運動能力の基礎は、プレゴールデンエイジの3歳~8歳ごろに作られる!

プレゴールデンエイジ
運動能力が大きく発達する時期を表す言葉として9歳~12歳の「ゴールデンエイジ」が有名です。このゴールデンエイジよりも前の時期は「プレゴールデンエイジ」と呼ばれ、運動神経を大きく高めることができる時期として重要視されています。今回は、そんなプレゴールデンエイジについてご紹介します。

プレゴールデンエイジの特徴は?

水泳する子ども
ゴールデンエイジという言葉は聞いたことがあっても、プレゴールデンエイジについては全然知らないという方も多いと思います。そこで、プレゴールデンエイジの特徴をまとめました。子どもがいる方は、ぜひ知っておいてくださいね。

3〜8歳頃の神経系が発達する時期を表す

プレゴールデンエイジに該当するのは、3〜8歳ごろです。子どもの能力の発達の仕方を表した「スキャモンの発達曲線」という有名なグラフがありますが、これを見ると運動神経の良さに影響を与える神経系は小さいうちから発達し、5歳までには80%まで成長することが分かっています。早くから発達する神経系だからこそ、早いうちから鍛えることが大切です。

そして運動神経が発達するプレゴールデンエイジをどう過ごすかによって、運動神経の良し悪しの違いが生まれます。もしこの時期に運動をしっかりさせれば、運動神経が良くなりやすいのです。神経系が発達すると平衡感覚、器用さ、リズム感など多種多様な能力が習得できるので、プレゴールデンエイジの間は出来るだけ色々な運動をさせると、子どもの能力を伸ばすことができるでしょう。

ゴールデンエイジに向けて準備をする時期

運動能力が本格的に発達するのは、9〜12歳頃のいわゆるゴールデンエイジです。12歳になるまでには、ほぼ100%まで神経系が発達するので、ゴールデンエイジに運動能力を著しく伸ばすためには、プレゴールデンエイジに基礎的な能力を身につけておくことが大切です。ちなみにゴールデンエイジが終わった後の数年は、ポストゴールデンエイジと呼ばれ、骨格や筋力が発達することでパワーやスピードが出るようになります。

合わせて読みたい

【保育監修】【保育園選び】園庭がない保育園でも運動量は足りているの?
【保育監修】【保育園選び】園庭がない保育園でも運動量は足りているの?
近年では、待機児童問題も深刻化しており、新たに保育園を設置する地域も増えています。特に都心部でも、働くママのために認可保育所を新設す...

プレゴールデンエイジから運動させるべき理由は?

平均台の子ども
子どもの運動神経を高めるために、小学校の入学と同時にスポーツ系の習い事をさせる家庭は多いですが、能力を伸ばしたいなら、プレゴールデンエイジが始まる3歳ごろから運動に触れさせることが大切です。以下に、その理由をまとめました。

運動神経を発達させる期間が長くなるから

「3歳から運動をさせるのは早すぎるのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、3歳でも運動に触れさせると、バランス感覚やリズム感などの能力を身につけることができます。小学校入学から運動させるのも良いですが、もっと早くから神経系を発達させれば能力はかなり伸びるでしょう。もし、子どもに運動が得意になって欲しいと思うなら、3歳頃から運動させることを意識しましょう。

小学校に入ってから体育が楽しくなる

3歳頃から運動をさせ、体を動かすことが得意になれば小学校に入って体育の授業が始まったときに楽しく取り組めるようになります。運動が得意でないと体育の授業が嫌になり、「自分は運動が苦手」という考えが染み付いてしまいます。すると小学校だけでなく中学、高校といつまでも運動嫌いを引きずってしまいます。そうならないためにも、早くから運動能力を鍛えて運動好きにさせてあげた方がいいでしょう。

スポーツを通して集団行動も学べる

早くからスポーツをするメリットは、運動能力が身につくことだけではありません。スポーツをすると、集団行動を学べるというメリットがあります。目上の人に礼儀正しく振舞ったり、チームメイトと協力したりと集団行動で必要なことは、社会に出てからも役に立ちます。また、コミュニケーション能力が身につくことで、就活などで有利になることでしょう。早くからスポーツを始めると、こんなにたくさんのメリットがあるのです。

合わせて読みたい

【運動神経は遺伝?】両親はスポーツ万能!その子どもは・・・運動オンチ?
【運動神経は遺伝?】両親はスポーツ万能!その子どもは・・・運動オンチ?
子どもが遊んだり走ったりしている様子をみていると、つい「パパに似て走るのが速い」とか「ママに似て運動が苦手そうだな…」と思うことがあるか...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
運動能力の基礎は、プレゴールデンエイジの3歳~8歳ごろに作られる!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る