡っているので、どのような成長が期待できるのかを知っておくことはとても大事だと言えるでしょう。

自らが「あったらいいな」を実現できる

アート教育を行うことによって、グラフィックデザインやデジタル音楽などを学ぶことができます。STEAM教育を行なっている学校は、アート教育のほかにも科学テクノロジーやプログラミングなどを総合的に勉強することが可能です。そのため、あらゆる自分が思う「あったらいいな」を実現させられます。
デザイン性の高いアプリやアート的なWebサイト作りなど、自分でできることが多く、理想を現実にする力を身につけられます。

感情論だけではなく、論理性も身につけられる

通常、まだまだ幼いうちは自分の感情だけで物事を進めたり、わからないことから逃げるたりするような考えを持つことも多いものです。
しかし、アート教育を受けることによって、自分で考える力や感じたことを言葉にする能力を身につけることができます。そう言った論理性のある考え方をすることで、なぜ?どうして?という疑問を、解決に向けて考えられるようになるのです。
感情に流されずに冷静な判断をすることが可能になるため、グループワークも上手になり、将来の就職に役立つと考えられているのです。

体で造形を感じることで感性を磨ける

近年スマートフォンやゲームを通して、イラストやデザインを全体的に「カタチ」としては認識することは可能ですが、「生として」認識することが難しくなっていると言われています。例えば、平面のアートを見ると「キレイ」という認識などは理解することができますが、それは芸術を肌で感じているというよりも、単純に頭の中でわかっているだけということがあるのです。

しかし、アート教育は、自分で描く・作り出す楽しさを理解し、物の造形を体で感じながら、気付きや「なぜ?」という問いを見つけられます。その結果、自分なりの結論を導き出す力を身につけ、完成を磨くことが可能です。また、演劇を学んだ際には自信を持って人前に出る力を身につけることもでき、芸術を肌で感じることの影響力の高さがわかります。

合わせて読みたい

【キャリア教育】自分らしく生きられるようにする教育
【キャリア教育】自分らしく生きられるようにする教育
現在、小学校・中学校・高校では「キャリア教育」が取り入れられています。「小学校からキャリア教育ってどういうこと?」と驚く保護者の方も多い...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
アート教育で感性の豊かな子どもに育つ。どんな教育方法?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る