赤ちゃんの耳そうじのやり方を徹底解説!耳鼻科に行く必要はないの?

耳そうじをする行う際の注意点は?

耳そうじの注意点

赤ちゃんの耳そうじの基本的な手順がわかったところで、今一度意識しておくべき注意点について確認をしておきましょう。また、自宅ケアでは不安な場合に、耳鼻科を受診した方がいいのか迷う場合もあるはずです。注意点と合わせて、耳鼻科を受診する際の判断基準をご紹介します。

「やりすぎ注意!」意外な耳あかの役割

耳あかはただの汚れ・ゴミと思われがちですが、実はあまり知られていない役割があります。主には「外部からのごみを吸着し、侵入を防ぐ」ことや、耳あかには抗菌成分が含まれているため「雑菌の増殖を抑える」役割もあるとされているのです。また、「耳の中のデリケートな表皮を保護する」という役割も担っているとされ、この耳あかを必要以上に取り除こうと耳そうじをやりすぎることは返って逆効果となってしまうのです。

耳そうじの注意点「無理をしない!」

上述した「耳そうじの頻度」を守り、赤ちゃんに耳そうじをする上で必ず意識してほしい注意点として、耳の奥の耳あかが見えたとしても「絶対に無理にとろうとしない」ということ。そして、「強い力を加えない」ということです。耳の穴は骨の上に皮膚が薄くかぶさっているだけなので、赤ちゃんの耳を大人と同じ感覚でこすってしまうと見えない傷がつき「外耳炎」になりやすいのです。わかっているつもりでも、赤ちゃんの耳そうじは都度慎重に行いましょう。

耳鼻科を受診するべきか?判断に迷ったら

赤ちゃんが耳そうじを極端に嫌がり暴れてしまう場合や、赤ちゃんの耳の「奥」に、耳あかがたまっているという場合には、無理をせず耳鼻科で耳そうじをしてもらいましょう。耳鼻科では専用の器具(スコープ)を使って耳の奥を傷つけない様に耳あかをとってくれます。更に、鼓膜や外耳の状態に異常がないかチェックをしてくれる上、ホームケアについてのアドバイスも受けることもできます。特に耳垂れ(黄色い液状のもの)が出ている場合、中耳炎や外耳炎の疑いがあるため、早急に耳鼻科を受診しましょう。

おわりに

デリケートな赤ちゃんへの耳そうじ。耳あかにも役割があることを知った上で、適度な頻度でのそうじを心がけましょう。なお、耳そうじだけが目的であっても耳鼻科の診察は医療行為として保険適用範囲内です。少しでも不安を感じたら、無理をせずに耳鼻科で相談してみることをおすすめします。

ピックアップ

赤ちゃんの爪切りが怖い!不器用ママでも上手に爪切りができる方法
赤ちゃんの爪切りが怖い!不器用ママでも上手に爪切りができる方法
赤ちゃんの爪は小さくて柔らかく、また切るときもじっとしてくれず、苦手と感じてしまうママもいますよね。切り過ぎて深爪になってしまったとして...
成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表
成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表
出産前、出産後と必要になるベビー服や子供服ですが、どれも小さくて可愛いく目移りしてしまいますよね。実際に購入するときにはサイズを見て...
赤ちゃんが布団をはいじゃう!上手な布団の選び方・掛け方を学ぼう
赤ちゃんが布団をはいじゃう!上手な布団の選び方・掛け方を学ぼう
0歳~1歳の新生児は、1日の平均睡眠時間は16時間以上と言われ、ほぼ1日中眠っているという場合も多いです。しかし新生児は汗をかきやすいた...
3歳の息子を育児中のシングルマザーです!製菓専門学校を卒業し、子供とお菓子作りが趣味です!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの耳そうじのやり方を徹底解説!耳鼻科に行く必要はないの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る