冬なのに寝汗をかく子ども。どんな対策をしたらよい?

寝汗をかく
子どもは、冬でも寝汗をかくことがあります。寝汗は寝ているときにかくため、ママは朝まで気がつきにくいのです。朝になると、シャンプーした後のように髪がびっしょりぬれていたり、パジャマの首回りがぬれていたりすると、風邪をひいたのではないかと心配になりますね。
今回は、冬なのに寝汗をかく子どもの対策についてお話しします。

子どもが冬でも寝汗をかく理由

親子で寝る
子どもが冬でも寝汗をかく理由は、いくつか考えられます。対策を考えるためには、寝汗の理由を突き止めなければなりません。よくある寝汗の理由をいくつか紹介します。子どもが寝汗をかいているときの状況や服装と照らし合わせて、寝汗の理由を考えてみましょう。

子どもは大人よりも汗っかきだから

子どもは大人よりも汗っかきです。同じ部屋にいても、子どもだけが暑がることはよくあります。そのため子どもが寝汗をかいていたとしても、すぐに心配する必要はないのかもしれません。しかし寝汗に限らず汗をかいたときは、それだけ水分が体から奪われたことになります。子どもは汗っかきだからこそ、大人よりもこまめな水分補給が大切なのです。

室内の温度と湿度が高すぎるから

子どもが、冬なのに寝汗を毎晩のようにかいているときには、寝室の温度と湿度が高すぎるのかもしれません。冬は寒いだけでなく、乾燥も気になるため、暖房と加湿器をセットで使っている家庭があります。同じ室温の場合は、湿度が高い方が暑く感じるのです。大人にとっては快適な温度と湿度であっても、子どもは暑すぎると感じていることもあります。

寝具やパジャマの通気性が悪いから

最近のパジャマは、化繊が増えています。化繊は洗濯も簡単で縮みにくいメリットがありますが、吸汗性と通気性が低いデメリットもあるのです。人間は寝ている間に汗をかきます。子どもは寝ている間に暑いと感じれば、布団を蹴り飛ばします。しかし隣で寝ているママがすかさず布団をかけるため、子どもは大量の寝汗をかくのです。子どもがすぐに布団を蹴り飛ばしてしまうときには、パジャマと寝具の素材をチェックしてみましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】いつも汗をかいている子どもは幼児性多汗症の可能性がアリ?!
【医師監修】いつも汗をかいている子どもは幼児性多汗症の可能性がアリ?!
公園で遊んでいて気づいたら子どもだけ汗だく。親なら一度は経験がありますよね。ところが寒い冬でも1人だけ大量に汗をかいていたり、顔...

子どもの寝汗が多いとおこる問題とは

寝苦しい子ども
子どもの寝汗は、寝汗以外の症状がなければさほど心配はいらないでしょう。しかし子どもの寝汗が多いと、体内の水分が不足する以外に困ったことがおこるのです。ここからは、子どもの寝汗が多いとおこる可能性がある問題についてお話しします。

暑くて眠りが浅くなってしまう

子どもが暑くて寝汗をかいているときには、布団を蹴り飛ばしたり、冷たい床に足をくっつけたりして体を冷やそうとします。そして寝汗が冷え始めると、寒くなって布団を探し始めるのです。目は閉じて寝ているようにみえても、眠りの深さは浅くなっているかもしれません。子どもにとって、睡眠は成長にかかせないものです。眠りが浅い状態が続いてしまうと、常に眠さを感じ、日中の活動や学習に集中できないこともあります。

寝汗が冷えて風邪をひいてしまう

人は寝汗をかいた後に寒く感じます。寝汗が蒸発するときに気化熱となって体温を奪ってしまうからです。特に気温が低い冬は、風邪をひきやすくなってしまいます。子どもが寝汗をかいたときには、できるだけ早く乾いた下着とパジャマに着替えましょう。しかし子どもが寝汗をかく時間帯はママもぐっすり寝ていることが多く、なかなか気がつけないものなのです。

汗が肌を刺激して肌荒れの原因になる

寝汗に限らず汗には、塩分が含まれています。起きているときならば汗を拭き取ることができますが、寝汗は拭き取られずに肌と接している時間が長くなります。肌が敏感な子どもは汗に含まれている塩分が刺激になって、肌荒れを起こしてしまう可能性があるのです。寝汗をかくたびに石けんで体を洗ってしまうと肌が乾燥してしまい、肌が荒れます。寝汗をたくさんかくことで、塩分の刺激と石けんの刺激の両方を受けてしまうこともあるのです。

合わせて読みたい

寒い時期におすすめ!子ども用の着る毛布(スリーパー)とは?作り方も伝授
寒い時期におすすめ!子ども用の着る毛布(スリーパー)とは?作り方も伝授
布団や毛布をちゃんとかけて寝ても、朝起きたら蹴散らされていたなんてことも、寝相が悪い子どもでは少なくないですよね。特にかぜなどの病気が心...

