「子供歌舞伎教室」で日本の伝統文化【歌舞伎】を親子で体験してみよう!

スポンサーリンク

歌川国貞 篭山逸藤太 八犬伝犬の草紙之内のイメージイラスト
みなさん歌舞伎を鑑賞したことはありますか?存在自体は知っているけれど、なかなか敷居が高い、行く機会がない、という方が多いのではないかと思います。東京都にある公益法人都民劇場は、演劇・歌舞伎・音楽を手頃な会費で鑑賞することが出来る組織であり、日本で最も古い歴史と伝統を持つ鑑賞団体です。その都民劇場で開催されている、子供歌舞伎教室は子どもたちだけでなく、お父さんお母さんも一緒に楽しめます。

歌舞伎の歴史とその魅力を紹介します

古くからの歴史を持つ、伝統芸能である歌舞伎は、現代社会で暮らす私たちにとっては少し、受け入れられにくいものですよね。昔より継承されてきた伝統を持つ歌舞伎には、長年生き残ってきた知恵と普遍性が見られます。

「歌舞伎」の意味とその由来の紹介

歌舞伎は能楽、狂言や文楽に並んで三大国劇の1つとされており、音楽劇や科白劇、舞踊劇を集大成させた庶民的な演劇のことです。歌舞伎とは、元々は「傾く(かぶく)」という単語の名詞形で、昔は目立つことをした人や異風異装の姿で戯れる行動をした人は「かぶき者」と呼ばれていました。つまり、現在の歌舞伎は当て字であり、「歌い」「舞い」「伎(伎芸・芸人)」のことを意味しています。

日本の伝統である、歌舞伎の歴史

歌舞伎の歴史は今から400年以上前にまで遡り、1603年に、出雲阿国が舞い踊った「かぶき踊り」から始まったと言われています。その踊りは当時の流行歌、風俗や奇抜なファッションを組み合わせたものであり、大流行しました。やがて遊女らが歌舞伎踊りを舞い踊って客を招くようになると、「風紀が乱れる」という理由から幕府は舞台に上がることを禁じました。やがて姫も老婆も、男性が演じている「野郎歌舞伎」が誕生し、現在の歌舞伎に至ったようです。

日本の美意識の集大成と言われる歌舞伎の魅力

歌舞伎には独特の舞台装置が多くあり、演出に色々な効果を与えています。例えば客席の中を通過する花道は、観客と役者との距離を縮める役割を果たしています。また、歌舞伎では衣装や扮装も特徴的であり、デフォルメされている衣裳やかつらが使われているので役者を舞台で映えさせることが出来ます。これにより、悪役やヒーロー役、娘役などを観客に視覚的なイメージを使って伝えることが出来るため、ストーリーだけでなく、役者の姿や衣装を見るだけでも十分楽しめます。また、歌舞伎はどんどん新しい事を取り入れて発展し続けています。最近だと、江戸川乱歩の作品を題材として作成された演目もあり、日本の古き良き伝統と現在の技術、アイデアが融合することで進化し続ける歌舞伎としても楽しめます。

合わせて読みたい

思わず共感 子育て奮闘を伝えるミュージカル「イクミンズ」って?
最近話題になっている「イクミンズ」。横浜市都筑区を拠点におく「B-wave」が主催する、子育ての苦楽を歌と踊りで表現するミュージカルです...

子供歌舞伎教室って一体どんなもの?

子供歌舞伎教室とは、伝統歌舞伎保存会やっ公益法人都民劇場などが子どもたちを対象として、歌舞伎に触れ、身近に感じてもらうための鑑賞会を定期的に行っているものです。この鑑賞会は、歌舞伎の殿堂である「歌舞伎座」で本物同様の演目を鑑賞することが出来ます。

都民劇場での子供歌舞伎教室の歴史

公益財団法人都民劇場と東京都が一緒に主催をしている「子供歌舞伎教室」は、子どもたちに日本の古代から伝わる伝統芸能である歌舞伎鑑賞会を開催し、日本の伝統文化に対しての理解を深め関心を高めることを目的としており、昭和27年から開催しています。それ以降、現在までも変わることなく年に1回開催されています。

子供歌舞伎教室は実際何をするの?

実際に歌舞伎の演目を鑑賞するのですが、この歌舞伎教室で演じているのは若手の歌舞伎役者です。多くの歌舞伎役者がまだ若手の時代に、歌舞伎座の本舞台では演じられないような大きい役どころを、子供歌舞伎教室において実験的に演じており、芸能界でも活躍している松本幸四郎、尾形菊之助、市川海老蔵なども幼少期にこの舞台に立った経験があります。

実際の申し込みはどうやってするの?

申し込み方法は個人で申し込む場合と学校から申し込む場合の2通りあり、個人で申し込みをする場合ははがき、もしくはインターネットより申し込む事が出来ます。都内に住んでいる、または通学している小学生から高校生までの子どもとその同伴の保護者を対象としています。一般申し込みと学校申し込みの合計1,600名を招待しており、無料で参加することが出来ますが、申し込み多数の場合は抽選となるようです。

合わせて読みたい

夢の国へ行こう!赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめるディズニーランドの周り方
赤ちゃんや子どもを連れてディズニーに行く際、持ち物や服装にも悩みますよね。しかし、アトラクションを回る順番も非常に重要です!「当日マ...
わんことうさぎと共にわいわい暮らしている主婦です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
「子供歌舞伎教室」で日本の伝統文化【歌舞伎】を親子で体験してみよう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る