赤ちゃんでもマスクができる?安全面は大丈夫?

赤ちゃんのマスク
風邪やインフルエンザがはやる時期は、まだまだ抵抗力が弱い赤ちゃんを外に連れ出すのは心配ですよね。でも、やむを得ず連れ出さなければならないこともあると思います。そんなとき、大人と同じようにマスクができればいいですが、赤ちゃんにマスクはできるものなのでしょうか。今回は、赤ちゃんのマスクの装着やマスクをするときの注意点などをお伝えします。

赤ちゃんのマスク装着はリスクが高い!

マスクのリスク
幼稚園・保育園に行く年齢になれば、嫌がるかどうかは別として、マスクを装着することはできるでしょう。しかし、まだ自分の思うように身体を動かせず、言葉も話せない赤ちゃんのマスク装着はどうなのでしょうか。まずはリスクについて考えてみましょう。

市販のマスクは1歳半ごろから

最近はドラッグストアなどでも手軽に子ども用のマスクが手に入るようになりました。でも、市販のマスクは、1歳半ごろから使えるというものがほとんど。それ以下の月齢となる新生児や1歳未満の赤ちゃんがマスクを装着することについては、賛否両論です。
生まれてからしばらくは母体からの免疫があるから大丈夫、といわれることもありますが、やっぱり風邪などは心配です。そうなるとマスクをして少しでもウイルスなどの侵入を防ぎたいもの。しかしそうはいっても、新生児のマスク装着は「窒息するのではないか」と不安に感じる人が多いのです。

新生児にマスクを装着させることは可能?

生まれたばかりの新生児は、マスク装着によって呼吸が苦しくなっても自分でマスクを外すことができません。パパ・ママも四六時中ずっと赤ちゃんだけを見ているというわけにはいかないので、新生児にマスクを装着させるのは難しいといえます。
市販の1歳半以上を対象としたマスクや、手作りのマスクでカバーしようとしても、新生児ではサイズが合いません。ウイルスなどから赤ちゃんを守りきれないばかりか、呼吸困難などのリスクが高まることも考えられます。

合わせて読みたい

親の風邪を子どもにうつさないためにできる七つの対策
親の風邪を子どもにうつさないためにできる七つの対策
鼻水・鼻づまりに止まらない咳(せき)、のどの痛みに発熱など、風邪をひくと本当につらいです。特に免疫力の弱い乳幼児は重症化しやすいので...

少しでも安心のマスクを!マスクの作り方

手作りマスク
1歳半以上であっても、まだ小さい子どもにマスクを装着させる場合は、やはり安全面に注意しなければなりません。また、子どもの肌はとってもデリケートなので、肌の負担にならないように気を付ける必要があります。少しでも安心できるマスクを、自分で作ってみるのはいかがですか。呼吸が苦しくならないよう、布は薄手のものを使用することをおすすめします。

プリーツマスク

プリーツマスク

材料

  • 28cm×11cmほどの大きさのガーゼを1枚
  • 10cm×5cmほどの大きさのガーゼを2枚用意
  • マスクゴム
  • 針と糸(またはミシン)
  • ひも通し
  • アイロン

作り方

  1. 大きいほうの生地を中表にして折る
  2. 上のほうを縫い、筒状にして生地を返す
  3. 縫い目で折ってアイロンをかけ、生地を半分に折る
  4. 上・中央・下1・5cmほどのところに印を付ける
  5. 折り目から+1cmのところで折り、アイロンをかける
  6. 小さいほうの生地をマスクの端に合わせ、1cmのところで縫う
  7. 小さいほうの生地を反対側に倒し、アイロンをかける
  8. マスクの端を折り込み、縫う
  9. 反対側も同様に進める
  10. マスクのゴムを通して結ぶ

立体マスク

マスクのイラスト

材料

  • 薄手のガーゼ
  • マスクゴム
  • 針と糸(またはミシン)
  • ひも通し

作り方

  1. 鼻や口の部分をふっくら立体的にして、生地を切り取る
  2. 生地をそれぞれ中表に合わせて、鼻~口のラインを1cm幅で縫う
  3. 表側の布と裏側の布を中表に合わせて、上下を縫う
  4. 表に返し、上下にステッチをかける
  5. ほつれないよう、両側面にジグザグミシンをかける
  6. 両側面を三つ折りし、ミシンステッチをかける
  7. 三つ折り部分にゴムを通して結ぶ

いずれの作り方も文字だけではわかりにくいと思うので、動画サイトなどで作り方の動画を探してみることをおすすめします。

合わせて読みたい

何度でも感染することも!ノロウイルス対策に必要な加湿と換気を考える
何度でも感染することも!ノロウイルス対策に必要な加湿と換気を考える
冬は寒さと乾燥のため、ウイルスが活躍するのに格好の季節です。代表的なインフルエンザやノロウイルスをはじめ、できれば関わりたくないウイ...
台湾在住の30代。2011年日本語教師として台湾へ、2013年結婚。3歳年上の台湾人夫と猫1匹と仲良く暮らしています。2015年秋から在宅Webライターとして活動。2013年末からゆるーく妊活継続中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る