「納得がいかない!なんで?」保育園に落ちた理由はこれかも!

「納得がいかない!なんで?」保育園に落ちた理由はこれかも!
保育園選考の結果はもう届きましたか?今年も「保育園に落ちた!」という声が多数見うけられます。時間をかけて万全に準備したはずなのに、希望する園は全て落選。このような残念な結果になってしまったのは、一体なぜでしょうか?今回は保育園に落ちた理由として考えられるポイントと、保活リベンジに向けた対策をご紹介します!

保育園に落ちた!保活落ちの悲鳴続々

がっかりする女性
近年、社会問題にもなっている待機児童の問題。この春も「希望していた保育園に落ちた!」「このままでは職場復帰できない!」という声が続々寄せられています。保活落ちは働きママにとっては深刻な問題です。まずは待機児童の現状を見ていきましょう。

待機児童は昨年2.6万人!隠れ待機児童も

厚生労働省が2017年9月に公表した待機児童数は2万6081人です。決して少なくない人数ですが、実際にはこの数に含まれない「隠れ待機児童」が数多くいるといわれています。近年では横浜市が「待機児童ゼロ」を発表する一方で、育休中の家庭などを待機児童としてカウントせず、「保留児童」として計上していることが話題になりました。待機児童の実数は膨大なものと考えられており、深刻な問題です。
2018年の状況はというと、まだ統計はとられていません。しかし、今年もネット上では「保育園は全滅」「もう仕事を辞めるしかないの?」といった声が多数寄せられています。

都市部で多い保活落ち!主要都市は激戦

共働きの世帯が多い都市部では保育園の数が不足しており、保活落ちが珍しくありません。「子どもに優しい」「福祉が充実している」といううたい文句の自治体でも、実際には保育の供給が追い付いていないこともしばしばです。
朝日新聞が公表しているリアルタイムの情報によると、2017年現在、待機児童の数がもっとも多いのは神奈川県横浜市。このランキングには隠れ待機児童が含まれています。2位以下は神奈川県川崎市、東京都港区、大阪府大阪市、東京都杉並区が続きます。いずれもファミリー世帯に人気のエリアとあって、保育園競争は熾烈(しれつ)を極めています。

合わせて読みたい

保活をがんばるあなたに読んでほしい!保活のノウハウ全部をまとめて記事にしました
保活をがんばるあなたに読んでほしい!保活のノウハウ全部をまとめて記事にしました
「保活」とは保育園に入所するための活動を意味する造語です。 家庭の事情、女性の働きたいという希望、理由はどうであれ出産しても仕...

納得がいかない!保育園に落ちた理由は!?

保育園のお母さんと子ども
保育園の結果が出るこの時期、「入所不可」の通知が届いたご家庭も多いことでしょう。納得できない保活落ち、一体なぜこのような結果になってしまったのでしょうか?保活落ちの主な理由として、書類不備、希望超過、点数不足の3点が考えられます。

保活落ちで意外に多いのが「書類不備」

保育園に申し込む際は、たくさんの書類をそろえなければなりませんよね。この書類が重要です。自治体によっては書類の不備や、期限までに必要な書類がそろわない場合は減点とするエリアもあります。また、書類に不明な点があれば自治体から連絡がきますが、任意の書類については問い合わせが来ないケースも考えられます。
出願の締め切り日に間に合わせるために、慌てて書類を用意しませんでしたか?記入漏れがないか最終チェックはしましたか?自分には関係ない、と思っている人でも、案外見落としがあるかもしれませんよ。

人気の園を希望した作戦ミスも!?

保活落ちでよく耳にするのが、人気の園や定員が少ない園を第一志望や第二志望に記入してしまったケースです。希望者が多い園を上位に書いてしまうと、点数がほぼ満点の人と競合することになり、調整点で負けてしまうことが考えられます。
上のお子さんがすでに入園しているなど、加点がもらえる人だけで定員が埋まってしまった場合、正社員・共働きで基礎点がほぼ満点でも入所不可という結果になってしまいます。
この反対で、「基礎点が低いのに、希望者が少ない園を第一希望にしたら入園できた」いうケースもあります。このように、希望順の書き方が運命を分けることがあるのです。

合わせて読みたい

保活はいつからするべきか?保活スケジュールを立ててみよう!
保活はいつからするべきか?保活スケジュールを立ててみよう!
妊娠したときには、まだ生まれてくる子どもの保育園について考える方は少ないようです。しかし、出産し子どもが少し大きくなり、いざ「働きに...
30代前半。夫、長女3歳、長男1歳の4人家族。商社営業を経て出産。初めての出産で分娩トラブル、乳腺炎、産後クライシス、保活失敗など…数々の「洗礼」を受けた経験から『特別なことをするのではなく、地に足の着いた育児』をモットーに、日々奮闘しています。現在は一時保育を利用してライター業に従事。保育士資格を所有。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
「納得がいかない!なんで?」保育園に落ちた理由はこれかも!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る