ベビーパウダーはどっちがいいの?粉と固形の違いと選び方

粉タイプと固形タイプ、どっちがいいの?

風呂上りの赤ちゃん
粉タイプも固形タイプも、それぞれに適した使い方があります。どちらのタイプのベビーパウダーがよいか選ぶのに迷うときには、「どこに」「どこで」使いたいのかを考えると、自分に合ったタイプを選びやすくなりますよ。

手早く広範囲につけたいときは、粉タイプを

一度に広い範囲にベビーパウダーをつけたいときは、粉タイプを使うのが便利です。容器にパフを軽く置くだけで十分な量のパウダーがとれるので、手早く一気にパウダーを塗ることができます。粉が舞い上がって赤ちゃんが吸い込んでしまうのを避けるためにも、背中やお尻、下半身に使うのがおすすめです。パフに粉がたくさんつくので、つけすぎてしまわないように注意しましょう。粉タイプを上半身にも使いたいときには、ボトル容器に入っているタイプのものを手にとって塗るようにすると粉の飛び散りを抑えることができます。一気に塗れて便利ですが、容器の大きいものが多く、塗るときに粉が飛び散って周囲を汚してしまいやすいので、自宅での使用が向いているかもしれません。

細かい部分や上半身には、固形タイプを

粉の吸引が気になる上半身へは、固形タイプのベビーパウダーが便利です。細かいところにも塗りやすいので、顔の周辺や首のシワ部分、手足のくびれの部分にパウダーをつけるのにも役立ちます。固形パウダーの上で円を描くようにパフを動かすと、パフの表面に満遍なくパウダーをとることができます。パウダーを少量ずつパフにとり、軽く押さえるようにして肌に塗っていくようにしましょう。固形タイプを下半身にも使う場合には、衛生面を考えて、上半身用と下半身用でパフを二つ用意し使い分けるようにするのがおすすめです。固形タイプは容器がコンパクトでかさばりにくいものが多いので、外出時にパウダーを塗るときにも便利ですね。

おわりに

粉タイプも固形タイプも、それぞれにメリット、デメリットがあります。主に赤ちゃんのどの部分に塗るのかを考え、使いやすいほうを選ぶのがおすすめですが、二つのタイプを場所によって使い分ける方法も便利ですよ。

ピックアップ

赤ちゃんのあせもにも役立つミョウバン水の正体は?
赤ちゃんのあせもにも役立つミョウバン水の正体は?
ミョウバンは、漬物やお菓子などのふくらし粉に含まれる、私たちの身近にある食品添加物です。また、ミョウバンは薬局で手軽に購入でき、手作りし...

https://tamagoo.jp/childcare/characteristics-of-atopy/

冬の乾燥から赤ちゃんを守ってくれる!加湿器の賢い選び方と使い方
冬の乾燥から赤ちゃんを守ってくれる!加湿器の賢い選び方と使い方
冬になると気になるのが部屋の乾燥。赤ちゃんにとって最適な湿度は50%~60%くらいといわれており、湿度の低下は赤ちゃんにとってさまざ...
メンタルコーチとwebライターの兼業をしている40代ワーママです。夫と息子との3人家族。東京生まれ東京育ちの大阪府民です。電車と食べることとヘンテコな踊りと絵本が大好きな、まもなく5歳の息子のお蔭で親として日々成長中です。息子が寝る前に習慣としてつづけてきた絵本の読み聞かせが、もうすぐ通算650冊になります。 Mme_barbon(マダムバルボン)は息子が好きだった絵本『ワニのバルボン』シリーズが由来です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
ベビーパウダーはどっちがいいの?粉と固形の違いと選び方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る