生命保険で子どものために貯蓄ができる!?生命保険を上手に利用する方法

生命保険証券
生命保険というと「親に万が一のことがあった場合に残された家族のことを考えて加入する」と考える人も多いでしょう。しかし、それだけではありません。実は、貯蓄や資産形成のために生命保険に加入するという人もいるのです。特に子どもがいる家庭では、生命保険を上手に活用することで子どものために貯蓄ができます。ここでは、貯蓄型の生命保険にスポットをあて、その活用法などをご紹介します。

貯蓄型生命保険の種類

貯金箱
生命保険には貯蓄型の生命保険があります。一言で貯蓄型といっても保険の形態や加入する目的により、さらにいくつかの種類にわかれます。貯蓄型生命保険の種類を知ることで、自分の目的に合った生命保険に加入することができます。

一生涯の保障も担保するなら終身保険

終身保険とは、その名の通り保証期間が終身、つまり一生涯の保証が付いている保険のこと。死亡したときに、保険金を受け取ることができます。終身保険は掛け捨ての保険と違い、途中で解約しても加入期間に応じた解約返戻金が戻ってきます。そのため、貯蓄型の生命保険に位置付けられています。ただし、加入期間によっては既に支払った保険料よりも少ない金額しか解約返戻金が戻ってこない場合もあるので、注意が必要です。どちらかというと保障を重視する人向けの保険です。

満期保険金を受け取るなら養老保険

養老保険も、保障と貯蓄の両方を兼ね備えた生命保険です。終身保険と違う点は、保障期間に期限を設けること。契約時にあらかじめ保障期間を決め、その期間に死亡したら死亡保険金が、期限が満期になったら満期保険金が受け取れる生命保険です。受け取れる保険料は支払った保険料よりも大きい金額となるため貯蓄性が高く、貯蓄に保障がついているイメージです。ただし、毎月の保険料はその分高くなるので注意が必要です。どちらかというと貯蓄を重視する人向けの保険です。

老後の資金を準備するなら個人年金保険

個人年金保険は、払い込んだ保険料を年金の方式で受け取ることができる生命保険です。老後の生活を安心して過ごすことを目的に加入します。年金支給前に被保険者が死亡した場合は死亡給付金が、年金受給中に死亡した場合は遺族年金が残された家族に支給されるので、貯蓄性の高い生命保険ともいえます。また、個人年金保険の中にも確定年金や夫婦年金、保証期間付きの終身年金や有期年金など、さまざまな種類があるので加入時には注意が必要です。

合わせて読みたい

意外にかかる?公立小学校でかかる学費は6年間でいくら?
意外にかかる?公立小学校でかかる学費は6年間でいくら?
公立小学校と聞くと、授業料無料だからそんなにお金がかからないイメージがありませんか?私立小学校ほどの金額には到底達しませんが、それで...

貯蓄型生命保険を選ぶときは返戻率に注意しよう!

保険の見直し
子どものために貯蓄型の生命保険に入る際、注意しなければならないのが、最終的にいくら戻ってくるのかということです。そのため、返戻率が重要になります。返礼率が100%以上なら、支払った保険料に対して高い保険金を受け取ることができます。以下で、返戻率について見ていきましょう。

返戻率はどのような仕組み?

返戻率とは以下の計算式によって計算した率のことをいいます。

解約返戻金÷支払い(済み)保険料総額×100%

例えば、満期までの支払保険料総額が1000万円で、満期時に1200万円戻ってくるのであれば、1200万円÷1000万円×100%=120%です。

どの保険に加入するかを迷うときは、返戻率を計算していちばん率が高いものを選ぶのもひとつの手です。また、この返戻率は途中解約する場合にも使います。返戻率が100%未満で途中解約する場合は、支払い済みの保険料よりも低い金額が戻ってくることになるので注意しましょう。

契約方法により返戻率は上げることができる!

実は返戻率は契約によってあげることができます。それは、保険料をまとめて支払う契約にすることです。まとめ払いには大きく分けて

  1. 保険料を月払いではなく年払いにして、支払金額の割引を受ける方法
  2. 支払保険料はそのままに、保険料の払込期間を短くする方法
  3. 契約時に一括で保険料を支払う方法の三つがあります。

契約時に一括で保険料を支払う方法は、いちどきに支払う金額が大きくなるため、年払いにする方法と払込期間を短くする方法から検討するのも良いでしょう。

合わせて読みたい

パパ、ママ、子ども、家族の医療保険ってどうしたらよい?子どもも入るべきか?
パパ、ママ、子ども、家族の医療保険ってどうしたらよい?子どもも入るべきか?
保険はかけておけば安心を得られますが、保険料の支払いが負担となります。そのバランスを考えながら保険の加入を検討することになるわけです...
年齢は40代前半。家族構成は夫、娘(8歳)です。企業取材中心のお堅い記事ばかり書いていたライター歴19年の母です。子どもが生まれたのを機に、教育や家計などの記事も書くようになりました。資格保持は中学社会1種・高校地理歴史1種教員免許です。子育てポリシーは「子どもは親が知らない未来を生きる」

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
生命保険で子どものために貯蓄ができる!?生命保険を上手に利用する方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る