子どもの寝汗が気になったときの対策

快適な睡眠
子どもの寝汗が気になったときには、原因を探り対策をしましょう。よかれと思ってやっていた習慣を変えるだけで、寝汗対策になることもあるのです。最後に、すぐできる子どもの寝汗が気になったときの対策を紹介します。

パジャマを綿100%のものに変える

子どもは、キャラクターやヒーローが描かれたパジャマを欲しがります。しかし、カラフルなパジャマは、発色をよくするために化繊が使われていることが多いのです。化繊は汗を吸い取りにくいため、寝汗が肌にはりついたままになり、ベタッとした状態になります。
一方、綿100%のパジャマは汗を吸い取り湿気を外に出すため、サラッとした肌触りが続きます。ダブルガーゼのように空気をため込む素材は保温力が高いでしょう。冬の寒さが気になるときには、綿の肌着とダブルガーゼのパジャマをあわせると温かく眠れるのではないでしょうか。

就寝中のエアコン温度に気をつける

冬は布団に入った直後はとても寒いため、寝室のエアコンの設定温度を高めに設定しがちです。しかし高い設定温度のまま眠ってしまうと、子どもは暑くて寝汗をかいてしまうでしょう。特に寝室に加湿器を置いている家庭は、湿度と温度のバランスが大切です。ママが「ちょっと寒いかな」と思うくらいが、子どもの「ちょうどいい温度」でしょう。

お風呂から出てすぐに布団に入らない

お風呂から出た直後は体温が高くなっているため、汗をかきやすい状態です。ママは湯冷めしないように早く布団に入れたくなりますが、体温が高い状態で布団の中に入れてしまうと、湿気で布団の中がムンムンしてしまうでしょう。寝汗の心配なく心地よく眠るためには、お風呂から出て体温が下がってきたときに布団に入ります。

寝汗をかいてしまったときには着替えさせる

子どもが寝汗をかいてしまったときには、迷わず着替えさせましょう。頭に寝汗をかいているときには、枕もぬれているかもしれません。頭に汗をかきやすいならば、枕にタオルを巻いておくと交換が簡単にできます。ママは、寒い冬に寝ている子を起こしてパジャマを脱がせることは、かわいそうと思うかもしれません。しかし、寝汗を放っておくと体を冷やしてしまいます。子どもは、短時間で手際よく着替えをさせれば、すぐに気持ちよく眠るでしょう。

おわりに

子どもが冬なのに寝汗をかいていると、体調が悪いのではないかとママは心配になります。しかし子どもは、起きているときでも寝ているときでも汗をかきやすいものです。ママは、必要以上に心配せず、気になることがあれば小児科の医師に相談してみましょう。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

赤ちゃんの寝相が悪い理由と対応法まとめ
赤ちゃんの寝相が悪い理由と対応法まとめ
すやすや眠る赤ちゃんの寝顔は本当にかわいいですよね。でも、次に見た瞬間、びっくりするような体勢で寝ていた!なんて経験はありませんか?...
ダニから赤ちゃんを守れ!布団掃除機の効果と選び方
ダニから赤ちゃんを守れ!布団掃除機の効果と選び方
赤ちゃんが生まれて、忙しいけれど楽しい毎日。さて赤ちゃんはいつもどこにいますか?基本的には、赤ちゃんのために用意された、小さな専用のお布...
汗はかく方がいい?かかない方がいい?子どもの発汗についての基礎知識
汗はかく方がいい?かかない方がいい?子どもの発汗についての基礎知識
子どもの体温調節はとても難しいです。汗は、子どもが新生児頃からのママの悩みです。子どもは少し走り回るだけで汗だくになり、ついついクー...
「子どもの生きる力を引き出す!」をモットーにして、小学生二人の子育てをしています。現在は、30代後半になりましたが、武蔵野美術大学在学中から物書きを開始しました。職歴は、大学卒業後に会社員として働き、結婚を機に退職しました。現在はフリーランスのライターをしています。保持資格は、簿記3級と秘書検定2級と英検2級です。趣味は「資格の勉強」で、現在は保育士資格取得を目指して勉強をしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
冬なのに寝汗をかく子ども。どんな対策をしたらよい?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る